挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/50

第二章 五話a

「死ねよ」
「死になさい」
「死・ん・で♪」
 見事、街に侵入したトールだったが、情報収集の結果は散々だった。
 スミと別れ、女性相手にナンパまがいの情報収集を行ったのだが、痛烈な言葉はトールの強靱な生命力すらも尽きさせようとしていた。
「女こえー、女こえー」
 情報収集を早々に切り上げると、トールは待ち合わせの酒場で酒をあおっていた。
「やっぱり人間顔だな」
 今は借り物の姿とはいえ、岩巨人に戻ったところで醜悪な姿なのは変わりない。むしろ、普通の人間にとっては今の姿の方がマシであろう。目の不自由なアヴェニールや屈強な戦士であるスミと一緒だったために、その事を完全に失念していた。
「ブ男が生きる場所は、やっぱり灰色の森(グレイ・フォレスト)しかない」
 そんな風に考えるほどトールの精神は追い詰められていた。
「そうだな、あの男女は捕まえたら、目潰して飼うのがいいな、うん、そうしよう。そんでもって、逃げられないようにしっかり鎖でつないでおけば万全だ」
 泥酔しながら呟く。そこへやってきたスミが声をかける。
「何を危険な発言をしてるんだ、貴様は」
「おうスミ、戻ったか……って、この裏切りもの!」
 トールは腕輪を星形槌モーニングスターに変形させ殴りかかる。スミがトールの攻撃を回避したために、近くの机が砕け散った。
「いきなり何をする」
 トールがスミの襟首を掴み締め付ける。
「このロリコーン、裏切りやがって、なんだそのロリロリした幼女は! そんなにツルペタが好きか、通報されたらどうするつもりだ!」
 酒場にやってきたスミの横には、ピンクの衣装を着た十歳前後の子どもが立っていた。スカートは細い太ももが丸見えになるほど短く、淡い色の長い髪を高い位置で二つに結わいている。
「おちつけ、錯乱して言ってることが意味不明だぞ」
「その角であれか、紙上で言えない場所を貫くつもりだな。そんでもって、泣き叫ぶ子どもの傷を癒やして何度も何度も貫くとは、まさに鬼畜だなおまえは!」
「誰がそんなことをするか! そもそもだなぁ……」
 スミは餌にありつけない狼のような目をしたトールを、なんとか落ち着かせようとする。
 しかし、それはその子の口から出た言葉であらぬ方向へそれた。
「まあまあ、一角獣ユニコーンのお兄さんも岩鬼人トロールのおっちゃんも落ち着いてよ」
 その言葉に驚く。スミは自らの正体を明らかにしてない。なのにふたりは正体を言い当てられたのだ。
 驚くふたりを余所に子どもは自らの話を続ける。
「おじちゃんの心配は無用だよ。だってピキ、女の子じゃなくて男の娘(おとこのこ)だもん」
 その言葉の意味を解するまでの間、ふたりの時が止まった。
 しばしの沈黙を経て、言葉の意味を理解したトールが確認する。
「えっ、なにおまえ。男のクセにスカート履いてるの?」
 ピンクのひらひらした衣装を指して尋ねる。
「そうだよ。だって、ピキは魔女だから♪」
 どこからともなく取り出したステッキを手に、ポーズを決めるとウィンクをする。
「(オデ様が森に籠もってる間に、世界は変わったんだなぁ)」
 経過した時の長さをシミジミと感じるトールであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ