挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/50

第三章 最終話

 トールは床に落ちた魔具を手にとる。それは死竜の身体に穴をあけた魔弓銃マジックボウガン転移弾テレポートブリットであった。転移弾を魔弓銃へとはめ込み、逆さにもち胸にあてる。
 自らの死を前にトールの身体が緊張する。
「(できるできるできる)」
 そう暗示をかけるが、引き金にかけた指は動かない。
「オデ様はアヴェニールを助けるんだ!」
 決意を言葉にして出すが、それでも指は固まったままだった。
「助ける助ける助ける。国の民に宣言したんだ、奪われたものを取り戻して凱旋をすると! オデ様はやる!!」
 そして指が動いた。
 魔弓銃から魔弾が発射されると、強い衝撃と共にトールの身体に大きな穴が広がる。
 心臓を中心とし、大きく穿たれた穴は巨体の向こうが覗けてみえた。
 心臓を失ったことで血の巡りが止まる。脳への血液も止まり意識が曖昧になる。それでも激痛だけは身体を駆け抜けた。
「(いでえ、いでえ。早く、早く死ね俺の身体。そして…復活するんだ……)」
 だがそこで予想外のことがおきた。心臓という最重要器官を失ったにも関わらず、トールの身体はまるまるその部分を再生させたのだ。
 これには流石のトールも驚いた。
「ばっ、ばかな。心臓が再生しただと!?」
 今度は目に入った呪いの剣を手にする。アヴェニールを死の淵に追いやった忌まわしき魔具だが、いまは回復を阻むその能力が頼りだ。
 喉に剣を突き立て倒れ込むが、ヒビの入った剣はトールの身体に傷をつけることなく砕けちった。
「畜生!」
 残された剣の柄を床にたたきつける。
「他には、他にはなにかないか!」
 並べられた魔具にまざり置かれていた小瓶を手に取ると、そのなかに封じられていた魔毒を喉に流し込む。
 だが、激痛に襲われ、その身体を不気味な紫に変色させながらも耐えきってしまう。
「畜生、それなら!」
 続いて、城に建てられた最も高い塔へとよじ登ると、そこから頭から飛び降りた。
 頭蓋骨が砕け、中らから潰れた脳が飛び出してなお、トールの肉体は再生を始めた。
 その回復力は岩鬼人トロールという種の限界をはるかに超越している。
「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね! オデ様よ死ね!!」
 魔具を駆使して、どれほど肉体を傷つけても、トールの肉体はいつまでも死に至らなかった。
 城中を血の海にし、身体中の肉片のすべてを新しいものに置き換わるほど傷つけても、なおトールの肉体は死を迎えることはない。
「死なない……死ねない……オデ様はもう死ぬことすらできないのか……」
 そこでトールは今まで以上に己の過去を悔やんだ。
 禁忌の魔術に手をだしたことを。
 自らの欲望の代償に、恐るべき魔力を手に入れたことを。

「ほわぁ、ほわぁ、ほわぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁ――――――!!!」

 城下町にまで響くほどの声で吠える。
「頼むスミ、殺してくれ。おまえの聖剣なら、オデ様を殺せるはずだ。頼む」
「無駄だ。もう遅すぎる」
 スミ首をふり、トールの要求を断る。
「そんなことはない!」
「見ろもう月が昇っている。おまえの魔力は昼以上に強くなる。昼に死ねなかったおまえが、夜に死ねるはずもない」
 薄暗くなった空を指さす。
「そんなことで諦められるか!」
「それに彼女の姿を見てみろ」
 アヴェニールの鼓動は完全に停止していた。
 すでに流れ出る血液は残っておらず、わずかな温もりすらも失われていた。
「だが、だが、だが、だが!」
 少女の身体を抱き起こし、温めようと必死にこする。それでも温もりは戻ることなく、その身体はなんの反応も示さなかった。
「あきらめろ。彼女はもう助からない。いかなる術式を用いようと、一度死んだ人間が甦ることは決してないんだ!」
 そこでトールは力なく崩れ落ちた。
「はわひゃひゃらりら……」
 その口から意思の籠もらない言葉がこぼれ落ち、目からは暮雨だのごとく涙を流すだけであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ