挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/50

第二章 三話 余

「そういえば、レヴィも最初に会ったときとだいぶ性格違うよね?」
 服を脱ぎ川で洗うレーヴェストに、ヒザを抱え待つアヴェニールが話しかける。
「気を許したわけでもないのに、勝手に人を愛称で呼ばないでください」
「ねぇどうして? 最初のときとしゃべり方もちがうし」
「こっちの言うことは無視スルーですか」
「ねぇ、ねぇったら~」
「あの岩鬼人に仮面を壊されたせいですよ。魔術で感情を抑制していたのに、それが崩れてしまったんです」
「感情を抑制……どうしてそんなことを?」
「決まっているでしょう……」
 巨竜すら倒した戦姫が悲しげに笑う。
「私が弱いからですよ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ