挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

強欲の王

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/50

第三章 一話a

「まったく、上も下も辛気くさい場所だぜ」
 暗い地下道を見渡し、人間に化けたトールがぼやく。
「治安は守られているようだが、活気のない街だったな。どこも老人や子どもばかりだ」
 たいまつで暗闇を照らしながら、スミがさきほどまでいた街の様子を口にした。
「その治安だって、兵士を配置した力尽くのもんだ。いまに不満が爆発するぜ」
「ぴっぴぴぴ~。若者はみんな戦争にとられちゃったんだってさ~」
 ふたりの会話を聞いてピキがそんな情報をながす。
 トールとスミはアヴェニール奪還のため、レーヴェストを追いハズーの城下町に潜入した。ピキもその後をしつこくついてきている。最初は追っ払おうとしたトールであるが、根負けしいまは放置している。
「国民の大半を戦争に全部つぎ込むなんて馬鹿だよ。そこまでしちまったら、もうジリ貧であとがねーじゃねーか。それも民の不満を押し込めるために兵隊を配置するとか、その場しのぎでしかねーって」
 ハズーの統治状況にトールは悪い評価をつける。
「にしても、便利な魔法だな。チビっこ」
「まさか、城へと通じる秘密の抜け道まで知ることができようとはな」
「ふふ~ん」
 トールとスミに褒められたピキが曖昧に笑う。
「おや、あれはなんだ」
 たいまつで照らされた先に、まるで光を遮る影のような球体がふわふわと漂っている。ゆっくりと近づいてくるこぶし大の球体にトールが手を伸ばす。触れた瞬間に影は大きく膨れ上がり、なんとその内側にトールを吸い込んでしまう。
「トール!」
 あわててトールのズボンを掴むスミだが、逆に一緒にその中へと引きずり込まれてしまう。
 球体は二人を呑み込むと、役目をはたしたとばかりにその姿を消した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ