挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第九章『深まる闇』

59/93

③グレムリン

 図鑑で見る分にはかわいいネズミですが、実際に遭遇するとかなりビビります。
 冷蔵庫の裏から飛び出して来た時は、心臓が止まるかと思った……。
 職員室に侵入して以来、そろそろ歩むばかりだった小春の足が急激に下がっていく。たちまち背中がロッカーに衝突し、その上に置かれていたバスケットからピンポン球がこぼれ落ちた。
 ぽん、
 ぽん、
 ぽんと低くバウンドしていった放物線が、活き活きと脈打つ肉塊に近付いていく――。
 やめろ! やめてくれ!
 声にならない祈りを連呼し、小春はピンポン球に手を伸ばす。
 なめらかな球面に指が触れ、指紋から生じた摩擦が放物線の勢いをぐ。だが固い爪がピンポン球を弾き飛ばし、止まりかけていたそれが大きく前に飛ぶ。すうっと空中に描かれていった直線は――無情にも爆弾に等しい肉塊を叩いた。

 間断なく蠢いていたそれが、ピタリと動きを止める……。

 不穏な静寂が小春を包囲し、一瞬にして背筋が手足が凍り付く。冷や汗と呼ぶには生温なまぬるい汗が頬を伝い、顎の先端から床へ垂れた。
 本来なら無音に終わりを告げるのは、か細い水音だったのだろう。
 だがその前に甲高い大合唱が響き、延々続いていた耳鳴りを打ち壊す。
 ちぃ! ちぃ! ちぃ!
 肉塊から「こけし」大の突起が起き、起き、起き上がり、先端に豆電球のような光を灯していく。
 眼光だ。
 プレーリードッグのように立ち上がり、真っ赤な瞳を光らせている。
 墓場で梅宮を囲んでいた、あの小動物が。

 視界を歪ませるほどの眩暈めまいが小春を襲い、平衡感覚へいこうかんかくを失った身体がロッカーに寄り掛かる。
 判らない。判らないのだ。怪物が跋扈ばっこするのは、銃弾と肉片が飛び交う異世界のはずだ。なぜ職員室が侵食を受けている? そこは片故辺かたこべの全生徒が何気なく訪れられる――と言うか退屈ささえ感じる世界で、飛び交うのも談笑だ。
 もしかして、どこかの暇人が自分をかつごうとしているのだろうか? きっと熊谷先生だ。忘れっぽい武蔵むさしを脅かして、こらしめてやろうと画策しているに違いない。

「も、もう判ったよ、ごめんなさい。ごめんなさいって」
 悪趣味なドッキリを終わらせようと、小春は薄ら笑いを浮かべる。
 口を開いた瞬間、体内に雪崩なだれ込んできたのは、むせ返るような鉄の臭い……。
 目をらし、臭いの元を辿ってみると、小動物のシワと言うシワに生乾きの血が溜まっていた。
 とてもドッキリで流せる量ではない。
 では夢か?
 だが背中に密着しているロッカーは、氷塊ひょうかいのように冷たい。

 間違いない。
 目前の光景は、現実の枠内で起こっている。
 勿論もちろん、ドッキリでもない。
 熊谷先生は本当に襲われている。
 そして小動物の出っ歯には、皮膚を食いちぎり、肉を裂く威力がある。
 だとすれば、
 だとするなら……。
 小春の現在地は檻の中だ。
 世界最小の猛獣が、熊谷先生の味に飽きたら?
 考えたくもない可能性を頭に浮かべた途端、肉塊の隙間から覗く熊谷先生の顔が、洗面所でよくはち合わせる顔に変わった。

 命の危機を悟った小春の本能は、目敏めざとく出口に視線を向け、抜き足の一歩を出す。
 ダメだ! 逃げるな!
 半泣きの一喝を胸に響かせ、小春は自分を制止する。後ずさろうとしていた足を無理矢理踏み締めると、嫌だ嫌だと膝が左右に振れた。
 小春の手元に卒塔婆そとばはない。
 肉塊の隙間から見て取れるのも、熊谷先生の顔だけ。
 その下に肉が残っている保証はない。
 でも校舎に残っているのは、小春と熊谷先生だけなのだ。ここで一方が背を向ければ、残る一人の明日が食い尽くされる。それだけは間違いない。

 逃げてしまえ。他人が傷付いたって、お前は痛くも痒くもない――。
 甘く囁く本音を絶叫で掻き消し、小春は肉塊にリュックを叩き付ける。雪掻ゆきかきそっくりの音、そして手応てごたえと共に小動物が飛び散り、ちぃ! と人間を襲うにしてはいたいけな悲鳴が上がった。
 ネコのように空中で回転し、足から着地した小動物たちは、不意打ちを食らわせた小春を憎々しげに見上げる。
 来るか!?
 反撃を予期した小春は、リュックを盾のように構える。
 固い唾が喉を下った矢先、サッカーのホイッスルを思わせる高音。
 職員室中に響いたそれは、試合終了の合図だったのだろうか。イレブンと言うには多すぎる大群が小春の間合いから退場し、肉塊へ戻っていく。

 どういうことだ? 
 小春は唇を震わせるのも忘れ、目を白黒させるしかなかった。
 女性ホルモンが初期不良の誰かより、メタボな熊谷先生のほうが食いでがあるのは確かだ。だがホイッスルが鳴る直前まで、奴等の目は鎌首をもたげたコブラのようだった。エサの質を考慮する冷静さが残っていたとは思えない。
 何にしろ、反撃を受けないのは好都合だ。
 大きく頷き、気合を入れ直した小春は、肉塊をリュックで薙ぎ、上履きで叩き、また薙ぐ。
 追い払っても追い払っても追い払えない。
 吹っ飛ばした側から、机を床をカーテンレールを伝って肉塊へ戻って来る。
 全力疾走した後のように息を荒げても、汗がブラウスをべとつかせていくばかり。これなら、麦畑からイナゴの大群を追い出すほうが簡単かも知れない。

「いい加減、どっか行けぇ!」
 あまりの不毛さにやけっぱちになった小春は、頭の後ろからリュックを振り下ろす。鈍器として使っている内にファスナーが緩んだのか、大量の小動物に交じってリュックの中身が宙を舞った。
 何か効果的な武器はないか!?
 現状を打開するすべを求め、小春は床に散乱した道具を掻き分ける。
 真っ先に目に入ったのは、夏から放り込みっぱなしの制汗せいかんスプレーだった。
 これと熊谷先生の机にあるライターを使えば、即席の火炎放射器を作れる。執拗に戻って来る小動物たちも、流石さすが火達磨ひだるまになれば――いや、ダメだ。確かに肉塊は焼き払えるが、中身の熊谷先生も無事では済まない。

 ただ火葬は無理だとしても、「広範囲に散布する」と言う特性は魅力的だ。
 使い方次第では、大群を一網打尽に出来るかも知れない。
 何か、何かうまい道はないか!?
 一度見付けた希望に見切りを付けられない小春は、缶を転がしながら思案してみる。注意書きを読んでみたり、底を覗いたりと右往左往していた視線を呼び止めたのは、表面に記された売り文句だった。

 メントール入りでサッパリ!

 太字のゴシック体を黙読した瞬間、小春の頭の中に佳世から聞いたトリビアが鳴り渡る。

 害虫とかネズミは、メントールが苦手なんだよ――。

 一縷いちるの望みを見出すや、小春は缶を振り、振り、振りまくり、全体重を噴射ボタンに掛けた。細いノズルが激しく震え、消火器のごとく荒々しい音が轟く。あっと言う間にさらさらした霧が肉塊を覆い、爽やかな香りが悪臭をやわらげていく。
 ちぃ!? ちぃ!?
 汗ごと夏を吹っ飛ばすような一撃を浴びた小動物たちは、爛々《らんらん》と輝かせていた目をシバシバさせ始める。小春の知らない内に、タマネギでも切ったのかも知れない。

 離れていく。
 世界一粘着質だった小動物たちが、我先に熊谷先生から離れていく。

 ようやく確認出来た手足にはちゃんと肉が残っていたが、よかったとは言えない。何度となく出っ歯を突き立てられた肌は、まるで傷跡の唐草からくさ模様。ズタズタに引き裂かれたシャツは、トラの檻から救出されたかのようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ