挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

偽りの救世主

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/50

第二章 一話a

 太陽が昇っても、灰色の森から遠く離れても、なおレーヴェストは飛び続けていた。
 魔術による飛行は大きな魔力に加え強い集中力を必要とする。トールやスミとの連戦に加え、長時間の魔術の行使はその疲労を頂点へともたらしていた。それでもレーヴェストは休む間を惜しみ帰還を急ぐ。
「(このまま行けば明日には帰還できる)」
 かすむ視界に眼を細め飛翔するレーヴェストを突然の衝撃が襲った。展開していた魔術が崩れ、山間へと墜落し、急斜面を転がり落ちる。
「いったい何が」
 戸惑うレーヴェストにさらなる悲劇が見舞われる。首から提げていた水晶玉にヒビが入り、アヴェニールを封じていた術が解けた。解放されたアヴェニールはレーヴェストに馬乗りとなった状態で現れる。
「くっ、重い」
「失礼ね、重くなんてないわよ」
 呻くレーヴェストに年頃の少女らしい反論をする。しかし、アヴェニールの表情は不満から疑問のものへと変化した。
「あれ?」
 手にした感触を確かめるように指を動かす。

 もみもみもみもみ。

「なにをしているんです?」
「あなた女なの? 胸ちっちゃいけど」
 衣服越しにレーヴェストの胸をもみしだきながらアヴェニールが尋ねる。
「ちっちゃくない! ではなく、私は王子です。女のわけはないでしょう」
ダウト
 女ではないと言うところでアヴェニールは反応した。しかし、その指摘は行った本人が困惑することになる。『女ではない』というのは嘘なのに『王子だ』と言うところは嘘ではないのだ。
「どういうこと?(私が知らないだけで、女でも王子になれるのかしら?)」
「……なんとも面倒な人だ」
 レーヴェストは嘆息し言い直す。
「私はハズーの国の王子です。国にこの身を捧げるため、女であることは捨てました」
ダウト
「嘘ではありません!」
 レーヴェストは強い口調で反論する。
「私に言わないでよ、勝手に嘘に反応しちゃうんだから」
「それよりも、いつまで人の胸を揉んでいるつもりです」
 自らに乗ったままのアヴェニールに不満を漏らす。
「あっ、ごめんなさい」
 よろけながらも、レーヴェストから離れるアヴェニール。空いた手をなにげなく自分の胸にあてる。
「なに自分の胸と揉み比べてるんですか! しかもなんです、その勝ち誇ったような顔は!」
 レーヴェストは緩んだ布をまき直しながら指摘する。
「そんなことはないわよ……ちょっとしか」
「女の価値は胸ではありません、むしろ胸なんて飾りです! そりゃ少しくらいはあったほうが男は喜ぶかもしれませんが、あなたのように大きすぎる乳は邪魔でしかないのです。あえて言いましょう、ただの無駄です。その乳では走ることができるんですか、できないでしょう。乳なんてないほうが下着にも困らず経済的なんです!」
「いや、もともとあたし走れないし」
 盲目の少女は困ったように言う。
「けっ、これだからいいとこのお嬢様は」
「あたしってお嬢様なのかな? でも、あなただってお姫様なんでしょ?」
 やさぐれるレーヴェストにアヴェニールが質問する。
「だっ・かっ・らっ。さっきから言っているとおり、今の私は王子なんです!」
「そうなんだ」
 納得しがたかったが、レーヴェストが主張を譲らないので、アヴェニールはこれ以上彼女が女であることには触れないことにした。
「まったく、捕らわれの身でなにを考えてるんですか」
「う~ん、いろいろかな。ところで、あなたの胸って小さいの? すごく小さいの?」
 手でレーヴェストの胸の形を再現しながら尋ねる。
「まだ、乳の話をひきずりますかっ!」
「で、どっちなの?」
「普通ですよ!」
ダウト
 再びアヴェニールが解答を否定すると、レーヴェストはこめかみに青筋を浮かべ、吐き捨てるように言う。
「悪かったですね小さくて、でも私は男なので関係ありません!」
ダウト、ってゴメンナサイ、気にしてたのね」
「そんなところで謝るんじゃない!」
 アヴェニールと会話をしてるだけで、レーヴェストは疲労が倍になったような気がした。
『なにやら騒がしいようだな』
 大気を震わすほどの重苦しい声がふたりのやりとりに割り込む。
 レーヴェストが声の主を見上げると、そこには巨大なドラゴンの姿があった。
 トカゲを禍々しくしたような赤い身体は、家屋ほどの大きさがある。口からは鋭い牙がならび、人間など一呑みできそうなほど大きかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ