挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
帰宅途中で嫁と娘ができたんだけど、ドラゴンだった。 作者:不確定 ワオン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/166

龍のお嬢さん③

 

 私は傷ついた体を押さえながら、目尻の涙を拭った。
 泣いている暇なんて無い。

 あの人が逃げていったのはこの目で見た。
 殺す気は無かったから、加減してたけど。それでも結構な怪我を負わせた筈だ。
 私が戻って来る前に、ここに来る事は出来ない。

 なら、結論は一つ。
 もう一人居たんだ。私に気づかれないよう巣に潜り込み、『あの子達』を攫った人が。

 おかしいなとは思ってたのに。
 あの女の人は時々チクチクと斬りつけてきたけど、チャンスはあったのに全然踏み込んでこなかった。
 きっと時間稼ぎが目的だったからだ。そう、囮ってヤツだ。

 迂闊だった。減衰期が明けて気が抜けていたんだろう。
 それに、守るものがある戦いなんて初めてだった。
 いつもと違う事はたくさんあったのに、全部失念していた。

 悔しい。悔しくて涙が出る。

 決して望んでいた訳じゃ無いし、どうしてこうなったかもわからない。
 でも私が産んだ、私の分身達だ。
 覚悟も決意もないままだけど、何も実感しないまま失うなんてあんまりだ。

 涙は止まらない。
 でも、拭っている暇も無い。

 とりあえず、衣類ケースの一番上にあった白いワンピースに、何も考えずに頭を通した。さっきの戦闘で服を無くしてしまったからだ。
 角が引っかかる。
 お気に入りのワンピースだったけど、破れてしまった。
 そんなのどうでもいい。
『あの子たち』はまだ近くにいる。
 どうしてか分からないけど、感じ取れる。
 町の方角。
 速いスピードで遠ざかる『あの子達』の鼓動。
 きっと車かバイクだ。
 見失う前に、感じ取れなくなる前に追いつかなきゃ。

 巣を飛び出し、走る。
 全力で駆け抜けているから、一歩ごとに地面に亀裂が入る。
 大きな音を出しながら、私は駆ける。
 やがて目の前に切り立った崖の突端が見えてきた。
 一切の躊躇も無く、私は大きく跳躍する。
 空中でワンピースを脱ぎ、大きくえた。

 雷光のような瞬きが周囲を照らす。
 本気の私の、『本気』の姿。
 巨大な体躯を捻り、翼を勢いよく動かした。
 風を掴んで上昇。
 足りない分は体の内側から。

 焦る気持ちは、翼の扱いを鈍らせる。
 バランスを崩して、身体が傾く。
 力任せに身をよじり、また上昇した。

 大体の場所と、大体の方角を感じ取って、転回した。

 犯人の姿は分からないけど、必ず見つけないといけない。

 待っててね。こんなダメな私だけど。
 何も分からないまま授かってしまった命だけど。

 ママは貴女達を、諦めないから。
2018/01/16
新作を開始しました!
よろしければこちらもどうぞ!

天騎士カイリは流星の如く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ