挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アルミ缶リサイクルマーク方式に無限強化される魔王~経験値の時代は終わった。戦わなくても自分を食べて倍々レベルアップ~ 作者:あかまろ

ツキカゲ編

5/39

第4話:ローグ村の勇者

 この世界は三つの大陸に分かれている。世界の中心に位置し屈強な魔物が住むアルガスト大陸、俺達の居城である魔王城もこの大陸だ。
 その西に位置し素質の高い勇者を多く生み出して来たのがバサロ大陸、最もその素質の高いとされる勇者共もほとんどはジゴック様に捻り潰されたわけだが。
 そして今俺とツキカゲ様がやって来たのがアルガスト大陸の東に位置し面積自体は広大だが三大陸の中で人間の武力レベルが一番低いとされているノブル大陸。わざわざ海を超えて底レベルの、しかもこんな辺境のローグ村をツキカゲ様の実戦経験の訓練場所に選んだのには理由があった。

 まず一つに拠点であるアルガスト大陸に残っている村……というか城や町はツキカゲ様が初実戦を行うにはいささか敷居が高い。ジゴック政権の中でまがいなりにも生き残って来た城や町だ。名のある歴戦の勇者、あるいは強力な軍事力を有している所が殆どなのだ。
 ……とは言ってもこいつらが生きている理由の大部分はジゴック様の気まぐれだったに過ぎない。暇が潰れぬように数ヶ所の城はあえて攻めていなかったからな。
 だがその余裕もジゴック様がいればこその話、今の魔王軍にとっては脅威以外の何ものでもない。勿論それはツキカゲ様にも言える事でいくらなんでもいきなり初実戦でそんな難度の高い場所を選ぶメリットはないのだ。

 そしてもう一つの理由。それは魔王の座を争うエルローシュ様とルナプリ様……いや、正確には指南役であるダルニャンとリエリアの目を盗んで戦力を蓄える為だ。
 恐らく二人は今回の後継者争い、実力的にエルローシュ様とルナプリ様の一騎打ちになると思っているだろう。そしてその判断は正しい……通常であればな。

 真正面から戦ったらツキカゲ様に勝ち目はないのだろうな。だがこの地方に住んでいる魔物達を飼い慣らしておけば来たる後継者争いに向けて大きな戦力になる。
 戦術で覇権を取る……それがツキカゲ様を勝たせる唯一にして最良の手段なのだ。この大事な時期に俺達の自由を許す甘さ。それが敗因となり得る事を教えてやるよ、ダルニャン、リエリア。

(ジゴック様の死を隠しておくのにも限度がある。恐らくは二年……それまでには決着をつける必要があるな)

 後継者争いの方法は決めていない、それは俺の画策があっての話だ。今はジゴック様が死んで魔王軍存続に関わる重要な時期。いつ、どういった戦いをさせるのかは軍内が落ち着いてから決めようと提案しているのだ。だが結局は生き残った者が勝者……それがジゴック様の仰られた強さ。だからこそ先手は必ず俺が打つ。これはその為の布石だ。
 改めての決意に自分の拳に自然と力が入る。


「ポチ、俺の顔色悪くないかな? 白すぎて村の女の子にキモいとか言われないかな?」

 ツキカゲ様は自分の白い肌を気にして必死に地面の土を体に塗りつけている。その滑稽な姿にべつの意味で拳に力が入ったが気を沈めながら話かける。

「ツキカゲ様、泥んこ遊びはそのくらいにして下さい。今日は大事な実戦訓練なのですから気を引き締めて頂かないと」

「分かっているよポチ。お前が折角用意してくれた村コンだものな。このチャンス必ずものにしてみせる、魔王の血筋にかけて!」

 ズンッ……!
 鈍い音を立ててキリッと引き締まった表情でそう答えた魔王の愚息の脇腹を俺の右拳が深々と抉る。

「あまりふざけているとぶん殴りますよ」

「ぐぉぉ……殴ってる。ポチ、お前もう殴っているよ……」

 苦痛に顔を歪めるツキカゲ様を見下ろしながら俺は今回の目的を説明する。

「いいですか。ツキカゲ様には今日一日でこのローグ村を支配して貰います」

 ポカーンと阿呆のように口を開けたまま頭にハテナマークを浮かべるツキカゲ様。

「支配?」

「そうです。やり方はツキカゲ様に任せます、私は口出ししませんので」

「……えっ? それだけ?」

 ツキカゲ様が驚くのも無理はない。今までの城内での演習でツキカゲ様に考えて行動させるという事はなかったからな。
 だがこれはツキカゲ様が魔王になる為に必要なステップ。いかに人間と戦い制圧していくのか、方法は武力なのか知力なのか、半分は同じ血を引く人間を殺す事ができるのか……ツキカゲ様の資質はここできっちりと確認させて貰いますよ。

「さて、では行きましょうか……っと、これは隠しておかないとな」

 俺は右耳から生えた角に手をやり呪文を唱える。鋭く伸びた自慢の右角は徐々に背景と同化し見えなくなっていく。

「これでよしっ……と」

「おぉ〜凄いよポチ! ルナ姉みたい!」

「この程度の魔法ならツキカゲ様もすぐ使えるようになります。さあ、日が暮れる前に村に入りましょう。ここからは自分で考えて行動するんですよ」

 とは言うものの危険な行動を取りそうになれば止めなければならないだろう。ツキカゲ様が人間ごときに遅れをとるとは考えにくいが村の中からは妙な圧力も感じる……これは居るな、勇者が。


 ローグ村は低い柵で囲まれただけの小さな村だ。柵を越えて進入する事も容易だったが俺とツキカゲ様はあえて正規の入り口から村の中に入る。折角人間の姿に似ているのにわざわざ別場所から入って怪しまれるリスクを負う必要はないからだ。
 村の入り口には木でできた見張り台が設置されていたがそこで村を見張る為の人間は見当たらない。理屈に合わない光景に僅かな違和感を感じる。そしてその違和感は村に入るとより深まっていくことになる。
 ローグ村の大通り……とはいっても整備もきちんとされていないような砂利道(じゃりみち)なのだがとにかくこの小さな村では主となる通行道をひたすらに歩く。しかし目に入って来るのは半壊した家や荒れ果てた田畑ばかり。活気もなにもあったものではなく道行く人に会う事さえない。
 ……おかしい、視察に来た時にはそこそこの数の人間がいたはずなのに。

「ちくしょう! 騙された! 何もないし誰もいないではないか」

 村をきょろきょろ見渡しながら歩いていたツキカゲ様も期待とは裏腹のあまりに殺風景なローグ村に悲観し地面に手をつき嘆く。

「この日の為に美顔器で肌をツヤツヤにし、六つに割れた腹筋を保ち、人間の女が好きそうな話題も夜な夜な勉強して来たというのに……俺の努力は一体なんだったんだ!?」

「落ち着いて下さいツキカゲ様、確かに若い人間は少ない過疎な村ではありましたがここまで誰も姿を見せないのは変です。それに人の気配は感じます」

 人間の匂いは確かにする。それで誰にも会わないという事は家の中に隠れているのだ。まさか我々が来た事がバレて……いや、それはないか。まだこの村に何もしてはいない、姿も人間とほとんど変わらないしバレる要素がない。

「『むら』の女ぁ! 恥ずかしがらずに出て来ぉぉぉい! 今なら魔王の息子である超優良物件、イケメンのツキカゲ様とお喋りできるぞ! だからお願い、お願いだから誰か出て来てぇ!」

 悲しい叫びがローグ村に響く。俺はとりあえず最重要機密である自らの素性をペラペラと喋るツキカゲ様の喉を手刀で潰す。

「ぐぇ……」

 カエルが潰れたような声をだしその場にうずくまるツキカゲ様に注意を促す。

「ツキカゲ様、分かっていると思いますが我々の素性を話しては駄目ですよ。貴方の首を狙う勇者は大勢いるんです、バレたら面倒ですからね」

 その場でコクコクと首を上下に振ってうなづくツキカゲ様。
 しかしどうしたものか、このままでは実戦訓練にならないぞ。

 ザッ……!

「!」

 次の行動を決めあぐねていた俺達の前に白い法衣を身に纏った人間の女が現れる。肩口まで伸びた青い髪、透き通るような青い瞳、胸もそれなりに育ってはいるが顔立ちにはまだまだ幼さが残っており人間の年齢で考えてもかなり若そうな女だ。
 ……そしてこの圧力、こいつは。

「見つけましたよ! 貴方達がローグ村を荒らす盗賊ですね。この私、勇者ミューレット・アルクレアが来たからにはもう好きにはさせません。いざお覚悟を!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ