挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

29/50

第二章 四話 余

「ところでよー、スミ。おまえの変身って服とか鎧ってどうなってるんだ? おまえ一角獣のときはゼンラーだろ」
 街へ向かう途中にトールが尋ねる。目立つ魔具はズボンの中にしまってある。
「私の変身は武具込みで行われているからな。そもそも魔法だから術としてのの系統も根本的に違うのだろう」
 理論を理解し組み立てなければならない魔術とちがい、魔法はなんとなくで使える融通の利く力である。その分、不確定要素が混じることもあるが、問題になることはまずない。
「へー。まぁ、おまえが服着ていようが、全裸だろうが、どうでもいいんだけどな」
「なら、最初から聞く必要はないだろう」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ