挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

神鳴りさんと夕立ちの午後

作者:荒井秀雄
元服の儀式により「神」に憑かれた少年、安彦。

彼が新しく転入したクラスには、銀髪の少女「吹雪」がいた。

コンプレックスの塊で、360度地雷原だという吹雪だが、安彦は次第に吹雪の意外な一面を知ることとなる。
窪田くんちの家庭の事情
2017/07/11 19:32
元服の儀式1
2017/07/25 21:09
元服の儀式2
2017/07/25 21:59
元服の儀式3
2017/07/26 18:44
元服の儀式4
2017/07/26 19:38
元服の儀式5
2017/07/26 21:13
元福の儀式6
2017/07/26 21:59
赤服
2017/07/27 11:08
吹雪ちゃんの真実
2017/07/28 12:59
接触
2017/07/28 13:49
神学の授業
2017/07/28 17:17
立ち去る吹雪
2017/07/28 17:37
学食1
2017/07/28 23:45
学食2
2017/07/29 03:26
赤い病院
2017/07/29 13:50
中島永信
2017/07/29 15:48
神様の呼びかけ
2017/07/29 17:03
神様の呼びかけ2
2017/07/29 17:32
操魔
2017/07/29 20:13
呪と呪いと洗脳
2017/07/29 22:32
瞑想
2017/07/30 13:13
早朝の戦い
2017/07/30 15:55
家柄
2017/07/31 22:34
神学の実践授業
2017/08/01 22:47
治療
2017/08/02 20:41
虫の話
2017/08/03 20:50
殿様のお願い
2017/08/05 21:25
廃工場
2017/08/06 14:54
木像の謎
2017/08/07 21:07
3つの問題
2017/08/08 21:31
校門の前
2017/08/09 21:22
二柱の神様
2017/08/10 21:24
会談
2017/08/12 02:45
双葉の病室
2017/08/12 21:55
荒れ寺
2017/08/13 14:54
守護霊
2017/08/14 20:59
操魔師
2017/08/15 21:16
吹雪の怒り
2017/08/16 20:54
煩悶
2017/08/17 20:59
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ