挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
帰宅途中で嫁と娘ができたんだけど、ドラゴンだった。 作者:不確定 ワオン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/166

双子の龍は夜に泣く①

 
「………ふっ、ふえ」

 俺はムクリと体を起こす。

「ふやあああぁああっ!!んにゃあああああ!!」

 ジャジャ選手、本日四五分ぶり四回目の夜泣きです。

「うにぇ……っあああああっあああ!!」

 その声に驚いたナナが、こちらも三回目の泣き声を発する。

「ほーらジャジャー?なーんにも怖くないぞー。なんだ、怖い夢でも見たんすかー?」

 虚ろな思考を張り倒して、俺はジャジャの脇に手を差し込み抱き上げた。
 胸に囲い、背中をトントンと叩き、リズムを取りながらなだめる。

「………今度はジャジャちゃんがおっぱいかなー?」

 アオイが髪をボサボサにして上体を起こした。
 勢いよく上着をめくり、俺に向かって手を差し出す。

「だから、少しは気を使えと」

 俺は思わず目を逸らした。

「ご、ごめんにゃさい……ぐう」

 俺の腕からジャジャを受け取り、アオイはジャジャを胸元に寄せた。
 頼む、眠たいのは良くわかるけど、頑張って欲しい。
 ジャジャの泣き声が止んだと言う事は、おっぱいに夢中らしい。

「ナナー?びっくりしたかー?ほーら大丈夫だ。ネンネしなー?」

 今度はナナを抱き上げた。
 こっちは抱いた瞬間に目を閉じて泣き止んでくれる。
 ありがたい。

「赤ちゃんって、こんなに泣くものなんですか……?」

 しっかりしろよ。まだ初日だぞ。

「夜泣きが酷くて寝れないってのは、良く聞く話だな……想像以上だが……」

 最初は、二十三時ぐらいだったか。
 ダイニングのソファの上で、疲れてグッスリ寝てた俺を、アオイが涙目で揺さぶって来た。

『ぜ、全然泣き止まないんですぅ〜』

 どうやら同時に泣き出した双子にパニックになり、俺に助けを求めて来たらしい。

 とりあえずすぐに二階にあがった。
 階段の時点で物凄い音量の泣き声。

 部屋の扉を開けると、ベッドの上で手足をジタバタしながら、この世の終わりでも見たかのように泣きわめく双子の仲良し姉妹。

 すぐにジャジャから抱き上げた。
 おしめを確認しても、何もない。

『おしめはさっき変えたばかりで、おっぱいだって上げたんですけど……』

 アオイはナナを抱いている。

『ど、どどど、どうしたー?』

 高い高いだ。無反応。

『おーおー。元気良いなぁ』

 部屋の扉を開けて、親父が入って来た。

『あ、お父様……起こしちゃって、ごめんなさい』

 アオイが申し訳なさそうに顔をしかめる。

『ん。気にしないで。それよりやっぱり夜泣きをしたか』

 親父、一人だけ分かってないで助けてくれ。

『ほら、貸してみろ』

 両手を差し出して来たから、ジャジャを渡す。

『ほーれ、爺ちゃんだぞー』

 嬉しそうにジャジャを受け取り、胸に抱いて背中をトントンと叩いた。

『二人もいるからな。一人が泣き出したら釣られて泣き出すもんだ。両方同時に泣き止ませないとダメだぞ』

『は、はいっ』

 親父を真似て、アオイもナナの背中をトントンと叩く。

 暫くして、声が収まり、二人ともウトウトと目を閉じた。

『ようやく泣き止んだ……』

 俺は息を吐いてベッドに腰掛ける。何もしてないけど、疲れたな。

『この子達は新生児にしては大きいし、首も座ってる。人間で言う生後半年ぐらいかな。その頃だと、ちょうど夜泣きが始まる時期だ』

 親父はそう言いながら、俺にジャジャを渡して来た。

『夜泣きかぁ。聞いた事あるなぁ』

『何、特別な事じゃないさ。みんな通る道だ。お前なんかもっと酷かったぞ。声もデカイし大暴れだ』

 な、なんかごめん。

『夜だと、泣いちゃうんですか?』

 ナナを抱いたアオイも、ゆっくりとベッドに座った。

『いや、夜も朝も昼も泣きっぱなしだよ。この時期の赤ん坊は寝るか食べるか泣くかしか無いからな』

『そ、そんな』

 まあ、喋れないし動けないもんな。

『んじゃどうするんだよ』

『どうするもこうするも、我慢して付き合うしか無いもんだ。根気よく相手してやるんだよ』

 寝る時間減るなぁ。

『アオイノウンちゃん一人じゃ、双子の夜泣きに耐えるのは無理ってもんだ。お前も手伝わなきゃな。パパなんだから』

 口元を歪め、ニマニマと笑う親父。
 楽しんでやがる。

『一応、ネズミのおじさまに対処法を聞いてみます。毎日こうだと大変ですから』

『毎日?そいつは違う』

『へ?』

『酷い時なんか、一時間おきに泣くぞ。この時期の赤ん坊を持つ親が、一番苦しいんだ』

 そ、それはアレですか。
 死刑宣告ですか。

『泣かせない方法より、泣き止ませるコツを掴む事だ。どんな事したって、泣くのは赤ん坊の唯一の自己主張だからな』

『そ、そうですよね』

『まあ、おじさんの経験で語らせて貰えば、おしめの小まめな交換と、適度な授乳。あとは音だな』

 音?ビートを刻めってか。
 エイトビートで良いか?

『人間の赤ん坊だと、胎内にいるときは母親の心臓の音が子守唄だ。だから心臓か、それに近いリズムに安心感を持ってるんだよ。胸に抱いて心臓の音を聞かせるか、背中をゆっくり優しく叩いてやると良く泣き止む。今の二人も、そんな感じだったな』

 な、なるほど。
 経験者の言葉は説得力があるなぁ。

『んじゃ頑張れ。何かあったら俺を起こしても構わないからな』

『あ、ああ。ありがとう』

 そう言って親父は部屋を出て行った。

 それが大体二時間前、そっから数回、ジャジャが泣けばナナがびっくりし、ナナが泣けばジャジャが負けじと声を張り上げる。

 ね、寝れない。

 確かにアオイだけじゃ無理だこれ。
 いつの間にか、俺も同じベッドに寝て、アオイと二人で双子を挟んで待機していた。

「こんな小さいのに、凄いパワーです……」

「どっちかって言うと、ジャジャが良く泣くな……元気の証拠だと思いたい」

 初日にして、俺たちはグロッキーだ。
 昼にあれだけ大変だったから、疲れているのもあるが。

「アルバのネズ公に、色々聞いといた方が良かったな。夜泣きがいつ終わるかぐらいは知りたい」

 ゴールは、見えてた方がモチベーションが上がるからな。
 龍は長命種族らしいし、半年やそこらでも辛いが、十年続くとなると俺は倒れるぞ。

 あのモコモコ野郎。同じ車で帰って来たのに、森の方が住みやすいとかなんとかで、家の裏手に消えて行きやがった。

「と、とりあえず、寝れるだけ寝ましょう」

「賛成だ」

 俺たち四人は同時にベッドに沈む。

 俺はナナの、アオイはジャジャの背中を優しく叩きながら。

 くそう。夜が、長いぜ………。
2018/01/16
新作を開始しました!
よろしければこちらもどうぞ!

天騎士カイリは流星の如く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ