挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
男爵令嬢と王子の奮闘記 作者:olive

6章:東の島国ケトレア国

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

61/61

61.想定外な、小夜の再会

 明後日に戴冠式を控えているということもあって、今日から当日の夜まで、城の大広間ではケトレア国の貴族の方々や来賓として招かれた諸外国の面々が集う夜会が開かれる。
 ということで、私とレイン様も二人揃ってそちらへと参加していた。

「体調不良で倒れられたとお聞きましたけど、大丈夫ですの?」
「ええ、少し旅の疲れが出てしまっただけですので。休んだお陰で今は問題ありません」

 賓客の方からの言葉に、私はニコリと笑顔で返答する。
 実際、本当の体調不良ではなかったので、今は大丈夫という言葉に偽りはない。

 それでもレイン様は、体の問題ではなく精神的な問題もあるだろうから無理をしなくてもいいとは言ってくれてたんだけどそうもいかない。
 今回のこの場は、言ってみれば小さな外交の場である。特にシェルビニアのレイン様、並びに男爵家から王家へと入った私の初めての外国訪問である。皆からは注目の的であり、そんな場で欠席するのはあまり好ましくない。
 それに私が欠席してしまったら、レイン様をお一人で出席させることになってしまう。それはあまりにもまずい。

 という訳で、夜会の出席者の方々との会話をしながら、レイン様のフェロモンに群がる蝶(実際はピラニアみたいなものだけど)という名の彼を狙う女性陣を牽制しつつ、この場をやり過ごす。
 私の立ち居振る舞いは完璧なはずだった。レイン様をつけ狙う女性陣にも、腹の探り合いを兼ねた来賓との会話にも隙を与えないようにシェルビニア王太子妃殿下としての立場で佇んでいたはずなのに。

「もう戻られるんですか?」

 夜会はまだ中盤に差し掛かった辺りだ。
 けれど、彼は会場の人間に適当に別れの挨拶を告げた後、私を連れて早々にその場を後にして部屋へと連れ帰ってしまった。

「えーと、私に何か不備がありましたでしょうか」
「昼間のことがまだ尾を引いてるだろう。少し元気がないというか、その、顔色も心なしか悪いように思える」
「そんなことは……」

 ない、とは、はっきりと断言できなかった。
 隅に追いやっていたつもりだったけど、あの時出会ったレイジさんに顔形の似た青年のことがふとした時に頭をかすめる。思い出す度に、心臓の一部が痛みを訴えかけてくる。
 おかしいな、それに関しては絶対に表に出ないように隠していたつもりなんだけど。
 昔から嘘や隠し事は得意だった。他人に見破られることなんて前世の時からほとんどなかったのに、どうしてこの王子様には通用しないのだろう。

 彼の言葉に答えることができず無言で俯いていると、気遣うようにふっとレイン様が笑った気配がした。

「別に今夜の集まりは特に大したことはない。陛下の言っていた通り、当日の戴冠式とその後の夜会の方が重要だ。あちらの方が参加する来賓や貴族の人間が多い。だから、今夜に関しては特に気にしなくてもいい。それよりも、俺としてはお前には無理せずゆっくり休んでほしい」

 多分、ずっとこちらのことを心配して見ていてくれたのだろう。確かにこんな前々日の夜会に無理して出席するよりも、明後日の本番にしっかりと臨む方がよほど重要に違いない。

 私はそれに、素直にこくりと頷いた。
 その答えに、レイン様はほっとしたように小さく息を吐くと、

「今夜は少し帰りが遅くなるかもしれない。だから先に休んでいてくれないか」
「え、っと、もしかして会場に戻られるおつもりですか!?」

 それはちょっと……いやいやかなりよろしくないんじゃないかな。私というバリアなしであのピラニアさん達が潜伏する場所を彷徨うなんて、いくら恐怖症が改善されてきたっていっても自殺行為だ。
 さすがに彼のこの行動は容認しがたい、と思っていたら、口に出さずともこちらの戸惑いが伝わったらしく、レイン様は横に首を振って、

「ダンベルトに話があるんだ。今日俺がザラン陛下と話した内容のことで、ちょっとな」

 そういえば、ザラン様となにやら二人でこそこそと話していたなとあの時の光景を思い出す。一度もレイン様とはお会いしたことのないはずのケトレア現国王陛下が、一体何の用件なんだろうと訝しげには思っていた。
 が、つまりはあの時の会話の内容は、ダンベルト様に関係することだったらしい。
 気にはなるけど、他人様の話に首を突っ込む趣味はない。私は無関係の人間なんだから。

「分かりました。じゃあレイン様が帰ってきた時の為に、ベッドの中を暖めておきますね。メリダの話によると、今夜は特に冷えるみたいですから」

 レイン様の前で大泣きしたあの日、彼の腕の中に囲われて眠って以来、またそのすぐ後にレイン様の女性恐怖症がかなり改善されてから、私達は以前よりも近い距離間で眠っている。特に今回の滞在でお世話になる寝台の広さはシェルビニアの私の寝室にあるものよりも小さく、互いに寝返りを打ったら体がぶつかる可能性が高い。
 そして現在の季節は冬がすぐ近くに迫っている秋の終わり。やはり夜になると寒く、今だって部屋の中にいるにもかかわらず、うっすらとした冷気が辺りに漂っているのを肌で感じる。
 なので自分を湯たんぽに見立てて布団をあったかくしておくという発言は、決して大袈裟ではないのだ。

「…………」

 が、どうしてだか、彼のお方は何とも言えない複雑な表情をされたあと、おもむろに頭を軽く抱えられました。

「レイン様?」
「他意はないことは分かっているんだがな……」

 残念ながら彼の小声での呟きの内容は私にはまったく聞き取れなかったけど、聞き返してもレイン様は何も言わなかったので、おそらくひとり言なんだろう。やがて顔を上げたレイン様は、先程とはまったく違う真面目な顔で、諭すような口調で言った。

「俺よりも、シャナの方こそ本当に体調を崩さないようにしろよ。くれぐれも風邪なんて引かないように、暖かくして寝るんだぞ」
「分かっていますよ。そんな子供じゃないんですから」

 この国はシェルビニアよりも少し寒い気候ということもあって、その辺の対策はばっちりだ。夜着も冬仕様になっているし、上から羽織るカーディガンもかなり厚手のものだ。ついでに言うと旅支度をしてくれたメリダは、毛糸の腹巻まで持ってくる用意周到さだ。

「じゃあ、行ってくる」

 そう言って私の部屋から去る時、少し声を低くしたレイン様は、

「……あのレイジという男に似ているらしい人間についても、俺からダンベルトに何か聞いてみる」

 それは私にとってはありがたくもあり、逆に聞いてほしくない気もした。現段階では名前すら分かっていない、レイジさんに瓜二つの謎の男。彼の正体が判明したところで、けれどあの中にレイジさんの魂は入っていないことだけは何となく分かる。
 でももやもやした気持ちを抱えながら、何も見なかったふりをしてここに数日滞在することも、それは無理な話だった。ならやっぱり、彼は一体何者なのか、本当にレイジさんとは無関係なんだとしても、無関係だって証明できる確証くらいは欲しい。

 レイン様が私の前から姿を消したのを見送った後、休めとは言われたもののすぐに入浴してベッドに入る気にはなれなかった。かといってあの会場に戻る気もないけど。

 何の気なしに私は部屋に備え付けられたバルコニーへと出てみる。
 途端に冷たい夜風が吹き付けてきたけど、構わず手すりに腕をついて顎をのせると、うっすらと夜の帳が下りる風景を見つめる。どうやらこの部屋のすぐ下の中庭にも紅葉の木が植えられているらしく、ちらりと紅色の葉っぱが舞ってるのが月明かりの元、視界の端に見えた。

 気晴らしに夜の散歩にでも出かけるだろうか。
 そう思った私の行動は、極めて早かった。

「少し外へ出てきます。紅葉がバルコニーから見えたので目の前で見たくなって」

 メリダには、寒いし夜だからやめた方がいいと反対されたけど、結局私は彼女の言葉を強引に押し切って中庭へと向かう。
 そして見事に最盛を迎えている大きな紅葉の木々のところまで辿り着くと、護衛でついてきてくれた男達に周囲に危険な人物がいないか確認してもらった後、一人にしてほしいと告げ、少し離れたところで待機してもらう。

 艶やかに色付く葉っぱが満月の光の中散っていく様を見届けながら、けれど考えるのはやっぱり昼間に見かけた彼のことだった。

 やっとあの人がいなくなってってことについて心の整理ができかけていたのに、どうしてこうも心を惑わせるような出会いに出くわすのだろう。
 あの人に似た人物に会って感じたのは、戸惑いや痛み、苦しみ、そして込み上げる懐かしさと嬉しさ。なかなかに複雑な感情なのだ。

「はぁ」

 自分でも何の溜息なのか分からない。分からないけど、勝手にこぼれてしまうんだから仕方ない。

 と、その時だった。
 不意にどこからか視線を感じた。その先を目で辿ると真上、つまり木の上であり、よくよく目を凝らすとそこにいたのは。

 夜空の光の中でも目に付く程にキラキラと輝く黄金色の髪をなびかせた、一人の青年。強い風のせいだろうか、昼間に会った時よりも髪型が少し崩れたその男は、少し離れたこの距離からも誰なのかはっきりと分かった。

「!?」

 思わず私は後ろを向くとその場にしゃがみ込む。
 だって、まさか彼がそこにいて、しかもこっちをじっと見てるなんて予想すらしてなかったから。だから突然の事態に慌ててこんな風になってしまうのはむしろ当然だ。
 でも、待てよ。そもそも彼の存在が私の目の錯覚である可能性が高い。
 大体こんな時間に、しかも秋と冬の中間の寒さを包含する冷たい風が吹きすさぶ時に、一人で木によじ登ってるとか、普通に考えてありえない。

 だから確認の為にそっと、私は体を起こして例の青年がいたらしき場所に目を向けてみるけど……。

 結論から言うと、気のせいではなかった。
 彼は間違いなくそこにいて、レイン様のそれよりも深い色を携えた瞳が、何か言いたげにじっと私を見つめていた。

「…………」

 一体何が言いたいのか、人の心を読み取る能力を持っていない私には分からない。そもそもレイジさんに酷似している人間と視線を交錯させるのは、気持ち的にとても複雑で、胸が苦しくなった。
 だから私は思わず視線を再び逸らしたけれど、そのタイミングで金髪の青年は声を上げた。

「あのっ! シェルビニアのシャナ様、ですよね。私、ザラン陛下の傍に仕えている者です。決して不審な人間ではありません。本日の昼間にも少しだけお会いしたんですが」

 勿論覚えている。その顔も声も、一瞬だったけど脳裏にははっきりと残っている。

「突然木の上から声をかけてしまって申し訳ありません! 今ここから降りますので」

 そしてそれを言い終わると同時に軽々と幹を伝って降りると、頭を垂れて私の目の前に跪き、驚きの言葉を口にした。

「実は今日、私はずっとシャナ様のことを考えておりました。こんなところで会えるなんてこれも何かの縁です。シャナ様とこの距離で直接お話しするのは無礼と承知の上です。ですが、どうしても私はあなた様に聞きたいことがあるんです! どうか聞いてはいただけないでしょうか」

 聞きたいこと——それは、ザラン陛下の元から退出する直前に私をどうしてだか凝視していたことと関係があるんだろうか。

 知りたくて知りたくない。分かりたいけど分かりたくない。
 彼はただレイジさんと似ているというだけ。彼の名前も素性も何も知らない。
 だけど結局、私は知りたいという気持ちのほうが勝ってしまった。

 だからゆっくりと顔を上げると、私は未だに頭を下げたままの青年に向かって声をかけた。

「私も、あなたに聞きたいことがあるんです」
次で金髪青年の表向きの素性を明かす予定です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 6537 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 4752 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 5687 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 5139 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 4505 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 4124 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全120部分)
  • 4526 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:00
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部分)
  • 4633 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 4358 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 3997 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
勘違いなさらないでっ!

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全119部分)
  • 4712 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 00:38
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 4724 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 6428 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 7758 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 5003 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 4401 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 5087 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 4068 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 4031 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 4509 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部分)
  • 4385 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 5319 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 4899 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全347部分)
  • 5064 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 07:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 4866 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 4480 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:06
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 4581 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 6829 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
↑ページトップへ