挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

雪舟さんと蛇

作者:美里
坂の上にある小さな庭のついた雪舟さんの家に、白蛇がはじめてやってきたのは、ひと月ほど前の夜中のことでした。雪舟さんが住む町のひとはみんな、夜になったら爪をきりません。夜に爪をきったら蛇がくると、小さいときにいいき聞かされるからです。だから雪舟さんだってその晩、爪をきる気などなかったのです。


残酷と思われる表現があります。
2017/07/11 19:57
2017/07/12 09:07
2017/07/14 08:47
2017/07/15 09:38
2017/07/16 09:18
2017/07/17 10:53
2017/07/18 08:33
2017/07/19 08:00
2017/07/20 08:32
10
2017/07/21 08:27
11
2017/07/22 09:28
12
2017/07/23 09:50
13
2017/07/24 08:14
14
2017/07/25 08:19
15
2017/07/26 08:25
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ