挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

知ってんだから。

オイラは見ているんだから。
オイラしってんだから、今この物語を開いて文字に目を通している君が、対しておもしろくなさそうだなって、そう思ってること、オイラしってんだから。



オイラしってんだから、今日トイレにいったとき、紙をとろうとしたらピらピらしてる部分がなくて、張り付いてしまっていて、切れ目どこだよって…トイレットペーパーくるくるまわしたけど見つからなくて、パシン!って叩いて遠心力を利用してピらピら見つけたの、オイラしってんだから。



オイラしってんだから、出勤前に車の鍵とか、登校前のスマホとか、いつものとこになくて、あれ?どこやったっけ?って探してるうちに時間が迫ってきて、イライラしだして、さっき自分が脱いだ服持ち上げたら出てきたの、オイラしってんだから。



オイラしってんだから、あんまり仕事や学校行きたくないなって、苦手なあいつがいるから嫌だなって思っても一生懸命自分を奮い立たせて、君ががんばっている事、オイラしってんだから。



オイラしってんだから、本当は今日死にたいくらいな事あったけど、死ぬ勇気すらなくて、塞ぎ混んでしまってるのオイラしってんだから。


オイラしってんだから、それでも君は一人なんかじゃなくて、実話思いきって行動してみたら、思いの外楽しい毎日が待ってるのオイラしってんだから



オイラしってんだから、今日の君が一番素敵なのオイラしってんだから。



オイラしってんだから、ちょっとうざく感じてきてるの、オイラしってんだから。


オイラしってんだから、明日の君には良いことあるの、オイラしってんだから。


全部、知ってるんだから。
オイラオイラと文字がうるさい❗っておもってんの俺は知ってるんだから。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ