挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

序章『周波数一万七〇〇〇ヘルツの殺意』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/93

②笛と肉

「開けろっ! 今すぐここを開けろォ!」
 もう一刻の猶予もない!
 確信した根津は跳ね起き、背後のシャッターに飛び掛かった。
 役立たずの拳に膝蹴りを加え、銀色の蛇腹を連打する。明日との間に立ち塞がる障壁に、何度も何度も額を身体を叩き付ける。

 だが、重々しく閉じたそれは開かない。

 むしろ叩けば叩くだけ、暴力的な金属音を目印にし、近付いてくる。
 じっじっじっ……と無数の砂袋を引きずるような音が。
 重く擦れた「奴等」の足音が。

「お願いします。助けて、助けて下さい……」
 頬を伝う汗に連動し、シャッターに猛進していた拳が下降線を描く。腰の脇に垂れた手が、まりを突くように震えだすと、血色を失った指から細かい水滴が舞い散った。

 情けなく懇願する根津に、嘲笑を抑えられなくなったのだろうか。
 笛のが唐突に上擦り、真後ろにまで迫っていた足音がピタリと鳴り止む。
 どうやら「奴等」は、目的地に到着したようだ。

 端に寄れ……! 背後をうかがえ……!
 一秒でも速く状況を把握し、適切な行動をらなければならない――。
 それ以外に生き残る道はない――。
 頭では、頭では理解している、理解しているのだ。
 だが、身体は動かない。
 首は見事に凍り付き、臆病な視線と言えば、シャッターの表面を上下するばかり。回れ右はおろか膝を震わすことさえ出来なくなった足は、ただただ棒切れのように硬直している。

 動け! 動け!
 半ば恫喝するように念じ、根津はガタガタと鳴っていた歯を噛み締めた。隙あらば固まろうとする首に力を込め、目玉を積載した頭を背後へ向けていく。

 灰色のアスファルトがない。

 遠浅。

 遠浅だ。

 視力が限界に達するその地点まで、肉色の遠浅だけが広がっている。

 ぐちゅぐちゅ……とのたうっているのは、念入りにならされているはずの横断歩道。脈動するコブに覆われた信号は、万華鏡のように形を変える隙間から、赤、青、黄の順に光を漏らしている。

 予想通りでありながら想像を超えた光景が、根津の頭の中を白く塗っていく。
 肉の幹と化したカーブミラーには、呆然と立ち尽くし、口を半開きにした男が映っていた。恐怖を抱くことすら許されなくなったその姿は、津波や火砕流を目の当たりにしたかのようだ。

 棒立ちの根津をあおるように笛のたかぶり、肉の遠浅がぞわぞわと蠢く。途端に細かい揺れが大地を震い、水溜まりに間隔の狭い波紋が走った。

 かまびすしい笛のが、地下で眠る何者かを目覚めさせたとでも言うのか。
 足の裏をくすぐるようだった微震が、爆発的に強まっていく。
 建造物の輪郭が二重、三重にもぶれ、窓と言う窓に細かい亀裂が走る。続いてマンホールの蓋が一つ、また一つとふらつきだし、ごおっ! と怪物の咆哮が世界中に轟いた。

 咆哮?

 いいや、マンホールから肉が噴き上がる音だ。

 油田のように溢れ出す肉が、鉄製の蓋を打ち上げ、打ち上げ、打ち上げていく。一度ひとたび、根津を見下ろすほどの高さに運ばれたそれは、もう落ちない。落ちることが出来ない。電柱以上に太い油田を支柱にし、皿回しのようにふらふらと回転している。

 家々を見下ろすほどになった肉の噴水は、あたかも飛沫しぶきのように奴等をまき散らしていく。
 乱舞する放物線が空中を塗り潰し、びちゃびちゃと水っぽい着地音が地表を覆う。四方へと飛散した奴等は我先に電柱を駆け上がり、綱渡りの会場になった電線をお椀型にたわませていった。

 正面には凸凹でこぼこと波打つ横断歩道。
 上を向けば、肉を鈴なりにした電線。
 前後左右の水溜まりには油田から放物線が飛び込み、水柱を乱立させている。
 間違いない。
 奴等は根津を包囲しようとしている。

 正解と喝采するように笛の木霊こだまし、交差点の中央に真っ赤な豆電球がともる。
 獣の瞳だ。
 芽吹めぶき、芽吹めぶき、芽吹めぶく眼光が、見る間に交差点を埋め尽くしていく。星空に匹敵する数の光が、ただ根津独りをめ付ける。
 歴史上最も多くの視線を浴びただろう根津が味わったのは、透明な壁に激突したような衝撃だった。ペンライトに囲まれたアイドルはこんな光景を見て、こんな圧力を受けるのだろう。

 ちぃ……! ちぃ……!
 交差点中からチワワのように甲高い鳴き声が上がり、根津を威嚇する。ただでさえ腰の引けていた根津は背後を踏み、待ち構えていたシャッターに肩をぶつけた。

 背中が小さく弾むと同時に伝わってきたのは、ぐにゅっ……とした感触。
 そして、カイロのように身体の芯まで染み入る温感。

 柔らかく、温かい――。

 硬く冷えたシャッターでは、ない。

 見たくない。見たくないのだ。
 けれど、顔は背後に向いていく。
 転落を恐れながら、谷底を覗き込まずにはいられないように。

 はぁ……はぁ……。
 息を潜めたはずの口から白煙が漏れ出し、目の前を霞ませていく。

 少しずつ視界をおかしていくのは、サーモンピンクのカーテン。

 そう、カーテンのようにつらなり、シャッターの表面を覆い尽くす奴等だった。

「うう……あああ……」
 ぶつ切りの悲鳴を笛のが掻き消し、号砲のように野太い轟きが大気を震う。瞬間、稲光のようにカーテンが弾け飛び、一斉に根津へ飛び掛かった。

「来るなっ! 来るなァ!」
 肉の雨をまともに浴びた根津は、狂ったように全身を叩き、叩き、叩く。
 腕に胴に鞭のような平手を浴びせ掛け、四肢を這い回る奴等を払い落とす。
 手の数が足りない。二本では対抗しきれない。
 一匹払っている間に三匹、いや一〇匹まとわりついてくる。今の自分を遠くから眺めたら、コイの群れに投げ込まれたに見えることだろう。

 ちぃ……!
 無駄な努力を続けている内に、仕事熱心な奴等が根津の両足を包み込む。刹那、足首から火箸を突き立てられたような熱さが走り、半分奴等に埋もれた顔面を激しく歪ませた。もしかしたら、アキレス腱を食いちぎられたのかも知れない。
 意思とは無関係に足が曲がり、根津の顔面を舗道に叩き付ける。したたか鼻骨を打ち付けると、記憶の中から病室のミイラ男が転がり落ちた。

 嫌だ……! 絶対に嫌だ! あんな姿にはなりたくない!
 根津は割れた絶叫を響かせ、火達磨ひだるまになったように転げ回る。
 迫り来る運命を追い払おうと、シャッターに電柱に身体を叩き付ける。

 だが、奴等は逃がさない。

 横断歩道から電線からマンホールから続々と群れ集い、根津を包み込んでいく。奴等と奴等の隙間から垣間見えるカーブミラーには、肉のミノから左目だけを覗かせるイモムシが映っていた。

 ちぃ!
 手際よく梱包を終えた奴等は、仰向あおむけの根津をマンホールへと運び始めた。
 肉と肉の隙間から見上げる雲が、台風時のようなスピードで流れ去っていく。辛抱の足らない数匹がつまみ食いを始めると、肉のミノの中にミシンそっくりの音が響き渡った。
 かたかた……と連続する振動に呼応して、足首を襲ったあの熱さが全身を突く。一二月の雨に体温を奪われていた身体が、人肌のぬるま湯に浸かっていく。恐らくは緋色のぬるま湯に。

 ちぃ! ちぃ!
 肉の油田を乱暴に掻き分けた奴等は、根津を下水道に運び込む。その瞬間、蜂蜜の海を思わせる重く粘っこい水圧――いや肉の重さが、根津の全身にのし掛かった。

 何千匹、何万匹もの体重を背負った身体が、深く暗い地の底へ沈んでいく。

 マンホールの入口から垣間見える街灯が、どんどん離れていく。

 光が、光が行ってしまう!

 ピンホール大まで縮んだ灯りに手を伸ばそうとしても、四肢は奴等に固められている。助けを呼ぼうと口を開けば、途端に奴等が喉の奥まで雪崩なだれ込んでくる。

 肺に、肺に息が行かない……。

 氷水を注入されたように脳が冷え、視界がかすんでいく……。

 さくっ……。
 目を覚ませと言うのだろうか。
 半目になった根津の耳元で、レタスを食いちぎるような音が鳴る。
 重く垂れていたまぶたを上げると、見慣れた右耳をくわえた一匹が鼻先を横切った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ