挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/50

第二章 七話b

 しだいに時間が経過し日が落ちていく。あたりが暗くなるにつれ、死竜の力が活発化していく。トールも夜を好む岩鬼人の身体をもっているが、闇との相性は動く死体には及ばない。
 振り下ろされる死竜の前足をかわすトール。だが、その威力が大きすぎたために足元が崩れる。バランスを崩したトールに、太い尾による追撃が飛んでくる。
「ずびゃっがぁ!」
 竜の尾は近くの巨木もろともトールの身体を打ち付ける。
 全身を強打されたトールが大量の血を吐く。だが、それでも命に別状はなく、それどころかスミが回復魔法を使うよりも早く再生した。
「すご~い。それも魔法?」
 観戦していたピキがトールの回復力に驚きながらも感心する。
「トールの回復力も魔力の影響を受けているから、魔法の一種といえるだろうな。だが通常の魔法ほど自由に扱うことはできはしない」
「見てないで、おまえもちったぁ手伝え」
 隠れているだけのピキにトールが文句を言う。
「マスコットは戦闘には参加しないものなのだ~」
 もともと戦力になると期待してなかったので、すぐに死竜に意識を戻す。
「この腐れ竜め、頭きたぜ。こうなりゃとことん破壊してやんぜ。そんでもって、てめーの肉で素敵にステーキ祭りだ!」
 そう宣言すると、ズボンから鍵型の魔具を取り出し掲げる。
「鍵よ、虚空の封印を解け」
 鍵は命令語に従うように浮かび上がると空中に扉を出現させた。そして鍵穴にゆっくりさしこまれ、回転すると錠が開く音がし、両開きの扉が開かれる。
「王命に応えろ我が流血の騎士! 万槍を使いて敵を討ち滅ぼせ」
 トールが長い命令語を唱え終わると、扉から月光を反射する水晶クリスタルの騎士たちが現れる。
「喰らえっ『血まみれの騎士団(ブラッディーナイツ)』!」
 長槍に大盾と甲冑で身を固めた生命なき騎士たちが、一糸乱れぬ隊列を組み死竜に向かい突撃を開始する。
 勢いよく突き出された長槍が竜の鱗を突き破る。死竜の巨大からすればその傷は小さなものだった。だが、その数が多く、たちまち小さな傷が重なり合い、大きな傷へと押し広げていく。
 死竜は爪と尾を振るい、水晶の騎士たちを破壊する。破壊された騎士は粉々に砕けると光となって消えた。
 だが、際限なく現れる騎士たちに、さすがの死竜もついには押し切られる。鱗を剥がされ、肉をちぎられ、骨を砕かれる。そして、とうとう完全に動かなくなった。
「はははっ、みたかオデ様を怒らすとこうなるんだ」
 完全に活動停止した死竜を前にトールが勝ち誇る。
「岩鬼人のおじさん、すっごーい」
「あー、しかし疲れたな」
 召喚した水晶の騎士たちを消すとトールはその場に座り込む。
「あれ、魔具って魔力使わないんでしょ?」
「ほとんど使わないだけであって、まったく使わないわけじゃねー。でもって、オデ様の魔力でもこれをやるには疲れる。もうちょっと月が丸ければ別だけれどな」
「へー」
 ピキはそのことを聞きながら別のことを考えていた。
「(魔力が減ってるなら、ひょっとしておじさんの回復力も落ちてるのかな?)」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ