挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

エピローグ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/50

エピローグb

「ねぇ、お兄ちゃん、早くいこうよ」
 ハズーの新王との謁見をすませたスミの服の裾を掴み、ピキが急かす。
 その姿はもう幼い少女のものではなかった。それどころか人間ですらない。他者に見られ、騒ぎにならぬようにフードで隠しているが、その顔は豚に酷似している。
 それは豚鬼人オークだった。体内に大量の魔力を受け入れたせいで、一〇〇年前のトールと同じように魔物へと変貌したのだ。
 スミがレーヴェスト同様に、魔力を散らし人間へと戻そうとしたが、それを少年は自分の意思で拒んだ。
「ピキ、人間にはなりたくないの」
 よほどの人間不信を抱えているのだろう。魔女であった少年はそう言って譲らなかった。
「それに豚鬼人なら、また魔法を使えるようになるかもしれないし」
 魔法がとても好きなのだろう。そう言って楽しそうに笑う。豚鬼人は基本的に魔法を使えない種族であるが、まれに豚魔法使い(オークメイジ)と呼ばれる魔法を使える者もあらわれる。ピキの体内には魔力が残っているので、期待は十分にもてた。
「そうだな、そろそろ|灰色の森に戻るか」
 ピキの頭をスミが軽くなでる。

「で、貴様はいったいつまでそうやってるつもりだ?」
 城の堀の側でぼーっとしているトールに声をかける。岩鬼人トロールの姿では、街の人間に見られると騒ぎになるため、鼻に埋め込んだままの魔具で昔のドロスの姿を利用している。
 トールはアヴェニールが死んだ日から、ずっとこんな調子だった。
 現実を認識しながらも、どこかそれを受け入れられないような状態。
 ときどき「おっぱいおっぱい」と、手をわきわきと動かしながら夢心地に呟いている。
 そんな姿のトールになにか言ってやろうとするが、先に発せられた声がそれを阻んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ