挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
帰宅途中で嫁と娘ができたんだけど、ドラゴンだった。 作者:不確定 ワオン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/168

双子の龍は夜に泣く②

 
「おはよう……」

「おはよう、って兄ちゃん大丈夫?」

 ダイニングに入り、翔平に挨拶をした。

「大丈夫じゃねえよ……今何時だ?」

 テレビの上の壁掛け式の時計を見る。
 もう十時か。
 多分四時間も寝れてない。

「顔色悪いよ?お昼は昨日の残りでいいかな」

「おう、それでいい」

 翔平はクッキーを食べながらソファでワイドショーを見ていた。
 紅茶のカップに、お茶請けの籠。
 こいつ本当に小学生か?
 ウチの弟の主婦力が高すぎる問題。

「お姉ちゃんと赤ちゃん達は?」

「今メシあげてる。一時間ぐらい前から寝てくれなくなったからな」

 あんだけ頻繁に起きてたのに、朝になると元気にワタワタと手足を動かし、二人だけで遊んでいた。

「大変なんだね。赤ん坊って。父さんからカード預かってるよ」

「カード?」

 この歳で親父と決闘デュエルなんてする気無いぞ。
 ルールも知らないし。

「クレジットカード。赤ちゃん達の必要な物買いに行けってさ。良いものなら高くても良いって」

「ああ、了解」

 足りないもの一杯あるからな。

「あとでアオイが荷物取りに巣に戻るらしいから、戻って来たら出かけようか」

「その手で買い物大丈夫なの?」

 翔平は右手を指差す。
 包帯で巻かれた俺の右手は、医者が言うには全治一ヶ月。
 今でもかなり痛いし、動かしづらい。

「腕で持つ分には大丈夫だろ。お前が付いて来てくれたら、兄ちゃん助かるんだけどな」

「まあ、元々暇だしね。良いよ」

「サンクス」

「ユアウェルカム」

 本当に出来た弟だこと。
 ソファに座り、お茶請けからクッキーを取って食べる。
 チョコチップのクッキーは翔平の好みだ。

「ちょっと裏の森見て来て良いか」

「裏の森?」

 翔平が首を傾げた。
 様になるなあ。

「あのネズ公、探して話を聞きたいんだよ。暫くこの町に居るって言ってたのに、アイツ森に入って行っちゃったろ?巣穴ぐらい把握してないと、いざ困った事があったら大変だからな」

 何せ、龍のお医者さんらしいからな。
 本当かどうかは眉唾物だが。

「うーん。あの森、結構深いから気をつけてね。庭から見える所でも、凄い暗かったし」

「了解。顔洗ったら少し行ってくるわ。昼までには戻ると思う」

 家の裏で迷うってのも嫌だしな。

「わかった」

 ポリポリとクッキーを食べながら、翔平は頷く。
 ソファから立ち上がり、ダイニングを出る。
 洗面台に立ち、顔を洗って、鏡を見る。
 髭は、まだ良いか。
 俺は伸びるの遅い方だからな。

 歯を磨いて、口をゆすぐ。
 洗面台に頭を突っ込んで、水を被る。
 俺の髪は硬い。毎朝寝癖を直すのに苦労している。
 いっその事水洗いした方が早いのだ。

 洗面台横のタオル棚からタオルを取る。
 前の家と配置を似せてある。よく使う物ぐらい、探さずに取り出したいからな。

 ワシャワシャと頭と顔を拭きながら、二階に上がる。
 親父の部屋の前、物置の前、二部屋通り過ぎて、俺の部屋だ。
 その奥と、対面の部屋、その隣は空室だ。
 何も入ってない。

 右手でノックしようとして、包帯が目に入ったから左手に変えた。
 怪我をしてる事を忘れそうになるな。ちゃんと痛いのに。
 三回ノック後、声をかける。

「入っても良いか?」

「はい、大丈夫ですよ」

 返事を待って扉を開けた。

「メシ、終わったか?」

 アオイはベッドに座り、双子と遊んでいた。
 身を乗り出して顔を覗き込んでいて、指先で頬をつついたり、指を握らせたり。
 俺と同じぐらい寝てないのに、嬉しそうに微笑んでいる。

「はい、二人ともげっぷも上手に出せました。今は眠くないみたいですね」

「そか」

 返事はすれど、顔は双子に夢中だ。
 
「ジャジャは、パパが来たら分かりやすく喜ぶんですよ?ほら見てください」

 言われて、俺も双子の顔を覗き込む。

「あー、あー!」

 ジャジャはニコニコしながら、手をブンブンと振り回していた。
 か、可愛い。

「ナナは、おとなしい子なんですね。あんまり笑わないんですけど、時々フニャッて笑うんです」

 ナナの顔を見ると、不思議そうに俺の顔を見ている。

「ほーらナナちゃーん。パパが来たよー」

「あー?」

 アオイの指先で頬をくすぐられて、ナナは顔をアオイに向けた。

「えへー」

 母親の顔を認識したのか、半開きだった口がゆっくり形を変える。
 本当に、フニャッって感じで笑うんだな。
 これまた可愛い。

「おし、ちょっとネズ公探してくるな。夜泣きの事とか聞きたいし、住んでる場所を知っときたいから」

 そう言いながら、ベッドの横にある衣装ケースからシャツと下着、そしてジーンズを取り出した。

「あ、おじさまですか?分かりました」

「昼までには戻ってくるから、それからお前の荷物を取りに行ってくれ」

 肩に着替えをかけて、再びベッドを見る。
 相変わらず、アオイは双子に夢中だ。

「はーい」

 本当に聞いてるのかね。

 俺は半ば呆れながら、部屋を出た。
2018/01/16
新作を開始しました!
よろしければこちらもどうぞ!

天騎士カイリと無敵で可愛い天魔パレード!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ