挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第一章『最悪男』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/93

②SASUKE

「う、うめ……!」
「は、春ちゃん!」
 クラス中に片想いの相手を暴露される!
 直感しただろう佳世は絶叫し、小春のシャウトを掻き消す。矢継やつばやに佳世のビンタが小春の口を塞ぎ、ストーブに湿度を持って行かれていた空気が甲高い炸裂音を奏でた。

「ひ、ひぃたひ……」
 息も絶え絶えにうめいた小春は、通学用のリュックから手鏡を出し、唇の容態を確かめてみる。
 鼻と顎の間に、博多直送の明太子がくっついていた。
「ごめん、ごめんね、でも声が大きい」
 下敷きで小春の唇をあおぎながら、佳世はしーっと人差し指を立てる。
 お達し通り唇を結んだ小春は、すーっと窓辺に目を滑らせた。
 目的地に近付くだけ、汚物と対峙しなければならない不快感が視界を潰していく。

 程なく小春の視線を汚染したのは、日の差した壁に寄り掛かる梅宮うめみやあらただった。

 すらっとした手が青いスマホの上を跳ね回る度に、手首の数珠がまたたいている。群青ぐんじょう色のラピスラズリの中で、粒状の黄鉄鉱おうてっこうきらめく様子は、夏の空に浮かぶ天の川を彷彿とさせた。

 奴の制服に対するスタンスは、ある意味、佳世にそっくりだ。
 佳世が生徒手帳の模範例を体現しているなら、奴は悪い例を完コピしている。
 黒いブレザーは椅子の背もたれに置き去りで、ネクタイの緩め方と言ったら二次会のサラリーマンそのもの。第二ボタンまで開いた胸元からは、帰宅部の割に引き締まった胸板が覗いている。
 背の高さはクラスでも一二いちにを争うほどで、バスケ部のグループと比べても遜色ない。猫背でスマホを覗き込んでいても、目の位置が女子の上にある。

「……なんで梅宮なの」
 低く潰れた声は、問い掛けと言うよりも罪を追求しているかのようだった。
 口の中に硬い音が響いていると思えば、無意識に親指の爪を噛んでいる。
 質問された佳世は恥ずかしそうに下を向き、指を揉み始める。
「あのね、この間、春ちゃん、学校休んだでしょ?」
「おじさんとぶつかった日?」
 膝の絆創膏を軽く撫でると、僅かに残ったかさぶたが乾いた音を漏らす。
 途端に剥げた塗装が記憶から甦り、小春のピュアなハートを痛ませた。

 その日――。
 寝坊した小春は食パンをかじりながら、通学路を疾走していた。

 遅刻! 遅刻する!
 脳内にかまびすしく響く警報に追い立てられ、曲がり角をドリフトした――直後、小春は気に食わないのになぜか気になるア・イ・ツ……ではなく、軽トラと衝突した。
 刹那、世界は地獄車を喰らったように大回転し、小春をハイジ的なお花畑にワープさせた。
 この世のものとは思えない清流の向こう岸では、おんじ――もとい、六歳の時に他界したじいさまが手を振っている。執拗に勧誘してきたところを見ると、盆栽に火をけたことをよほど根に持っているらしい。

 老人介護に興味のない小春は、何とかジジィを振り切り、あっちの世界から舞い戻る。
 ワープした先は電信柱の根元で、逆さになった小春はしまぱんを丸出しにしていた。集団登校中の小学生にケツをガン見されたのが、今も忘れられない。

 法的にはこの一件を、「人身事故」と呼ぶのだろう。
 だが小春の見解は違う。
 そして恐らく、一億三千万人の日本国民もまた、事故と言う結論に異議を唱えることだろう。
 なぜなら正面衝突の相手である軽トラは、路肩に停車しているところだったのだから。
 簡潔に言うなら、小春はクリープ現象一つ起こしていない車に、自分から突っ込んだ。クソ真面目な道交法が何と言おうが、世間一般的価値観にのっとるなら明らかな「自爆」だ。

 停まっている車にぶつかっただけなので、ケガも膝のすり傷だけ。
 唾付けとけば治る――。
 動揺する運転手に告げ、小春は早々にその場を立ち去ろうとした。
 だが運転手はしつこく小春の袖にすがり付き、必死に訴えかける。
 事故は事故だ――。
 女の子の身体に傷を残したら、死んでも死にきれない――。

 早く現場を離れないと、素性がバレるだろうが!
 お前には衆目にしまぱんさらしたオ・ト・メの気分が判らねぇのか!
 車に傷を付けた分際で睨み付けてみれば、ドカジャン着て、赤ペン耳に挟んだオジサマが、三歳児のように瞳を潤ませている。無下に振り払うには、不精ヒゲの生えた頬を伝う涙はあまりにも透明だった。

 ピンと伸ばそうにも力が入らないのか、実況検分する警官のメジャーは、心なし蛇行していた。
 しかも悪いことに、救急車が出払っていたせいで、はしご車が駆け付けてしまう始末。何事かと身構えたご近所さんたちが、通帳や土地の権利書片手に集結してしまった。

「……あの時は、意識不明になってたらよかったのにって思った」
 全方向から白い目、
 輪唱する舌打、
 軽蔑を込めた溜息――。
 真実が知れ渡った瞬間を思い出した小春は、PTSDっぽい眩暈めまいに襲われ、机に突っす。
「しかも調書だー、検査だーって時間取られて、学校休む羽目になっちゃったんだ」
 期待していたわけではないが、おじさんが同じクラスに転校してくる、と言うお約束も起きなかった。まあ、お詫びとして特大サイズの一本をもらえたので、悪いことばかりでもなかったが。

「あの日はね、自分でご飯買いに行ったの」
「買えなかったでしょ?」
 小春に訊かれた佳世は力なく顎を引き、そのまま項垂うなだれる。
 お食事時、片故辺かたこべ学園の学食は「109」の初売りレベルの修羅場と化す。
 福袋もといお目当ての兵糧ひょうろうを手にするためには、男子に見せてはいけない一面を解放する必要がある。
 中でも月に一度の限定品、ホイップメロンパンが並ぶ日は別格だ。初等部から高等部まで、学園中の猛者が牛追い祭りばりの剣幕で廊下を駆け抜けていく。

 佳世は机を動かすだけで、う~んといきむ。五〇㍍走もクラスで一番遅い。
 殺意の波動に染まった女子たちを、ちぎっては投げ、ちぎっては投げる? 福男ふくおとこ争奪戦状態のレースを勝ち抜く? 常人に当てはめるなら、SASUKE(サスケ)だ。

「私、売店の前で身動き取れなくなっちゃったの」
「あ、売店には辿り着けたんだ」
 予想外の奮闘を耳にした小春は、驚きと感心のあまり長い溜息を吐く。
 人類にとってはちっぽけだが、佳世にとっては偉大な飛躍だ。
「うん、でも何も出来なかった。サンドイッチ欲しかったんだけど、眺めてただけ」
 情けなさそうに漏らし、佳世は唇を噛み締める。
 落ち込む姿を見かねた小春は、威勢よく宣言し、胸を叩いてみせる。
「佳世は食料の調達なんか出来なくていいの! 私に任せておきなさい!」
「春ちゃん……」
 佳世はほっとしたように息を吐き、僅かに歯を見せた。

「……自宅にセットなんか組まなくていいの。あれが人生を狂わす第一歩なんだから」
 ボソっと漏らした小春は、背もたれに寄り掛かり、頭の後ろに両手を当てる。
「で、そっからどーなったの? まさか昼休みの間中、人の波に揉まれてたとか?」
「ううん。誰かが私の手を握って、人混みの外に出してくれたの」
 控え目に声を弾ませた佳世は、梅宮改をチラ見し、とろんと瞳を潤ませる。

 下品に赤らんだ頬、
 媚びた感じのする照れ笑い、
 やけに鼻に付く甘い香り――。
 何もかも、電話中の母親に瓜二つだ。
 酷い胸焼けに襲われた小春は牛乳をガブ飲みし、じゅくじゅくと熱を帯びた胃を冷やす。

「その誰かがあの優男だったってわけか。レスキューされただけで好きになるなんて、佳世って随分惚れっぽいんだね」
「そ、それだけじゃないよ!」
 慌ただしく異議を唱え、佳世は弁解を始める。
「梅宮くん、渡してくれたの。私がずっと見てたハムサンドだった」
 きゃー!
 唐突に奇っ怪な高音を発した佳世は、張り手っぽく顔を覆い、表情を隠す。セーターの袖からちょびっとだけ出たその指は、くすぐったそうに悶えていた。

「梅宮くん、『お召し上がり下さい、お姫さま』って……」
 お姫さまだァ!?
 小春は速攻でポーチに手を伸ばし、ムヒをふん捕まえる。襟から裾からがさつに手を突っ込み、念入りに軟膏をすり込む。知らなかった。ロマンティックってうるしみたい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ