挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第七章『どうぶつ奇想天外』

47/93

どーでもいい知識その⑦ コカコーラの「コカ」はケチュア語

 今回はインカ帝国の蘊蓄うんちくがメインです。
 コリカンチャとカト●チャの違いも説明しています。
「話を本筋に戻しますよ、ええ、嫌でも戻しますから。ミケランジェロさんの野郎は絶対音感ぜったいおんかんを持ってます。それもオカリナを聞き取れた理由じゃないでしょうか」
絶対音感ぜったいおんかん、ねぇ……」
 ハイネの仮説を聞いた改は、思わず不信感を丸出しにしてしまう。酒、タバコ、ケンカと言った昭和の芸人的な生き様と、インテリジェンスな単語がどうにも結び付かない。

「本当に絶対音感ぜったいおんかんとか持ってんですかね、あの酔っ払い。よく『ラのシャープがうるせぇ♪』とかわめいてますけど、この間、道徳の授業中に見せられちゃった映像作品――そうそう、『薬物の危険性』。あれにも同じ発言しちゃう人が出演しちゃってましたよ」
 最後の「ましたよ」に入った刹那、改はテーブルの下にスライディングし、先ほどまで天丼の入っていたどんぶりを頭にかぶった。アフリカゾウをほふる鉄拳相手に、陶製の兜などベニヤ板同然だ。しかし、ないよりは脳細胞に優しい。

「何してんです?」
 しかめっ面で問い掛け、ハイネはスカートの裾をぎゅっと引っ張る。改は実に心外だ。法を犯すほど、スカートの中を見る機会には困っていない。
「避難」
 答えながら柔道の授業を思い返し、改はカメの体勢を取る。
「セオリー通りだと、この辺で制裁のラリアットだったりしちゃうんです」
 歳末は何かと物入りだ。この上、差し歯の製作はご容赦願いたい。
「保健室で寝てましたよ」
 ――とか言いつつ、ハイネは出入り口への警戒を怠らない。猛禽類もうきんるいを思わせる鋭い眼差しは、宇宙船の船内を進むシガニー・ウィーバーそのものだ。

「陰口叩かれてんですよ? マリアナ海溝からだって浮上してきますよ、あの不沈艦ふちんかんは」
 北極のクレバスに突き落とされる?
 酩酊させられ、ナイアガラの滝に投棄?
 常人なら船越ふなこし英一郎えいいちろうの推理が始まるだろうが、引田ひきた天功てんこうとミケランジェロさんの場合は脱出ショーの幕開けだ。誰かに名誉毀損めいよきそんされると共にどこからともなく出現し、「ウィー!」とウェスタンな一撃をぶちかましていく。ジェイソンとミケランジェロさんは、バラバラにしても安心出来ない。

 改は奇襲に備え、マウスピースのようにおしぼりを噛みながら、辺りを探っていく。
 出入り口以外にも注意を払わなければならない。突然足下から手が出てきて、床下へ引きずり込まれるかも知れない。天井裏に連れ去られる可能性も大いにある。なんか頭の中のミケランジェロさんが、ギーガーのデザインっぽくなってきた。

 窓の外、
 厨房、
 冷蔵庫の中……。
 全神経を索敵に集中しても、不穏な気配は捉えられない。
 さすがに昨夜の酒量しゅりょう――テキーラと焼酎しょうちゅうとホッピーのチャンポンは、アセトアルデヒド脱水素だつすいそ酵素こうその労働量をオーバーしたか?
 安堵の息を吐いた瞬間がフェイスハガーの見せ場だと知っている改は、油断せずに自販機の裏までチェックしてから席へ戻る。
 兜代わりのどんぶりはキープしておく。学食には栓抜きも油を煮えたぎらせた鍋もあるのだ。丸腰では命を守れない。電子レンジまで無人なことを確かめたはずのハイネも、パルスライフルのようにアルミ製のトレーを構えていた。

「最初の事件を担当したのは、〈タチバナ・インダストリアル〉さんです」
「タチバナさん、ですか。大手だったりしちゃいますね」
〈タチバナ・インダストリアル〉と言えば、改たちのスポンサーに比肩する大企業だ。〈詐術さじゅつ〉の世界のみならず、市井しせいの人々にも広く名前を知られている。
 自販機にJKのスマホ、建設現場や路駐の車――と、雑に見回しただけでも、胸焼けがするほどハトのロゴが目に飛び込んでくる。ちまたでは「揺りかごから墓場まで、タチバナの製品だけで暮らせる」とまで言われているらしい。

「派遣されたのは、モリヤさんって言う〈詐術師さじゅつし〉さんです」
「モリヤさん、ねえ。下のお名前は判っちゃわないんですか?」
「……〈3Z(サンズ)〉の保有している情報はお話しした程度なんです。オカリナの来歴はおろか、ヘビの大群を制圧した手段さえ定かじゃない。タチバナさんに情報提供をお願いしてるんですけど、応じてもらうにはもう少し時間が掛かりそうです」
 申しわけなさそうに項垂うなだれ、ハイネは軽く唇を噛む。
「大丈夫! 相手が何であれ、強い強い改ちゃんがやっつけちゃいますから!」
 落ち込むハイネを前にした改は、子供っぽく豪語し、景気付けに手を叩く。おどけるにしてもわざとらしすぎたかも知れないが、改の見たいのはお布団の上で羞恥と快楽に赤らむトロ顔……じゃなかった、女子の笑顔だけだ。

「で、そのやっつける方法なんですけどね、改ちゃん、どーもネズミさんの大群が苦手だったりしちゃうんです。ウシさんの串じゃ相性最悪なんですよ。墓石を粉砕するって言っても、所詮は点での攻撃だったりしちゃいますし」
「この間は〈NAS(ナス)〉で焼き払ったんですよね?」
「ええ、ネズミ男さん程度の大きさだったりしちゃいましたからね。けど、あれで怪獣とかになられちゃったら、おナスじゃ太刀打ち出来ませんよ」
「追い詰められた怪人が巨大化するのはお約束ですしね」
 腕を組み、目を閉じたハイネは、整った顔を難しくしていく。
「……日本にはいもようかんが山ほどあるし」
 浦沢うらさわ義雄よしお的な発言を聞いた改は、声に出さずに提案する。じゃあもう、腐ったいもようかんばらまこうぜ。

「いっそ自爆とかしちゃいます?」
 機密保持及び万が一の安全を考慮して、卒塔婆そとばには外部からも発動可能な自爆装置が組み込まれている。リアル超合金Zとほまれ高い〈ガンジョニュウム合金〉を、消し炭にする爆弾だ。周囲のネズミを住処すみかごと焼き払うくらい、楽勝だろう。
「あれは死ぬほど痛いからやめたほうがいいです」
 やんわり止めると、ハイネは目を開き、力強く頷いた。
「クラークさんに連絡して、〈コリカンチャ〉の最終調整を急いでもらいましょう」
 ハイネの言葉を耳にした改は、ペッ! と鼻の下に指を当てる。
「それはカトウチャ」
 即座に指摘すると、ハイネは座ったまま軽くヒゲダンスを踊った。

「『コリカンチャ』――『ケチュア語』で『金に囲われた建物』って意味ですね。『ケチュア語』って言うのは、インカ帝国の公用語です。現在、ペルーの公用語はスペイン語なんですけど、山岳地帯の原住民さんたちは、今でもケチュア語を使ってます」
「また古代インカ帝国ですか」
 半ばボヤくと、改は両手を組み合わせて「トモダチ」の形にする。
「『古代』って関するほど、インカ帝国は古くないですよ。第九代皇帝パチャクティが、本格的にアンデス山脈周辺の征服に乗り出したのが一五世紀頃。第一三代、最後の皇帝アタワルパが絞首刑に処されたのが、一五三三年八月二九日です。日本で言うと室町時代ですね」
 桶狭間おけはざまの戦いが一五六〇年。種子島たねがしまに鉄砲が伝来したのが一五四三年だ。流石さすが織田おだ信長のぶながを古代人と呼ぶのは無理がある。改は十面鬼じゅうめんきやバゴーにすっかり騙されていたらしい。

「コンドル、アルパカ、コカコーラの『コカ』、全部ケチュア語です。有名な『マチュピチュ』も、ケチュア語で『老いた峰』って意味なんですよ」
「老いた峰」があるなら、「若い峰」もあるとハイネは言う。マチュピチュの西側にそびえる「ワイナピチュ山」がそれだ。お隣の遺跡と同じく、石造りの段々だんだんばたけ「アンデネス」や、食料の貯蔵庫も残っているらしい。
「『コリカンチャ』はインカ帝国の首都クスコにあった神殿です。インカ皇帝サパ・インカが、太陽神インティを礼拝するために使っていた重要な施設ですね。りし日は内部から中庭まで、黄金で飾られていたそうです」
 現在、コリカンチャのあった場所にはサント・ドミンゴ教会が建っている。インカ帝国時代の面影は、土台の石組みしか残っていないそうだ。
「帝国を侵略したスペイン人たちが、神殿を破壊し尽くしてしまったんです」
 征服者コンキスタドールたちは神殿から黄金を略奪し、祖国に持ち帰ってしまった。
 建物を壊したのは、キリスト教徒である彼等が異教に攻撃的だったのに加えて、壁の裏に財宝が隠されている場合があったからだと言う。一度に大量の金が運び込まれたヨーロッパでは、インフレが起きたそうだ。

「あれならやっつけられるはずです。ローランド・エメリッヒ版のゴジラくらいまでは」
 鼻息荒くお墨付きを与え、ハイネは無駄に頼もしくファイティングポーズを取る。
「……国産が出て来ちゃった場合は?」
「無理です。放射熱線ほうしゃねっせん舐めないで下さい」
 ネズミの怪獣さんがマグロ好きなのを祈ろう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ