挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

誓い-Whiteday Style-

作者:癸 那音
どうも。
すとむみずみです。
よろしくお願いいたします。
「――……もしもし、ユウ?」
「なに、ケン? どしたのこんな時間に」
「いや、用というか、……声を聞きたくてさ」
「……?」
「い、いや、なんでもないんだ。気にすんな。おやすみ」
「うん、おやすみ」

 ほんとにわからない。まさに『声が聞きたくなった』んだ。なんでだろ。
 (うん、しょうがない。ユウの声は安心するんだ。なんか最近ユウに甘えてるな。ま、恋人だし、いいよな。)
 そんなことを考えながらケータイ待ち受け――ユウの顔写真を見てると、あることに気がついた。
 明日、ホワイトデーだ。

 いや、まったく考えてなかった訳じゃないけど、いよいよ明日か。完全にノープランだ。ユウになにを返すかな。
 ――お菓子は、ユウがつくった方がうまいよな。
 ――デートするか。いや、どっちにしろ明日は今月14回目のデートの予定がある。被るのはよくないな。
 ――無難にプレゼントか。なににするか悩むよな。ユウの好きそうなモノはだいたいわかるけど、ありすぎて迷うよな。いや、貯金全部遣ってできるだけ買うか。

 鳥のさえずりがきこえる。窓から日差しがさす。今日はホワイトデー、だ。
『ケーン!!』
 急にユウの声がした。俺のケータイからだ。
 俺は、もう少し聞きたいなと思いながら、待たせちゃいけないとケータイをとった。
「もしもし、ケン?」
「おおユウ、どうした?」
「ねえケン、これから予定ある?」
「いや、特には……」
「じゃあさ、僕の部屋に遊びにおいでよ」
 俺の方から行きたいって言うつもりだったんだけどな。
「わかった。今から行くよ」
「はーい、すぐ来てね」
 通話終了。
 俺は簡単に支度をして、我が家の向かい、ユウの家へと向かった。

 ユウの家に着くと、さっそくユウが迎えてくれた。
「ケン、はいってはいって」
「ああ、お邪魔しまーす」
 玄関にいたユウママにひとこと。
「毎日毎日すみません」
「いいのよ、ケンは息子みたいなもんだから」
 この前から、この人も俺をケンと呼ぶ。
「じゃあケン、僕の部屋に行こ」
 俺はユウに誘われるまま二階へ上がった。ユウママはずっとニヤニヤしていた。

 ユウの部屋に入り、ドアも閉めないまま話を始めた。
「ユウ」
「なに? ケン、どしたの」
「おれ、チョコのお返しのモノ、用意してないんだ。ごめん」
「いいよいいよ、気にしないで」
「でもっ!!」
「……?」
「かわりのプレゼント、用意してるから」
「なになに? ケン、おしえ……!!」
 俺は、目を輝かせるユウの唇を、唇で塞いだ。
「………」
「………!?」
 キスなんて初めてだから、どのくらい長く続ければいいかわからない。
 で、多分すごく長い時間キスしてたと思う。
「あら、まあ。ふふふ」
 ――!! 部屋の入り口から聞き覚えのある声がする。
 そこにいたのは、ユウママだった。

 俺とユウは、ドアを閉め忘れたことをひどく後悔したのだった。
読んでいただきありがとうございました。
感想、アドバイス等々遠慮なく。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ