挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/50

第三章 二話b

「まさか、どうしておまえがどうしてその術を!」
「ははっ、我こそはドロス。国を奪われた哀れな王よ。だが今はワシは新たな力で世界を手にする真の王となる」
「ドロスだと、あのハゲ王か!?」
「誰がハゲじゃ! なにその腕輪は……まさか『愚者の黄金』か。貴様それをどこで手に入れた」
「こいつは一〇〇年前からオデ様のもんだぜ、嫌われ王!」
 トールは自らが奪った国の前王に言ってのける。
 ドロスはトールに王座を奪われたあと、その後も権力の一部を維持したままトールの側にいた。そして、トールの魔術の才に舌を巻きながらも、自らもその術を模倣し力を得ていた。そのことにトールも気づいていたが、自らの下についた者が力をつけるのを止めはしなかった。どちらにしろ、自分が相手を上回ってればよいと考えたのである。弱肉強食はトールの望むところであった。
 トールは魔術の塔崩壊後、臣下はみな魔物となり、知能を失なったと思っていたがそうではなかった。ドロスがハズーの王として君臨した詳細まではわからないが、かつてトールが王として成り上がったことを、黒森妖精ダークエルフとなったドロスが行ったとしても不思議ではない。
「考えてみりゃ、噂が外にでている時点で生き残りがいることは確定してたのか」
「はははっ、久しいな強奪者よ。聖騎士パラディンに討たれ死んだものと思っていたぞ」
「はっ、生憎とオデ様は不死身なんだよ。それよりズリーぞ、てめぇだけ格好いい姿に変わりやがって」
「貴様は相応の恰好に変貌したな。お似合いだぞ。されど、これ以上貴様に構っている暇はない。大人しく地獄にいけ!」
 トールを地獄へ送ろうと、両手のうちに魔力を集中させるハズー王。
「そうはさせん!」
 そこへ、スミが騎士の姿となりハズー王に斬りかかる。だが、無言のレーヴェストが半分に折れたままの『確殺カース』を用いてそれを阻む。
「ちぃ、じゃまだ!」
「『暗黒装衣ダーククロス』」
 レーヴェストは自らの秘奥義を惜しげもなく使い、スミの迎撃にあたる。彼女の身体を闇の触手が覆い、敵対者であるスミに襲いかかる。
「なんと貴様までいたとはな。聖騎士よ、いかなる理由があって自らが刃を向けた男と行動を共にする」
「貴様の知ったことではない」
 ハズー王を狙うスミであるが、レーヴェストの守りを突破することができない。
「遅いと言ったろう。すでに魔力供給は始まっている。いかに貴様といえど、いまのレーヴェストを倒すのは容易ではあるまい」
 レーヴェストから闇の触手が無数に伸び、スミに襲いかかる。触手はスミの剣で払われるとすぐに散るが、すぐに再生されてしまう。魔力を帯びたレーヴェストの動きは、以前よりも格段に向上していた。
「くくくっ、女相手に苦戦をしているようじゃな聖騎士よ。それともなにか、大義がなければ女は斬れぬか」
「だまれ外道が」
 言うもレーヴェストの攻勢をスミは押しかえすことができない。
 ドロスはスミからトールへと視線を移すと、手にしたコインをさらしてみせる。
「簒奪者よ、これがなんだかわかるか?」
「なんだそりゃ?」
 その手に掴まれたコインはトールの知識をもってしてもわからぬものだった。
「これが『真実の口』じゃよ。だが知らぬのも無理はない。これは魔具ではないのだからな」
「魔具じゃないだと。まさか?」
「そう、神の力を得る神具だ。長年、神具を宿したこの娘の身体には、異空間に封じたレーヴェストなど、比べものとならん魔力を蓄えられる。暴走する心配もなく、その身を魔に堕とすこともない。まさに選ばれし聖女よ。もっとも、その清らかすぎる身体に触れれば、並の人間はみな死に絶えるがな」
 種明かしをするようにドロスが語る。
「長年、神具を身体に封じていたせいで、魔力に対する容量が大きくなったのであろう。その娘の魔力は人の身としては大きすぎるほどだ。魔女と呼んでも差し支えがないだろう。だがそれでも神具を常時発動させるには魔力が不足になる」
「魔力の消費を抑えようと、無意識のうちに自分で目を封じてたっていうのか」
「それだけではない。足りぬ分を補うために身近な人間から頻繁に奪っていたのだ。無意識とはいえ罪なことだ。
 特に僅かでも身に危険を感じると、過剰に接触者から魔力を吸収する。例え魔術を使わぬ者でも魔力を奪われれば、勘も体調も悪くなる。必然的に運が悪くなると感じることじゃろうて。ただそれだけのことで普段起こらぬことが起こりやすくもなる」
「たかだか嘘を見抜くだけの道具にそんな魔力は必要じゃねーだろ」
 トールはドロスの説明を否定する。
「嘘を見抜くだけではない。その口は嘘を撤回し真実を吐かせることを要求する。無論強い意志をもてば逆らうことも出来よう。だが、並のものにはそれは敵わぬ」
「けっ、まるで趣味の悪い呪いだな」
「ああそのとおりだ。だが神の所業など、人間にとっては呪いも同じ。それは身をもって知っておろう?」
「はっ、テメーとはいらねー場所で気があうぜ」
「クククッ」
「だが、つまり神具を取り除いた今なら、あいつは上手いことハッピーエンドを迎えられるってんだ」
「それはおまえがワシに勝てたらの話だ。魔王の剣と接続され、多大なる魔力を得ているワシが、岩鬼人トロールとなった貴様ごときに負けるわけがあるまい!」
「はっ、そりゃこっちの台詞だ。
 てめーごときがラスボスとは肩すかしもいいとこだぜ。一瞬で捻ってやる!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ