挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第一章『最悪男』

3/93

①笑っていいとも!

 好きな人が出来た。

 お食事時の告白は、咀嚼そしゃく中の焼きそばパンを気管に直行させた。
「す、すすす……!?」
 狼狽するあまり言葉になり損ねた言葉を連射し、醒ヶさめがい小春こはるは激しく咳き込む。青のりや紅生姜べにしょうがの食べかすが乱舞し、向かいの机を派手に汚した。

「春ちゃん、落ち着いて」
 対面に座る阿久津あくつ佳世かよは、僅かに腰を浮かせ、小春の背中をさすった。
 小春の気管に詰まっていたパンくずが食道にルート変更し、多少咳が治まる。すかさず小春は机に手を突き、ぐいっ! と身体を押し出した。びっくり箱のように小春の顔面が飛び出し、鼻先に肉薄された佳世が大きくけ反る。

「す、好きな人って、男!?」
「……うん」
 頬を桃色に染め、佳世はもじもじうつむく。
「佳世が、男子を好きになる……」
「そーなんだ」とはとても言えない。
 むしろ耳のカスタマーセンターに電話を掛け、修理方法を聞きたい気分だ。

 服装を一瞥いちべつしただけでも、佳世と色恋の親和性は明らかだ。
 肩の部分が余ったブレザーに、野暮ったく膝を隠すスカート。丁寧に結んだタイは、絞殺せんばかりに首を締め上げている。こまめに洗っている上履きは純白に輝いていて、かかとの部分にも踏んだ跡一つない。

 二年五組の教室を見回してみても、佳世ほど生徒手帳の模範例を再現したJKはいない。
 佐伯さえきさんは大胆に胸元を開けているし、れいさんのスカートはチアリーダーのように短い。
 西にしさんはかかとの潰れた上履きをずるずると引きずっているし、久野くのさんは長く伸ばした爪をけばけばしくデコっている。

「やっぱりヘンかな。私なんかが恋愛なんて……」
 佳世は卑下するように問い掛け、ちらちらと窓に映った自分をうかがう。
 当人は自信なさげだが、小春の目に映るそれは平均以上に整っている。育ちのよさから来る上品な雰囲気は、下町育ちの小春には一生無縁の代物だ。
 一方で、自信のなさをアピールするように丸めた背中に、覇気や活力と言った単語は感じられない。常に他人の顔色を探っているような目付きも、頼りないと言うか、何となく卑屈だ。

 茶色っぽい髪は、小学生の頃から三つ編み一筋。他の髪型に浮気したことは、一度としてない。おどおどと寄せているのが基本型の眉もまた、ランドセルを背負しょっていた頃からずっと、切り揃えた前髪の裏に隠されている。
 かれこれ一〇年近い付き合いになる小春だが、佳世のおでこを目撃したことは数回しかない。相手が同姓の小春でも、見られるのが恥ずかしいらしい。

 もっとも、鉄棒ではしゃいでいた頃から変化がないのは、小春も一緒だ。
 髪型と言えば前髪をゴムで束ねたショートカットで、服装はパーカー+ジャージ素材のハーフパンツ。卒アルの写真にブレザーとスカートを足しただけで、まんま現在の姿になる。

 そう、我が身をかんがみてみれば、佳世はまだ変化のあるほうだ。少なくとも身長は一六〇㌢近くまで伸びたし、ぺたんこだった胸は肉まんほどのサイズまで膨らんだ。
 対して友人の誰かと言えば、高二にもなって一五〇㌢にも届かない始末。縦方向への発育以上に怠慢だったのが、女性ホルモンだ。どら焼き以上になだらかな胸は、タンクトップを着ただけで性別不詳になる。

 リコーダーの似合う小春が見た目でとやかく言うなど、「人の振り見て我が振り直せ」なのかも知れない。
 それでも佳世の興味が男に向くなんて、小春には信じられない。
 だって、佳世の頭は「りぼん」を読ませただけで湯気を噴いた。テレビがキスシーンでも流そうものなら、あたふたチャンネルを変えるのがデフォだ。濡れ場? タブー的なBGMが流れた途端、佳世は別の部屋に駆け込んでしまう。

 佳世が「好きになられた」ことなら、今までにも何回かあった。
 ホワイトデーには三倍返し、クリスマスにはホテルでディナーと、キャバ嬢的恋愛ルールに翻弄される昨今の男子たち――。
 交際とは名ばかりの搾取さくしゅ疲弊ひへいした彼等には、接吻せっぷんごときで真っ赤になる佳世が、荒廃した現代に舞い降りた女神に見えるらしい。

 当然、告白されたことも一度や二度ではない。
 でも佳世の返答は、常に「ごめんなさい」だった。
 しかも、それすら小春に代弁させる。
 佳世自身の口を使うと、勇気を必要とするお断りはおろか、おはようの一言すら交わすことが出来ない。それどころか、異性に話し掛けられた瞬間に下を向いてしまう。一週間前にナンパされた時も、ずっと小春の後ろに隠れていた。

「何でいるんだ、コイツ」な顔をした男子の前で、何度メモ用紙を代読させられたことだろう。ちょいワルな男子に呼び出された時なんか、あろうことか現場に来やがらなかった。
 好きでもない男子と、体育館の裏で二人っきり――。
 思い出すだけで、小春の胃には締め付けられたような痛みが走る。
 何より辛かったのが、相手の男子に「タイマンか?」と嫌疑を掛けられたことだ。あの日は五年ぶりに、キティちゃんのぬいぐるみを抱いて寝た。

 佳世にとって男子はヒグマと同じだ。
 自分から近付く?
 あり得ない。
 好き?
 二〇〇㌫カン違いだ。
 大方、吊り橋でも渡っている時に相手とすれ違って、恐怖から来るドキドキを胸の高鳴りと誤認したのだろう。都内に「ドキドキ」するレベルの吊り橋があるかは微妙だが。

 何にしろ、頭ごなしに否定するのは危険だ。無用な反発を招くおそれがある。恋だ、好きだと反論を繰り返している内に、佳世自身を催眠術に掛けてしまうとも限らない。
 ここはひとまず、想いを寄せる相手を確かめてみるとしよう。

「……で、誰なの?」
 佳世に顔を寄せた小春は、口を覆い、ひそひそと尋ねる。
 心臓の音が普段より大きいのは気のせいだろうか?
 恋バナに興奮している?
 まさか。
 男の絡む話題に胸を弾ませるほど、醒ヶ井小春は下品な女じゃない。

「えっとね……」と呟きながら佳世はハンカチを出し、牛乳で濡れた唇を拭く。
 正確には、拭く「フリ」だ。
 ハンカチで顔を隠しながら、どこかを盗み見ている。
 小春はきよし師匠ばりに目を見開き、佳世の視線を追った。
 精度を高めようとするほど、小春の顔は佳世の鼻先に迫っていく。小春の四肢はぐぐっ……! と前進し、対面の机の上にまで身を乗り出していく。
 窓に映った小春はほぼ腹這いで、伏臥ふくが上体反らしのように顎を上げている。そう言えば、最近、タモリのイグアナを見ない。

 視線の先は……。

 視線の先は……!

 視線の先は!

 真実を見て取った瞬間、驚愕が口を全開にし、喉が発声用の空気をイッキする。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ