挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

44/50

第三章 四話a

「ふぅ、横やりに自滅とは、まったしまらねーオチがついたもんだぜ」
 トールはズボンについたホコリを払うと、アヴェニールのもとへと歩いて行く。
「またせたな。アヴェニール」
 トールはアヴェニールの身体を抱き起こす。すると、意識を取り戻したアヴェニールがうっすらと目を開こうとした。
「……トール?」
 だんだんとに開かれる目が、魔物であるトールに焦点を合わせる。
「おっ、おまっ……目が!? 目が見っ、見えるのか!?」
 開かれた赤色の瞳に、醜い岩鬼人トロールの姿が映しだされようとしていることに動揺する。
「まだ、あんまり…でもだんだん見えるようになってきたわ」
 長年願った自分の目が開かれようとしている。そのことにアヴェニールは喜色を示した。
 だが、トールはアヴェニールを拒み、その身体から手を離した。
「見るなぁ!」
「どうしたの?」
 トールの突然の拒絶にアヴェニールが茫然とする。
「見ないでくれ、お願いだ」
 頭を抱えその場にうずくまるが、トールはその場から逃げ出すこともできない。
 脳内に街で彼を見下した女たちの目と言葉がよぎる。
 そんなトールに、完全に目が見えるようになったアヴェニールがぽつりと漏らす。
「うわっ、醜い」
「うぎゃー」
 その言葉にトールの心は破裂しそうになった。
「醜いってこういう時に使う言葉でいいのよね? あたしはじめて使うわ。醜い醜い醜い」
「やめてくれ、見るなー、見ないでくれー」
 トールは狂乱しながらも、その脳にある作戦を甦えらせていた。『外見が悪いなら、相手の目を潰してしまえ』と。
 顔をあげアヴェニールをみるトール。
 アヴェニールは微笑みを浮かべたままだった。その瞳はしっかりと彼に向けられている。
 アヴェニールに向かい、震える手を伸ばそうとするトールであったが、彼女は微笑みながらにこう言った。
「なーんて、冗談よ」
「へっ」
「生憎と、私には人の外見の善し悪しがわからないのよ」
 アヴェニールの声が冗談めかしたものへと変わる。
「ほんとうか?」
「うっそっ♪」
「ぎゃー!」
「でもね、見た目なんて関係ない。トールはとっても優しいもの」
「ほんとうか?」
「うっそっ♪」
「ぎゃー!」
 繰り返し浮き沈みするトールの姿を見て、アヴェニールはご満悦といった表情だ。
「あははっ、嘘って楽しいね。なんだか胸のつかえが取れて解放された~感じ」
「おまえ、まじ性格変わったな。デレたんじゃなくて、性格変更だよ」
 両手を組み、背伸びをするアヴェニールにトールがしみじみと呟く。
「あたしの方も、いろいろあったのよ。だからもっと明るくなろうかなって。それで、トールを参考にしてみたんだけど変?」
「俺ってそんな性格なのか?」
 その性格に自分が影響していると思うと、複雑なトールだった。
「んじゃ、帰りましょうか」
「帰るって、どこへだ?」
 まだおぼつかない足取りのアヴェニールを支え、トールが尋ねる。
「もちろん森よ森、灰色の森(グレイ・フォレスト)。お父様にもあたしが無事であることは報告したいけれど、まずはもう少しゆっくりしてからね。目もならしたいし、ほかにもしたいことはたくさんあるから。『真実の口』っていうの? どうせそれはもう私の中にはないんだし、帰ってもお仕事の役には立てないわ。だからもうすこし遊んでいくの」
「遊んでくっておまえ……」
「悪い?」
 アヴェニールがトールに顔を近づけ微笑む。その笑みは無邪気のようでいて、抗いがたい力をもっていた。
「いや、そんなことはねーけどよぉ」
「そうだ、実家への挨拶はちゃんと来てくれるわよね? 私の王子さま。いえ王様かしら?」
「いやー、それは……ちょっとなぁ」
 突然の展開にトールは動揺する。魔物になり一〇〇年の時を生きた彼だが、その間にも、前にも結婚などを考えたことはなかった。
「んっまぁ、いいか。んじゃ、アヴェニールも取り返したし凱旋だ!」
 アヴェニールの身体を抱きかかえるトール。その身体に触れてももう不幸は訪れない。
「やれやれ」
 仲むつまじいふたりの姿にスミが目をそらす。
「そうだ、途中でちゃんとペンダントも直してきてやったんだ。いま付けてやるぜ」
 アヴェニールを一度その場に降ろすと、トールはズボンの中をあさる。しかし、ペンダントがなかなか見つからない。
「あれ、村で直したあと、たしかに受け取ったんだけどなあ……どこ入れたっけ?」
 そんなトールの背に、不意にアヴェニールが抱きついた。
「なんだよ。おっぱいならあとで好きなだけもんでやるぞ」
 照れ笑いをしながら言うトール。
「トール……ごめん。やっぱり灰色の森には帰れそうにないかも」
 アヴェニールの口から一筋の血が流れる。
 彼女の背後には折れた剣を握りしめたレーヴェストの姿があった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ