挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
帰宅途中で嫁と娘ができたんだけど、ドラゴンだった。 作者:不確定 ワオン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/166

パパのhow-to⑤

 
「ぐぅっ!」

「耐えるんだ。もうじきの辛抱だから」

「ど、どうしましょう。とりあえず汗、汗拭きましょうね?」

 アルバの叱咤に答えているわけじゃ無いが、奥歯を噛み締めて気力を振り絞る。
 ユリーさんがオロオロと慌てながら、俺の額に浮かび上がる汗をハンカチで拭いてくれた。
 キッツイ。気を抜いたら意識が持っていかれそうだ。

 今俺がやっているのは、ジャジャの操る精霊の群を俺の体に取り込む作業だ。
 一匹残らず俺の支配下に置いた緑の精霊を、俺の体の中心、微弱に感じる『光』へと集めて居る。
 アルバの言葉に従って開始して、わずか2分足らずで既に余裕なんて消え去っている。

「僕の仮定が正しければ、この精霊は元々が君から双子達にもたらされたモノだ。授乳や日々の接触で少しづつね。双子達にとってその存在は強すぎる。だから与えられた分がその許容量を超えた時に、感情の爆発と共にこの特殊な『能力』として発散されているんだ」

 だから、つまりっ!どうゆうことだよ!

「悪いっけど!っ余裕無いんだ!もっと分かりやすく説明してくれないか!?」

「放って置いたらまたすぐに一杯になって、強い思いで暴走するって事さ」

 最初からそう言え!
 感情の爆発。強い思い。喜怒哀楽で言うなら、ナナは哀か?じゃあ、ジャジャは喜か。
 体内の妖精が溢れるほど溜まってて、強い感情をトリガーにして発動するのか。
 え?んじゃあこれを定期的にやらなきゃいけないって事?

「あぅ」

 ジャジャは俺の両腕に抱えられて、不思議そうな顔をして居る。
 右手を俺の頬に添えたまま、左手は俺の肩で服を強く握っていて、不安がって居るんだろう。
 可哀想に。

「だ、大丈夫だ。すぐ終わるからな?」

 できるだけ、優しく笑った。
 俺が辛そうな顔なんかしたら、娘達が怖がってしまうから。

「だぁ」

「おー、ナナも、少し待ってろな?」

 足元のナナも、俺を見上げて固まって居る。
 大丈夫だ。パパはこんぐらいじゃへこたれない。結構満身創痍だけど、根性だ。

 緑の精霊達は、俺の意思に操られて次々と俺に飛び込んでくる。
 その勢いは凄まじく、すでに見える範囲の半分は無くなっていた。
 縛ってまとめてあった、浮いてしまうおもちゃなんかはもうすでに床に落ちている。
 俺の体も既に重さを取り戻していて、急に戻った重力のせいもあって体が異常に重い。

 精霊を一匹取り込む毎に、内臓が絞られるような痛みと想像以上の脱力感が急激に増す。それと同時に、目の奥がジンジンと痛む。クラクラと揺れる視界のせいで、頭痛もしてきた上に気持ち悪くもなってきた。
 足を踏ん張ってなんとか立てて居るが、かなり紙一重だ。

「ようし。ジャジャの分はもうほとんど終わってるね。どうだい?」

「つ、辛いなコレ」

「精霊ってそもそも力の集合体だからね。それを取り込むって事は大変なことだよ?精霊を空気に例えると、外から無理やり空気を入れられた風船と同じさ。君が頑丈じゃなかったら、破裂こそしないがとっくに失神してるだろうね」

 そんな怖い事、今更言うなよ……。
 なんでやる事なす事、詐欺師じみてるんだコイツ。

 灰色フワフワ詐欺鼠に色々文句を言いたいけれど、そんな気力も湧いてこない。

「ジャ、ジャジャはもういい、のか?」

 もうダイニングには精霊の姿は見えない。
 不思議と感じ取れた、ジャジャの小さな体の内側にいた分も、今じゃ殆ど消えている。
 よし、大丈夫だろう。次はナナだ。どうせこの作業をする度に辛い思いをするのなら、一気にやってしまおう。

「ユリーさん。ジャジャ、お願いしてもいいですか?」

「え、ええ。おいでジャジャちゃん」

 俺の両腕から、ジャジャの重みが遠ざかる。
 俺は両目を閉じて、目頭を片手で押さえた。目を閉じたまま、ヨロヨロと手探りでソファーを探す。

「す、座ってやった方が良かったな」

 今更ながら気づいてしまった。とは言っても、さっきまでの俺は殆ど浮いていたから、座るのも一苦労だったろう。

 手の平に独特の毛羽立った感触を感じて、体を引き寄せるように引っ張る。
 なんとかソファーに座ると、備え付けのヘッドレストに頭を深く沈ませた。あぁ、このまま眠ってしまいたい。

「……いや、ナナもやらなきゃ」

 勢いをつけて、体を起こす。
 未だに床に座って俺を見ているナナへと両手を伸ばした。

「おいで、ナナ」

「あぅ」

 ジャジャより上手くはないが、ナナだって最近メキメキと飛ぶ事が上手くなっている。
 ヨロヨロと浮かび上がり、おぼつかない感じでフラフラと俺に近づいてきた。

「あ、あぁー」

 両手を俺に伸ばして、ナナは翼を羽ばたく。
 何度見ても応援したくなる光景だ。

 やがて俺の膝の上までたどり着くと、勢いよく胸に飛び込んできた。

「だぁ」

「はい、お上手」

「あぅ」

 衝撃を和らげて胸で受け止める。
 アオイに抱かれる時もそうだけど、ナナは癖なのか胸に顔をグリグリと擦り付けてくる。
 大変庇護欲をくすぐるから、俺はその仕草が大好きだ。
 ジャジャの場合は、噛み付いてくるからなぁ。可愛いんだけど、とても痛い。

「ナナの体内の精霊は、ジャジャに比べたらとても少ないね。普段どれだけ君と接触してるかで変わってくるんだと思う」

 むう、つまりスキンシップしすぎるなって事か?
 そんな殺生な。

「いや、定期的に精霊を回収できるなら、むしろ積極的に甘えさせてやりなよ。なんにせよ君から人間の因子を摂取しないといけないんだからさ」

 なるほど、俺にこの苦行を数日毎にやれと。
 クッソ、望むところだ馬鹿野郎。ジャジャとナナ、二人と戯れる為ならこんなの屁でもねぇや。

「本当に、君は親馬鹿になったね。何度も言うけど頼もしい事さ」

 あ、それは褒めてないなお前。

「さあ、さっさと終わらせてしまおう。僕もあの子の所に戻らなきゃね」

ボディガードを頼んだ龍のところか。

「あと、どれくらいで着きそうなんだ?」

「んー。ちょっと関西の方が騒がしくてね。少し遠回りをするから、2週間ってところかな?」

 6月ぐらいか。

「わかった。準備しておく」

 そう言って、俺は目を閉じる。
 ナナの体内にいる精霊を、五感や、表現し辛い感覚で感知して、捉える。

「あー」

「おう、パパに任せとけ」

 目を開いて、その瞳を覗き込む。
 綺麗な瞳。俺の大好きな瞳。

 続いて、ユリーさんに抱かれるジャジャを見た。
 やっぱり疲労していたようで、早くもうつらうつらと船を漕いでいる。

「ジャジャもおねむだし、ナナも早くお昼寝しような?」

「だぁ」

 ゆったりとしたナナの返事を聴きながら、俺は精霊を操り始めた。

2018/01/16
新作を開始しました!
よろしければこちらもどうぞ!

天騎士カイリと無敵で可愛い天魔パレード!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ