挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第七章『どうぶつ奇想天外』

40/93

どーでもいい知識その① 天ぷらの衣は混ぜすぎないほうがいい

 第七章では、変温の哺乳類について語っていきます。
 他にも汗についての豆知識や、コカコーラの語源なども紹介します。
 雑学好きの方には楽しんで頂けるかも。

 世の中には、無言のざわめきがある。
 中華鍋の米粒がアチチと跳ね回る音に、シンクの水音、包丁のタップ――。
 学食のどこに耳を傾けても、聞こえてくるのは調理器具の活躍ばかり。だが落ち着きなく上下する肩が、そわそわと揺れる膝が、口の代わりにみんなの昂揚を物語っている。
 窓際のテーブルに陣取じんどる少女を思えば、納得の反応だ。
 言葉で感動を表現出来るほど、ありふれた容姿ではない。

「お待たせしちゃいました」
 ファミレスっぽく言うと、改は天丼を自分の前、トレーに乗ったナポリタンを対面に置いた。
 彼女と同じテーブルに着いた途端、ざわめきが無言の嘆きに変わる。特に男子の皆さんが、ワイズマンの手下を生む顔だ。若干、額にヒビが入っている。
 今、彼等は神の定めた絶対の法則を痛感している。
 つまり類は友を呼ぶ。の横にはうん。端的に言うなら、アイドル声優さんのプリクラに、アキバを徘徊してそうな男子は映っていない。

「私、学食とかサービスエリアのお料理って好きなんです。懐かしい気がして」
 丁寧に頭を下げると、ハイネ・ローゼンクロイツは薄く歯を見せた。
 改の目に映る彼女は、万人受けするほがらかさを漂わせている。パレード中に手を振っていた時代は、さぞかし多くの人々に慕われたはずだ。
 ただ、改は彼女の歩んできた道程みちのりを知っているからだろうか。
 鉛筆で薄く引いたような輪郭は、儚いと言うか、何となくもの悲しい。凛と背筋を伸ばした姿は修道女のように潔癖で、幼さを残した顔立ちに禁欲的な印象を加えている。

 大粒の瑪瑙めのうを彷彿とさせる灰色の瞳。絹のようにすべらかな首。細かくきらめく白髪は、編んだ霜とても言ったところか。緩くわれた三つ編みは、北国の朝日に照らされたように清廉な光を滲ませている。
 きめ細かな肌は、西洋人にしても目を見張る白さだ。汚れのない色が新雪と重なると、薄紅うすべに色の唇が樹氷をまとった不断桜ふだんざくらに見えてくる。
 佇んでいるだけで雪原の凛とした空気、涼やかさを漂わせてしまう透明感――。
 始めて彼女のご尊顔を拝見した時、改は確信した。冬の精霊が人間界に紛れ込んだのだと。
 食堂をざわつかせる?
「表参道」と書いて「チャンピオンロード」と読ませる彼女には、わけのない話だ。一歩歩く度に芸能トレーナーやナンパ♂と遭遇する姿は、逆に気の毒だった。

「チチェン・イッツァのほうはどうでした?」
「一九九九年よりはマシでした」
 苦笑しながら答えると、ハイネは頬の絆創膏に触れた。手首の包帯や左膝の湿布も加味する限り、なかなかのラストバトルが繰り広げられたようだ。
 ――が、改にはそれ以上に気になって仕方ないことがある。
「……何で制服着ちゃってんです?」
 喪服と揶揄やゆされるブレザーに、チェックのスカート――間違いなく見慣れた制服だが、彼女は片故辺かたこべの生徒ではない。生後六〇〇〇日足らずのJKとうふふきゃははするには、一八万回ばかり太陽を拝みすぎている。
「学校に行く時は制服じゃなきゃダメじゃないですか」
 フォークを振りながら、ハイネは少しムッとした様子で言い返す。
 彼女たちの世界で言う小学校も、ロクに通っていない人だ。「学校」に何らかの誤解を抱いていてもおかしくはない。って言うか、また同僚の誰かにおかしなことを吹き込まれたな。

「最近の女子はよくこんな半分お尻出してるような格好で、お天道てんとうさまの下を歩けますよね。階段上ってる時なんか、ストリッパーさんになった気分でした」
 年配者らしく若者に苦言を呈し、ハイネは自分のミニスカを渋い顔で見つめる。
「そういう姫君だって、昔はも~っと短いスカート穿いて、大勢の男子の前で踊っちゃってたんでしょ?」
「大人たちに強要されたんです」
 吐き捨てた瞬間、ハイネの握ったフォークがザクッ! とソーセージを貫く。
「大体、短いスカートに寄って来る男子なんてロクなモンじゃねぇです」
「俺はスタイルのが気になっちゃいますけどね。中身が見えようが見えまいが、どーせ脱がしちゃうわけだし」
 率直な意見を述べた改は、筒状にした手を望遠鏡のように覗き、ハイネを観察してみる。
 これっぽっちも起伏のない一四九㌢が、関東平野かんとうへいやのごとく広大無辺こうだいむへんに続いている。栄養事情のいい昨今、初等部を望遠すれば、もっと凹凸おうとつのある体型が幾らでも見付かるだろう。ハイネ一人だけ戦時中だ。
 手足も腰も茎のように肉付きが悪い彼女だが、特に目を覆いたくなるのが胸部だ。比較対象に周辺の女子を持って来ると、格差のあまりへこんで見える。これで肉体的には一五歳だと言うのだから、女体は神秘だ。

「〈姫君〉は『がんばりましょう』かな」
 改は的確な評価を下し、ハシで「△」を描く。
「よぉーし!」
 バリトンっぽく気合を入れると、ハイネは親指を校舎裏に向けた。
「顔をレンタルさせてもらえますか?」
「まあまあ、落ち着いて。ノーバディーズパーフェクト。誰も完璧じゃない。俺にだって『欠損』してる部分はありますよ」
 改は哀れなルサンチマンをなだめ、暗く充血したハイネの目をトレーであおぐ。
「ええ、絶対的に足りませんよね、口の重さが」
 女子らしく遠回しにイヤミを言うと、ハイネは拳にしていた右手をぐっ! と押し返した。九九㌫浮かしていた腰を下ろした彼女は、苛立たしそうに早口でまくし立てる。
「ちゃっちゃと報告を済ませましょう。長引けば人間関係が悪くなる一方ですから」
 ハイネは隣席のトートを膝に移し、長ネギやら牛乳やらの山を漁りだす。牛肉や豆腐が見え隠れする辺り、今晩のメニューはすき焼きと言ったところか。

「あのお寺、直っちゃいました?」
 住職の容態が気になって仕方ない改は、恐る恐る訊いてみる。
「修理班の皆さん、徹夜だったみたいですよ。ディゲルさんの机に陳情書の摩天楼が出来てました」
「もう感謝しきりです。優秀なチームのおかげで、一人の住職の命が守られましたよ」
 悩みの消えた改は、気兼ねなく天丼にハシを付ける。
 自然と踊る身体に合わせ、ルンルンとご飯を掻き回す。たちまちどんぶり全体につゆが馴染み、白米が飴色に染まった。
 改は食欲を誘う色に導かれるまま、尻尾ごとエビ天を頬張ってみる。
 揚げたてのころもが歯と巡り逢い、サクッ! と軽快なハーモニーを奏でる。途端にべっこう飴のような甘さが染み出し、鰹と昆布の香りが鼻に抜けていった。

 どうすれば、ここまで香ばしく揚げられるのか?
 改は「お姉さん」や「若い」と言う単語を総動員し、厨房のマダムたちに訊いたことがある。
 極意その①事前に薄力粉を溶く水を冷やしておく。炭酸水を混ぜると更にいい。
 極意その②出来るだけころもをかき混ぜないようにする。ころもが粘るとからっと揚がらない。
 ――と、マダムたちは満面の笑みで秘訣を教えてくれた。

「改さんの倒したハゲモグラさんを、技研ぎけんで詳しく精査してもらったんです」
 経緯を伝えると、ハイネはトートからタブレット型端末を引っ張り出し、卓上に置いた。
 衆目のある学食で、堂々と機密を話す――。
 今の姿を見たら、口封じのためにRECされ掛かった小春はさぞかし怒ることだろう。
 改自身矛盾を感じなくもないが、何しろ内容が藤林ふじばやし聖子しょうこさん作詞のEDテーマが流れる戦いだ。現場を目撃されたならともかく、盗み聞きした程度ではノンフィクションの話だとは思わない。むしろ半端に声を潜めるほうが、何を密談しているのだろうと聞き耳を立てられてしまう。

 隠すから関心を呼ぶ――。
 代表例が女子のスカートだ。
 中身が秘匿ひとくされているからこそ、「どんなお宝が!?」と男子のコロンブス的冒険心をくすぐってしまう。探求心に負けた何人もの勇者が、手鏡や靴のカメラを羅針盤にし、人生と言う大航海を座礁させてきた。
 一方、オープンになっている物事に対して、世間は驚くほど無関心だ。
 ただあけすけになっているだけで、世界の根幹に関わる秘密も、取るに足らない情報だと思い込んでしまう。だから女子はスカートを穿かなければいいと思う。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ