挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/50

第二章 二話a

「ふぃー、助かったぜい」
 レーヴェストにつけられた呪いの傷に苦しんだトールであったが、翌日になるとその呪いから解放される。彼らにその理由はわからなかったが、トールの生命力が呪いの力を上回ったのだろうと解釈した。
 傷のふさがったトールは失った体力と血を取り戻すべく、ひたすら食料を口に入れては咀嚼し飲み込んでいる。
「まさか切り離された足がつながるとはな。本当にむちゃくちゃな身体だな。ここまでくると、絶対に死なないんじゃないかと思えてくるな」
 スミがトールの回復力にあきれ返る。
「あたりまえだ、オデ様が無敵に素敵なのは華麗なる常識だろ」
「軽口も回復したようだな。それでこれからどうするつもりだ」
「決まってんだろ。あのスカした野郎を追って、俺のおっぱいをとりかえす」
「…………」
 スミはいろいろと言いたいことがあったが、トールの判断を待つことにした。
 トールは用意した食料を食べ尽くすと立ち上がり宣言する。
「今日のオデ様はちょー本気だす。今までとはひと味ちがうぜ」
 そう言うと、『俊足の靴(ヘルメス)』を履き、森の外を目がけ走りだす。スミもそれにわずかに遅れて後を追う。だが、トールをみる冷めた瞳にはたいした意気込みがない。
 外界をめざすトールの足がしだいに遅くなる。それは森の外へ近づくほど顕著になっていった。岩の肌に水滴が浮かんでは流れて落ちる。いままで散々無謀をこなしてきたトールがまるで臆病者のようにその巨体を震わせていた。
「やはり無理か」
 トールの不調に、隅は諦めの言葉を吐く。
「無理じゃねー」
 強がりで反論するトールであるが、失われた勢いは回復しない。
『王よどこへゆく』
 灰色の木の陰から何者かがトールへと問いかける。
『我々を残していくのか』
『逃がさぬぞ、逃がさぬぞ』
 声と同調し、地面から手が伸びるとトールの足に絡みつく。
 スミは「大丈夫か」と声をかけようとして止める。彼に絡みついた手は見えていない。それでもトールが大丈夫でないのはあきらかだが、この状態のトールに声をかけても無駄であることを経験上知っている。
「オデはこの森から出るんだ」
 声を絞りだすトールだが、その意思とは反して膝は崩れ、大地に身体が押しつけられる。それでも巨体を這わせ外を目指すトールであったが、その意志もだんだんと薄れていくのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ