挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

嘘斬り姫

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/50

第一章 三話c

「おそいわよ! いつまで私をひとりにしておくつもり!」
 扉に取り付けた鈴が鳴ると、アヴェニールが文句を叩きつける。
「すまない。トールが殺人蜂に襲われた」
「そんな!」
 突然の凶報にアヴェニールが蒼白になる。『殺人キラー』という不穏当な単語が彼女の心をかき乱した。
「それでトールは! 生きてるの!?」
 アヴェニールの不安を解消しようと、スミが言葉をかけるよりも罵声が先に響く。
「馬鹿野郎、不吉なことを言ってんじゃねー。オデ様が蜂ごときに殺されるかっつーの!」
 井戸の水で傷を冷やしたトールが遅れて部屋に入ってくる。傷はすでに塞がっているものの、服は穴だらけのままで、刺された箇所も膨らんでいる。
「だいぶ苦戦をしたようだがな」
 トールの様子をみたスミが苦笑し、そうつけくわえる。
「そう……よかった」
「よくあるかい、オデ様のキュートなおケツが、おまえのおっぱいみたく腫れ上がっちまったじゃねーか。どうすんだ、こんなにセクシーになったらスミに狙われちまうじゃねーか」
「誰が狙うものか」
 トールの腫れたままの尻をスミが角で突き上げる。
「ズギュアン! そこはらめ~敏感なのぉ~!」
 殺人蜂の毒が抜けきらぬ尻を抱えながら悶えるトール。
「……ごめんなさい」
 そんなトールの言いがかりに、アヴェニールは素直に頭を下げた。
「どうした、ずいぶんとしおらしいな。今朝の威勢は何処へ行った? 別に殺人蜂に襲われたのはトールの不注意が招いたことだ、きみが気に病むことはないぞ」
「いーやこいつのせいだね。俺はそいつを拾ってから、三回も死にそうな目にあった。岩鬼人の回復力がなけりゃまちがいなく死んでたぞ!」
 それを聞いたアヴェニールの目尻に涙が浮かぶ。
「トール言い過ぎだ」
「いいやまだ言い足りないくらいだね。そいつは疫病神、いや死神だ! 出会っただけで相手を殺せるなんてびっくりだな。暗殺者アサシンいらずだぜ。おまえ、街に戻ったら仕事変えたほうがいいぞ」
「ごめんなさい。私が来たばっかりに、迷惑をかけて……」
 アヴェニールはその場に泣き崩れてしまう。
 その姿にさすがのトールも言い過ぎたかとバツが悪そうに暴言を止める。
「おい、いったいどうしたっていうんだ。いつもの小生意気な口は今日は休みか?」
「黙っててごめんなさい、私に触れた人は不幸な目に遭うの。ふたりなら人間じゃないからひょっとして、って思ったけどやっぱりダメだったみたい」
 アヴェニールは涙をこぼしながら、自らの秘密を告白する。
「そんなに思い病む必要はない。私の身には何も起こってはいないし、事故もトールの行いの悪さが祟っただけだ。むしろ、私は久しぶり大笑いをさせてもらって感謝してるくらいだ」
「それはまだスミさんは私に触ってないから。でもトールは何度も私に触れたから」
 そう言って、アヴェニールは涙をぬぐい決意する。
「ごめんなさい、やっぱり私、ここを出ていきます」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ