挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第四章『闘牛入門』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/93

どーでもいい知識その⑤ 闘牛士のマントは意外と重い

 この話では闘牛士やフラメンコに付いて紹介しています。
 なかなか資料が見付からなくて、困りました。
「知ってる? ウシって一回喰ったもん吐き戻すの。反芻はんすうって言うんだ」
 返事がないのを承知で訊くと、〈ダイホーン〉は水牛の目に仕込まれたレーザーポインター〈ブルズアイ〉を本堂に向けた。
 青く照らされた餓鬼は、瓦屋根を踏み砕きながら〈ダイホーン〉の目の前に飛び降り、キョンシーのように腕を伸ばす。
 次の瞬間、外套がいとうの袖から缶コーヒー大のミサイル、ミサイル、ミサイル。
 餓鬼の一部だったハゲモグラだ。

 集中砲火にさらされた〈ダイホーン〉は、即座にレーザーポインターをミサイルに向けた。
 手綱型の引き金を引いた瞬間、水牛の口から紅生姜べにしょうが大の針。放射状に広がったそれが一匹、二匹とミサイルを貫くと、水っぽい破裂音と共に血飛沫ちしぶきが墓石を洗う。お彼岸以来訪問者の少なかった霊園が、お盆の時期の光沢を取り戻すのも時間の問題だ。
 いかなる時も金串をブッ放す鼻に対して、水牛の口は差し込んだ突剣に応じて機能を変える。
〈ダイホーン〉の右腿に刺さった〈センマインパクト〉を装填した場合は、散弾銃だ。金串より小振りな針を実体化し、前方一八〇度にまき散らす。

 とぉ! とぉ!
 広範囲に飛び散る紅生姜べにしょうがをかいくぐることなど出来ないと判らないのか、不毛な餓鬼は尚もミサイルを撃ちまくる。
 身体の一部であるハゲモグラを発射しているはずなのに、体積が減らない。それもそのはずだ。ベルト状に列を作った大群が、次から次へと餓鬼の外套がいとうの裾に流れ込み、弾丸を身体の材料を補充している。

「ウシには四つの胃がある。センマイは三番目だったり」
 こりもせずに突っ込んでくるミサイルを撃墜する傍ら、〈ダイホーン〉は餓鬼の足下に金串を叩き込む。
 重く通る破砕音が奥歯に打ち付け、粉々になった石畳があられのごとく飛び散る。真っ白な爆風を浴びた餓鬼は呆気なくひっくり返り、〈ダイホーン〉の視野の奥へ奥へと転がっていった。

 とぉ! と回転しながら器用に立ち上がった餓鬼は、石畳に爪を立て、地平線まで走破しそうなバックにブレーキを掛ける。昼と夜を行き来しているかのように、奴の足下を明滅させる火花。爪に削られ、粉塵と化した石畳が濃さを増すに従い、餓鬼のスピードが落ちていく。
 半ば地面にしがみつくように停止した餓鬼は、息つく間もなく低く飛び、背後の枯れ木を蹴る。べりべり! と鈍くきしむ音を轟かせながら、投石器のごとく幹がしなり、〈ダイホーン〉の頭上に餓鬼を撃ち出した。

 冷たく光る爪を見た〈ダイホーン〉は、左手にマントを掛け、右腕を背中に回す。
 闘牛士の世界では、左手で赤い布「ムレタ」を操る構えを「ナトゥラール」と呼ぶ。
 ヒラヒラとした様子だけを見ると軽そうなムレタだが、実際のところ、その重さは五㌔を超える。考えてみれば当然の話で、普通の服のように軽かったら、自然になびいてしまうおそれがある。風が揺らしたのか、闘牛士が振ったのか、ウシは区別してくれない。

 右利みぎききの人間が、左手でムレタを操るのはかなり難しい。と言うか、持っているのも一苦労だ。
 闘牛士の世界にも左利ひだりききは少ない。ナトゥラールを見る機会の少ない観衆は、ムレタが左手でさばかれると大歓声で賞賛する。
 ただ餓鬼の場合、降り注がせたのは歓声ではなく鋭利な爪で、響かせたのは拍手ではなく風を裂く音だった。

 頭上からの一撃をすかさずマントでスリップさせた〈ダイホーン〉は、続く餓鬼の出っ歯を水牛の角〈ダイソー〉で受けた。ピッケルのように尖ったそれを斜め上に切り払い、がら空きになった餓鬼の胴体に膝を叩き込む。
 みぞおちを強打された餓鬼はしわがれたうめき声を漏らし、力なく頭を下げた。猛牛に土手っ腹を貫かれ、担ぎ上げられたような体勢だ。

 水牛の角で餓鬼の首根っこを挟み込むと、〈ダイホーン〉はくるぶしの推進器〈イカサマニューバ〉から圧縮空気を噴き出した。
 ホルン型のノズルから膨れた白煙が、青くない卒塔婆そとばたちを次々と吹き飛ばしていく。同時に大砲で射出されたような衝撃が〈ダイホーン〉の身体を押し出し、目で追いきれなくなった視界がネーム以下の書き殴りに変わった。
 強すぎる推力のせいで小刻みに進路を変えられなくなった〈ダイホーン〉は、墓石の列を押し退け、ドミノのごとく押し倒し、ひたすらまっすぐ突き進む。硬いブーツが絨毯状態のハゲモグラに差し掛かると、生臭いもみじおろしがわだち代わりに吹き荒れた。

 霊園を突っ切り、境内に到達した〈ダイホーン〉は、鐘楼しょうろうに駆け込み、餓鬼の背中で釣り鐘をく。
 ゴーン! と鼓膜を重く痺れさせたのは、実に歳末な重低音。本堂の瓦屋根が一瞬浮き、激しく痙攣けいれんした賽銭箱から大量の硬貨が噴きこぼれる。

「ジャマーダは済んじゃった。こっからはカンテとトケの出番だ」
「ジャマーダ」、「カンテ」、「トケ」、どれもフラメンコの用語だ。
「ジャマーダ」は「合図」。歌手やギタリスト(トカオール)に踊りの局面が変わったとしらせるために、踊り子が両足を踏み鳴らすことを言う。
 対して「カンテ」は「歌」、「トケ」はギター演奏を指す。
 一般にフラメンコと聞けば、スカートとカスタネットを駆使した舞いを連想する。だが意外なことに、その舞台には歌とギターが欠かせない。特に前者はフラメンコの起源だ。本場スペインで「フラメンコ」と言えば、まず歌を思い浮かべるほどだと言う。
 フラメンコの歌い手は、女性の場合「カンタオーラ」、男性の場合は「カンタオール」と呼ばれる。地声を活かした独特の歌声は圧巻で、身体の芯を揺さ振るほどの力を持つ。

 闘牛とフラメンコには類似点が多い。
 例えば男の踊り子の衣装は、闘牛士の「光の衣裳トラーヘ・デ・ルーセス」に酷似している。時には闘牛士の衣装で舞台に上がることもあるそうだ。
 闘牛の所作を振り付けで再現する踊り子も少なくない。また一説によれば、闘牛士が「カポーテ」を振る動作は、スカートの裾を駆使した舞いに原形を見ると言う。
「カポーテ」とは表がピンク、裏が黄色のケープだ。闘牛の開始直後、闘牛士の助手(バンデリジェーロ)がムレタのように操り、ウシを突進させるのに使う。闘牛士はこの様子を見て、ウシのクセや身体に異常がないかを見極めるそうだ。

 闘牛とフラメンコの相似は用語にも及ぶ。
 決めポーズを意味する「デスプランテ」、区切りを指す「テルシオ」、喝采の掛け声「オーレ」も双方に使われる言葉だ。語源はアラビア語の「アラー」とされているが、真偽のほどは定かでない。

 ちぃ!
 号令を掛けると、大群は釣り鐘に激突した衝撃で破裂した餓鬼に急行し、修理を開始する。
 ハゲモグラたちの蠢きに連動し、肉のドームと化した鐘楼しょうろうが細かく震える。やがて仕事を終えた一団が四方へ散ると、ゼリー状態だったはずの餓鬼が、無傷の四肢で釣り鐘に組み付いていた。

 逆関節の脚をぐぐ……っ! と縮めた餓鬼は、樹上のサルのように跳び上がり、ついでに釣り鐘を蹴っ飛ばす。
 本堂をがたつかせる衝撃音、そして鐘楼しょうろうを倒壊させながら宙を舞う釣り鐘。
 天頂に大穴が空いたような風音が夜空をどよめかせ、境内の木々で就寝中だったカラスが我先に飛び立つ。

 墓場は採石場状態、釣り鐘は無惨にもがれている――。
 明日、和尚の血圧はどうなってしまうのだろう?
 いや、悠長に他人の心配をしている場合ではない。流石さすがに釣り鐘ほど重い物体になってしまうと、マントでスリップさせるのは無理だ。
 無難に避けるのもいいが、ビビった姿を見せるのも面白くない。ここはDQNらしく、気合の入ったところを見せてやることにしよう。

 方針を定めた〈ダイホーン〉は、水牛の口から突剣を引き抜き、胸に刺さった一振ひとふりと交換した。
〝|MINOTAUROPEミノタウロープ! OKKASANN(オッカサン)! OLE(オーレ)!〟
 陽気な電子音声を背にクワガタさんが回転し、割烹着かっぽうぎに着替える。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ