挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

嘘斬り姫

5/50

第一章 三話a

「昨日はごめんなさい。その…変なことしちゃって」
 しおらしくアヴェニールがトールに謝る。
 昨晩、変身した際に服が破れてしまい、今はスミの持ってきた男物のシャツを着ている。解けてしまった髪はまとめなおせる者がいないため、首の後ろで簡単に縛っただけである。
「ゴメンですむかバカヤロー。こちとら危うく死ぬとこだったんだぞ」
 昨晩、トールは締め付けられ骨を砕かれた上に、彼女の変身が解けるまで締め続けられたのだ。傷は岩鬼人の高い回復力ですでに癒えているが、怒りは収まっていない。
「そろそろ許してやれ、彼女も謝ってるじゃないか」
「いやだね、おまえもいっぺん殺されかけてみろ!」
 怒りの矛先がスミへと飛び火する。
「うるさいわね、いつまでも。ちゃんと謝ってるでしょ。男のクセに、過ぎたことをグジグジと! だいたいあんたが用意したもので、あんたが被害を受けたのに、なんであたしが下手にしてなきゃなんないのよ!」
「なんだとこいつ、素直に謝れば一〇揉みくらいで許してやろうと思ったのに、もう一〇〇揉みするまでゆるさなねーからな」
 トールがアヴェニールの腕を掴み、身体を引き寄せる。
「痛い。離してよ、死ぬわよ!」
「腕掴んだくらいで死ぬか馬鹿タレ!」
「あたしがじゃないわ、あんたが死ぬのよ!」
「なんでオデ様が死ななきゃなんねーんだ!」
「その手を離さないと、絶対後悔するんだから!」
「減らず口を!」
「ふたりとも止めろ、お互いに言いすぎだ」
 怒鳴りあうふたりをスミが仲裁する。
「「ふん!」」
 スミは反目するふたりを見ながらも、「意外と気はあっているのかもしれん」という感想を抱いた。

「おいスミ、そろそろいくぞ」
「ああ、わかった。アヴェニール、我々はしばらく戻れんが、きみはここで待っていてくれ。ここにいれば普通の魔物が近寄ってくることはまずない」
 まだ怒りの冷めぬトールがスミを呼び、屋敷から出て行こうとする。アヴェニールを屋敷に残したままスミも後に続く。
「ちょっとふたりでどこへ行くのよ」
「森の見回りだ。ここはいくつもの国と隣接している。例えここが呪われた地であろうと、領土を拡大しようと企む愚か者はいるのだよ」
「そいつらから、オデ様の国を守るための見回りだ」
「トールの国?」
「オデ様がこの地の王様だ」
「民と呼べるような者はいないがな」
 スミが話の腰を折る。
「うるさい、民なんていなくても、ここがオデ様の支配地であることには変わんねーんだ」
「それってなんだか裸の王様みたい」
 トールの腹の出た恰好をみて、スミが小さく吹き出す。
「なんだと!」
「トール、いくぞ」
 ケンカ腰になったトールだが、スミに呼ばれ背を向ける。
「……気をつけることね」
 二人を送り出すアヴェニールが口にしたのは、決して呪いの言葉ではなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ