挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

嘘斬り姫

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/50

第一章 六話c

「(ひょっとしたらトールは……)」
 伝説の地でアヴェニールは空想を膨らませる。
「……なんだか湿っぽい空気になっちまったな。もっぺん踊るか? それともなんか食うか? エアフードでよければ食い放題だぞ」
 茶化すトールの耳にスミの声が届いた。
『トール、侵入者だ』
「どうしたの?」
 魔法で送られたスミの声はアヴェニールには聞こえていない。彼女は「どうしたの?」と、動きの止まったトールに不審そうに尋ねる。
「ちいと野暮用ができたみてーだ。スミのやろうが呼んでる。ちょっと待ってろ、月が消えるまでには戻ってくるから」
「月が消えるまで?」
「あぁ、この幻影城は月がでてる間しか現世に存在できないんだ」
「ちょっと待って、じゃ月が隠れたりしたら……」
「なに、今日は雲がないから心配ねーって。それより今夜は十二時を回っても寝かさないぜ。いまのうちに休んでおきな」
 トールは『疾風の靴(ヘルメス)』を履くと、アヴェニールを幻影城に残し、スミの元へと走る。
 だが、侵入者を感知する魔具が反応しないことを、この時の彼は気付いていなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ