挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
嘘斬り姫と不死の怪物 作者:Hiro

嘘斬り姫

15/50

第一章 六話b

 百年ほど昔、そこは魔術に長けた王が支配する国であったという。
 王は自ら戦場に立ち、その魔術によって大陸中を巻き込んだ戦争を起こした。
 王の魔術は強大であり、多くの国々が瞬く間に制圧され、王は大陸の覇権を握った。
 しかし、王の欲望はそこで満たされたりはしなかった。
 海の向こうを、空の果てまでも支配することを望み、そこへ手を伸ばそうとした。
 だが、いかに王の魔術が優れようと、人間の力には限界がある。
 その限界を打ち破るべく王は、とある強大で高度な魔術を行う決意する。
 それは『魔王召喚ロスト・パラダイス』と呼ばれる禁忌の術であった。
 王は天に届くほどの塔を建て魔術を実行する。
 だが、その術が発動すると、王国は一夜にしてその姿を変貌させた。
 国土はそれまで見たこともない灰色の木々で覆われ、国からは人間が姿を消し、魔物だけが住まう土地となったのだ。
 そこでなにが行ったのか知る者はいない。
 されど、それまで大陸中から見ることができた塔が失われたことで、王が魔術に失敗したのだと人々は漠然と知ることとなる。
 それ以来、人々は王を『強欲王』と呼び、その愚かな野望を歌にし、いまもなお語り続けている。
 呪われた『灰色の森』には足を踏み入ることは王の災いに触れることになると……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ