挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

40/50

第三章 二話a

「ふい~、ようやく抜け出せたな」
 トールたちが異空間から脱出すると、そこは城の中であった。しかし、人の気配はなく、城内は静寂につつまれている。
「さて、余計な時間をくったし、急いでいくぜ」
 ふたりはここまでくればどんな姿でも問題ないと、魔物の姿のまま城の奥を目指し走りだした。
「太陽はまだ高い位置にある。時間はあまり経過していないようだ」
 窓から外を確認したスミが言う。
「しかし、誰もいねー城だな。正面突破してもよかったんじゃねーか?」
「たしかに不自然なほど誰もいないな。あるいはこれも罠なのか。とにかく我々があそこを脱出したことは気付かれているハズだ。先を急ぐぞ」
「ああ、罠があってもぶち壊すだけだ」
 廊下を突き当たりには巨大な扉があった。トールがその怪力をもって扉を押し開けると、そこには広い空間だった
 その最奥の玉座にはフードで顔を隠すハズー王の姿があった。
「魔物風情に、ここまでの侵入を許すとはな」
 ローブ姿のハズー王が、肘をついたままつまらなそうな声をあげる。
「もっとも、魔物が人間の城に踏みいる理由はないか。貴様らもレーヴェストと同じ魔力を宿した人間あたりか」
 魔術師でもあるハズー王はトールとスミの姿を見ても動じはしない。
「城の中すっからかんにしといて、何寝ぼけたことぬかしやがる」
「はて、空ということはないのだがな。配置した連中は役にたたなかったか。まぁ、これから始まる大事に、余計な邪魔が入るよりはマシではあるな」
「それでオデ様たちを通してちゃ本末転倒だ」
 彼らの通ってきた道を振り返れば、街の巡回のほうが城の警備よりも厳重なほどに思えた。
「どのみちただの兵では大した足止めにもならんかったろう。ならば無能な味方は敵よりもタチが悪い」
「それについては同感だが、だからってオメーが有能って保証にはなんねーな」
 トールがハズー王を挑発する。
「魔法も魔術も使えん岩鬼人風情がよくほざく」
「魔術なら使えんぜ!」
 舌戦を切り上げたトールが杖状の魔具を振るうと、竜の吐息の如き炎が溢れ王の身体を襲う。しかし、炎は王のローブをなびかせただけで、焦げ目ひとつ作ることはなかった。
「ふん、魔具にこめられた力など所詮はその程度よ」
 トールの扱う魔具は強力なものであった。にもかかわらず、それはハズー王はそれを造作もなく防いでみせたのだ。普通の人間にできる芸当ではなかった。
「まさか魔法か!?」
「その通りだよ」
 驚くスミの言葉をハズー王は肯定する。
「異空間に繋いだレーヴェストは殺したようだが、この程度のこと自前の魔力で十分だ」
 ならばと、スミが額の角より光線を放ち攻撃する。しかし、その間に割り込むように影が現れ、それを防いでみせた。
 それは布を巻き付けたような衣服を着たレーヴェストだった。
 顔から仮面は外されているが、晒された額には以前はなかった複雑な紋様で埋められている。感情の籠もらない緑色の目で侵入者をとらえている。
「遅いぞ、レーヴェスト」
「申し訳ありません、しかし準備は整いました」
「そうか、大義である」
 フードの内側に邪悪な笑みが浮かぶ。
「おう、偽物レーヴェスト。本物にあってきたぜ、妹のおっぱいを俺様のテクでしっかり育ててくれってよ」
「私が本物のレーヴェストだ」
 抑揚のない声で言うレーヴェストにトールが不満を漏らす。
「どこが優しげでかわいげがあるんだか。身内びいきにもほどがあるんじゃねーか?」
「額の紋様の影響だろう。使命に余分な感情を抑制しているんだ。以前は仮面に仕込んでおいたものを、今度は直に額に書き込んだのだろう」
「ふっ、幻獣風情がよく見破る。だが、おまえらはここに辿り着くのが遅かった。みよ!」
 ハズー王が手を掲げると、その先には宙に浮かぶアヴェニールの姿があった。白い衣装に身を包み、両腕を光る輪に繋がれぶら下げられている。
「ちっ、拘束好きなじいさんだ!」
 トールがアヴェニールの元へ走ろうとするが、不可視の障壁が立ちふさがる。
「言ったであろう、すでに遅いと!」
『ふんばるぐ、ふんばるば、ふんばるるん!』
 王が両手を広げ呪文を唱える、その両手を叩くように合わせると城の天井が開く。
 それにあわせて床に描かれた広大な魔術陣が光り出す。
「させるか!」
 再び魔具を振るい、炎がハズー王の身体を襲う。
 儀式に集中している今なら、防御魔術は使えないと踏んだのだ。だが、炎にさらされたハズー王はそのローブを燃やしながらも無傷であった。
 フードが焼け落ち、その下から現れた顔はレーヴェストと似た褐色の肌を持つ若い男のものであった。その耳の先が人間とことなり尖っていた。
「王が魔物、それも闇森精人ダークエルフだと!?」
 ハズーの王が人に酷似した魔物であることに驚くふたりであったが、ハズー王は構わず儀式を続ける。
『ふんばるぐ、ふんばるば、ふんばるるん! いでよ魔王の剣!!』
 すると、空の色に溶けるような半透明な塔があらわれる。それは天に届くほど高く伸びていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ