挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/50

第三章 二話c

轟雷神罰砲トゥール・ハンマー!」
 巨大な雷が放たれ、トールの巨体を撃つ。トールは盾へと変形させた愚者の黄金(フール・ザ・ゴールド)で受け止めるが、発生した電撃の余波が盾の周囲を伝いトールの身体を焦がす。
「くっ」
 ドロスは魔物として魔法を使いながら、魔術も扱える。さらには無尽蔵ともいええる魔力を補給されては、いかにトールであっても劣勢を強いられる。
炎魔神の抱擁(イーフリート・ハグ)!」
 女型の炎の巨人が空気を焼きながら現れると、トール身体を抱擁する。
氷狼牙舞陣フェンリル・ダンシングフィールド!」
 無数の氷片が現れると、それぞれが意志を持った弾丸のごとく不規則に飛翔し、トールの身体へと突き刺さる。
「げぼはぁー!」
 続けざまに放たれるドロスの魔法に、トールの身体が傷ついていく。だがその度にトールの身体は再生を繰り返すが、反撃の隙すら見いだすことはできない。
「しぶといな、魔物に堕ちてもさすがは魔術王といったところか」
 得たばかりの魔力を試すようにしながら、トールをなぶるドロス。
「(ちくしょう、月さえでてれば『血まみれの騎士団(ブラッディー・ナイツ)』でぶっとばしてやるのに)」
 空にはまだ太陽がサンサンと輝いている。いかにトールでも常に最大攻撃を発することはできない。
「なるほど身体に秘めた大魔力を再生の魔法のみに向けているのか。恐ろしいほどの回復力だな。しかし、それは無駄に苦しみを長引かせるだけのものにしかすぎんな。そろそろその滑稽な顔にも見飽きた。幕を下ろさせて貰うぞ」
 勝ち誇ったドロスが見下した笑みを浮かべる。
 そして、より強大な魔法を放とうと、その頭上に大量の魔力をあつめる。足を氷の槍で貫かれたままのトールはまだ動けない。スミもレーヴェストに圧倒されたまま、助けにいく余裕はない。
「地獄の七神よ、その罪悪の名をもって神の領域を汚せ……」
 それまで以上に強力な魔力がドロスの周囲にあつまる。
「これで仕舞いだ」
 だが、悠然と魔法を放とうとするドロスの背後に、小さな影が現れた。
「そうだね、そろそろお仕舞いにしよっか。ピキもいい加減、見学に飽きちゃったし」
「なんだと!?」
 不意に背後から発せられた声にドロスが慌てて振り返る。
「ちょっきんきーん」
 そうピキが手にしたステッキを振るうと、アヴェニールから供給されていた魔力がドロスに届かなくなる。そして集めた魔力は、その手から放つ間もなく拡散していく。
「馬鹿な!?」
 我が身に起きたことが信じられずドロスが目を見開く。
 驚愕するドロスに構わず、ピキは己の目的を遂行する。
「じゃ、バイバイのバイ♪」
 水平に振られたステッキがドロスの頭を首から落とした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ