挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

パシャ!

作者:伽倶夜咲良
挿絵(By みてみん)

「こっちだよ、こっち、こっち……ミオちゃん……こっちだよー」
 ――パシャ!

 パパが私の横で、娘に向かって呼びかける。
 娘の名前は夢桜みお。私たちの初めての子供。生後八ヶ月になったばかり。
 私は、デジタル一眼レフカメラを構えてファインダーをのぞき込む。
 最近、ハイハイを覚えたばかりで、その様子をカメラで撮そうとしているところなのだ。
 パパは、掌を軽く合わせるようにパチパチと両手を叩きながら、夢桜の気を引こうとしているのだが、その必死な感じが、なんだか面白くて、ついつい顔がにやけてしまう。

「パパ、必死すぎぃ……ほんと、キャラ変わったよねー」
「うるさいなー」

 元々無口で、必要なことしか喋らないような人だったのに、夢桜のことになると、いつもこんな感じで、何をするにも夢中になってしまう。

 パパが続けて言う。
「ミオがハイハイしてるところ撮りたいって言うから……呼んであげないと、どっち向いて行くかわかんないだろ?」
「そうね。そうだよね……うふふ……ありがと」

 一方、夢桜の方はといえば、右手と左手を、突っ張るようにして交互に前に出しながら、よたよたとこちらに少しずつ近づいて来ていたのだが、急に、今まで身体を支えていた腕を伸ばして、お腹をぺたっと床に付けてしまった。

「あっ!」

 急に倒れたことにビックリして、私は思わず声を出してしまった。
そして、ファインダーから顔を外して、夢桜を見てみると、パパがもう、夢桜の元へ寄り添っていた。

「ミオちゃん、大丈夫?どうしたの、疲れちゃったのかなー」

 パパがそう話しかけながら、手足を伸ばして床にくっついている夢桜を抱き起こそうとしていたが、夢桜は、パパの手を避けるようにジタバタと手足をバタつかせながら、キャッキャと笑っている。

 ハイハイに飽きちゃったのか、『パパの言いなりにはならないぞ』と、パパをからかって楽しんでいるのか……たぶん、後者。

「もう、パパが遊ばれてるじゃん」
「うるさいなー
そんなことないよねー、ミオちゃん」

 夢桜は、そんなパパの反応を見てるのか、見てないのか、ジタバタジタバタ、キャッキャキャッキャを繰り返して、抱き上げようとするパパをらせて楽しんでいる。

 このカメラを買ったのは、夢桜が生まれてすぐだった。
 この子の成長記録を残したくて、ちょっとお高い買い物ではあったけれど、ネットの情報を調べたりして買ったものだ。
 最初に撮影したのも、もちろん夢桜だ。
 自宅のベビーベッドで寝ている夢桜の寝顔を撮ったのだが、手ぶれとピンボケがひどくて情けない代物だった。写真を撮っている様子を横で見ていたパパにも、ずいぶんと突っ込まれてしまった。

「何だよ、これ!へったくそだなー」
「だって仕方ないじゃない、結構このカメラ重いんだもの。それに、一眼レフなんて、初めてなんだから」

 そんなことを言い合っていたが、それでも、その時の写真は今でも残してある。
 そんなひどい写真でも、夢桜と、パパと、私の、初めての記念だから。

「ママ、ミオのハイハイ、撮れたのか?」

 ちょっとだけ昔のことを思い出していた私に、パパが声をかけてきた。
 そう言えば、私たちが「パパ」「ママ」と、お互いのことを呼び合うようになったのはいつ頃からだっただろう。
 夢桜がまだ私のお腹の中にいて、少し動き始めた頃、二十三週目か四週目だったと思う。
 お腹に手を当てると、中でこの子が動いているのがわかるようになってきた頃。
 その頃までは、パパのことをまだ『ヒロくん』と名前で呼んでいた。
 ヒロくんが、私のお腹に優しく手を当てたり、耳を押しつけたりしながら、

「パパだよー、聞こえてるぅ?」

 なんて言いながら、お腹の中のこの子に話しかける時に、自分のことをパパと呼び始めたのが最初だった。
 まだ名前も決めていなかったこの子に、パパは毎日毎日、よく話しかけていた。
 そして、なんとなくパパにつられたのか、私も、お腹の中の夢桜に話しかける時には自分のことをママと呼ぶようになった。
 気がついたらいつの間にか、私たちがお互いに呼び合う時も、「パパ」「ママ」になっていた。
 ――これが、家族になるということなのかなぁ……などと思う。

「うん。ハイハイ撮れたよ、少しだけど。
パパが夢桜に遊ばれてるところはいっぱい撮れたんだけどね」
「なんだよー、それ」


********************


 夢桜の一歳の誕生日。今日も、私はカメラを構えている。

 目の前の、食卓代わりにしているローテーブルの上には、十二センチの苺のホールケーキが置かれている。
 ケーキ屋さんで予約しておいたものを、今日、パパが会社の帰りに引き取ってきてくれたものだ。
 一歳の子供でも食べられる『ファーストバースデー』用に作られた特別なケーキ。
 白いクリームでデコレーションされた上に、赤い苺がケーキの縁をなぞるようにピッチリと並べられている。
 その真ん中に、今立てたばかりの一本の小さなローソクがある。
 膝の上にちょこんと座っている夢桜をかばうような格好で、少し身体をひねりながら、そのローソクにパパがライターで火をつけた。

「じゃあ、いくよ」
 そう言って私は、壁に付いている部屋の照明のスイッチを切った。

 さぞ、綺麗な灯りだろうと想像しながら振り返って、ケーキの上のローソクの方に目をやった。
 ほんわりとした、柔らかいオレンジの灯りの向こうに、夢桜の顔が見えた……が、……一瞬、目をパチクリさせたかと思うと、次の瞬間、絶叫して泣き始めてしまった。
 これには、私もパパもビックリだ。

 私は、今消したばかりの照明のスイッチを慌てて入れ直し、パパは、アワアワしながら、突然泣き始めた膝の上の夢桜の顔を上からのぞき込んでいる。
 まさか、こんなに、絶叫して泣き始めるとは思ってもみなかった。
 これじゃ、お隣の部屋まで泣き声が聞こえちゃうよー……なんて思いが頭の隅を過ぎったが、今はそれよりも、夢桜を泣き止ませる事の方が先決だ。
 もう、ケーキのローソクどころじゃない。
 テーブルのところに戻ってすぐに、ローソクの火を吹き消した。
 首から下げたカメラの重さがいつもより重く感じる。

「ミオちゃん、どうしちゃったのかなぁ?こわかったのかなぁ?びっくりしちゃったのかなぁ?」

 パパが夢桜を自分の方に向かせて抱き上げ、さとすように話しかけているが一向に泣き止まない。
 私も夢桜とパパのそばに寄り添い、夢桜の背中をポンポンと軽く叩きながら、声をかける。

「夢桜ちゃん、ごめんねー。電気消しちゃったママが悪かったねぇ。ごめんねー。もう、大丈夫だから……大丈夫だよ、パパもママもそばにいるから、大丈夫だよー。泣きやんでねー」

 夢桜の瞳からは、大粒の涙が、いくつも、いくつもこぼれ落ちている。まん丸の透き通った水滴みたいな涙が、ふっくらとしたほっぺの上に溜まっていく。そのほっぺも、紅潮して赤くなっている。

 わぁ、これ本気泣きだぁ……大変だぁー
 そう思ったが、もっと大変だったのは夢桜の方だったんだなぁ、とすぐに思い直した。
 急に真っ暗になって、ロウソクの火だけが目の前にあったのだ。すごく怖かったに違いない。考えてみれば、こんな状況になったのは、夢桜にとっては初めてなのだ。
 目一杯泣き続けているせいで、息が苦しくなったのか、途中で一回泣き声が止んで、大きく息を吸い込んだが、落ち着いたらまた元と同じように泣き始めた。
 パパが夢桜に顔を近づけて、おかしな表情を作って『バー』をしている。
 私も、夢桜の気持ちを落ち着かせてなだめるように、何度も声をかける。

「夢桜ちゃん、今日は夢桜ちゃんのお誕生日なんだよ。お祝いするんだよ。だからね、泣き止んでニコッてしようね、ね!」

 そんなこんなで、しばらく大騒ぎをしていたが、泣き疲れたのか、気持ちが落ち着いたのか、なんとか夢桜さまが泣き止んでくれた。
 泣き止んではくれたものの、ちっちゃい顔は涙と鼻水と、よだれでぐちゃぐちゃだし、大声で泣いていたせいで、肩のところがまだひくひくしている。
 とりあえず、柔らかいタオルで、ぐちゃぐちゃの顔を拭いてあげて、パパの膝の上で座り直すことができた。

「なんか、かわいそうなことしちゃったね。せっかく、お誕生日だったのに……」
「まあ、仕方ないよ。まさか、あんなに大泣きするとは俺も思わなかったし……ミオのご機嫌も直ったし……写真、撮るんだろ?」
 落ち込んでいる私を、夢桜を乗せた膝を上下に揺すりながらパパが慰めてくれた。

「うん」

 パパの言葉に促されて、頷きながら私はため息のように大きく息を吐き出した。
 気を取り直して私は、首から下げたカメラを両手で構え、ケーキと、夢桜と、パパを一つのフレームに収めてシャッターを押した。
――パシャ!
 暗い部屋でもきれいに写真を撮る方法、調べて勉強してたのに……その技を使うのは、また今度だなぁ。夢桜がもう少し大きくなってから……
 そんなことを考えながら、回り込んだり、構図を変えながら、何度かシャッターを押す。
――パシャ!
――パシャ!

「そろそろ、ママも座ってお祝いしよう」
「うん。今、ケーキ切るね」


********************


 今日は、夢桜が一人で歩けるようになって初めてのお散歩だ。
 パパの両親が贈ってくれた小さな靴を夢桜に履かせていると、パパがじっとこちらを見ているのに気がついた。

「どうしたの?いっしょに、お散歩行く?」
 なんとなく、一緒に行きたそうな顔に見えたので、そう声をかけてみた。

「行くのって、そこの公園だろ?」
「そうだよ」
「あそこの公園、小さい子供連れのママさんばっかりだろ?俺がのこのこ付いていったら、男俺一人で、なんか浮いちゃうんじゃないかと思ってさ……」
「え!?何それ。そんなこと気にしてたんだ。誰もそんなの気にしないよ」
「うーん、そうかなー」
「もー、そんな、つまんないこと考えてるぐらいなら、行きましょ!天気だって良いんだから。
そうだ、パパがいっしょに来てくれたら夢桜の写真もゆっくり撮れるから、行きましょ。夢桜の手放すとあぶないから、今日は写真、諦めてたのよ。丁度いいわ」
「そうかぁ?」

 出かけに、そんなどうでもいいような、やりとりをしていたが、外に出てみると春のうららかな陽気に相応しい快晴だった。
 どこまでも澄み渡った青い空。濃い紺色と、透明感のある青がところどころにグラーデーションを作って広がっている。春の風に流されたのか、雲はどこにも見えない。春のさらりとした空気が気持ちいい。

「ね。来てよかったでしょ?」
「そうだな。散歩するには最高の日だな」

 夢桜とパパと私、三人で来たのは、うちの近所にある公園だった。
 この公園は、元々神社の境内だったところを開放して作られたらしい。
 そのせいなのか、敷地はそれほど広くはないが、公園の隅に、とても大きな一本の桜の木が立っていた。樹齢を重ねた歴史ある桜らしく、太い幹のまわりには高さ七、八十センチくらいの柵が設けられていて、桜の木には直接触れられないようになっている。
 その枝ぶりも、四方に広がりみごとなものだ。広がった枝の先には満開の花びらが咲き誇っている。
 公園内でのお花見は禁止されているが、今日は最高のお花見日和だった。

「すごいね、ここの桜」
 桜の幹のすぐ近くまで来て、三人で上を見上げながらパパに話しかけた。

「ほんとだな。今日が一番のピークじゃないかな。来週になったら少し花が散っているだろうし」
「ここで写真撮りたい。夢桜を降ろして後ろから支えていてくれる?」
「ああ、いいよ」
 そう言いながら、パパは抱いていた夢桜を降ろして立たせ、背中の後ろへ回り込んだ。
 夢桜もやっと一人で立てるようにはなったが、まだおぼつかない。後ろから支えて上げないとすぐに倒れてしまいそうな感じで、少しふらついている。

 私は、そんな二人から離れて、カメラを構えて位置取りをした。
 少し前までは、こうしてカメラを構えるのも楽だったが、今の夢桜は自分で歩けるようになったのが嬉しくて、ふらつきながらも、ちょこちょこと動くので、それに合わせて私が後ろに下がったり、焦点距離を調整したりで、狙ったとおりに撮るのがだんだん難しくなってきていた。
 ――夢桜の成長に合わせて、私自身のカメラの技術も成長しないとなー
 そんなことを考えながら納得のいく構図を探っていた時、ファインダーの中でささやかな奇跡が起こった。

 少し強めの春の風が吹き抜け、地面に落ちて散らばっていた桜の花びらが舞い上がった。
 それと同時に、伸びた枝の先から、いくつもの花びらがひらりひらりと舞い落ちてくる。
 地上から舞い上がる花びらと、頭上から舞い落ちてくる花びらが、ちょうど夢桜の頭のあたりで交差する。
 小さなハートの形をした柔らかな花弁が、折り重なるように乱れ舞う。
 白よりもかすかに桃色。桃色よりもわずかに白色。そんな淡色あわいろの桜の花びらが上から下へ、左から右へと幾重にも重なり流れていく。
 まるで、春の風が桜の花びらをまとって吹き抜けたような、華やかな情景が繰り広げられた。
 そんな一瞬に巻き起こった奇跡の中で、こちらに向かって夢桜が微笑んでいる。
 本当に僅かな一瞬に起こったことではあったが、私がのぞくファインダーの中では、コマ送りの映像のように、ゆるやかにその瞬間は流れていった。

 ――あっ、今、私、幸せだ。

 シャッターを押すのと同時に、そんな一つの想いが私の中を駆け抜けて、胸の奥から暖かな体温にも似た温度がじわーっと込み上げてきた。

 ふと気がつくと、そんな瞬間の余韻に浸っていた私のすぐ前まで、夢桜が近づいてきていた。
 片足を踏み出す度に、身体が揺らいで危なっかしい。たぶん本人は余裕綽々(しゃくしゃく)でしっかりと歩いているつもりなのだろうけど、その後ろで、パパが両脇の下に手を添えて、触れるか触れないかぐらいの間隔を保ちながら、支えながら付いてきている。
 そんな光景がなんとも微笑ましくて、ついつい顔がにやけてしまう。

 私の目の前まで辿り着いた、夢桜の頭の上を見てみると、先ほど吹き抜けた風が落としていった小さな桜の花びらが一片乗っかっていた。
 親指と人差し指でその花びらをつまんで、夢桜の目の前に出して見せたが、おそらく何のことかはわかっていないのだろう。
 その花びらに夢桜が手を差し出してきたので、その手に持たせようと渡したが、うまく持てずにそのまま地面に落としてしまった。一瞬、落ちた花びらに視線を向けたが、特段の興味がなかったのかすぐに顔を上げて私の方に寄りかかってきた。
 慌てて、胸の前に下げていたカメラを後ろに回して、倒れかかるように寄りかかってきた夢桜を受け止めた。

 夢桜の体温が伝わってくる。ついさっき、私の胸の奥に沸き起こった暖かな温度とよく似ている。

「夢桜って、良い名前だよね」
 ふと思いついて、パパに話しかけた。

「どうしたんだ?いきなり」
「うん、なんとなくね。ここの桜の景色見てたらそう思ったの」
「そういえば、ママのところのお父さん、『俺が、良い名前をつけてやる』って、はりきってたよな」
「あぁ、そんなこともあったね。でも、それを押しとどめるの結構大変だったんだから」
「そうなんだ」
「『こいつらに任せてたら、どうせ訳のわからない、読めないような名前付けるに決まってる』とか言ってね。
お母さんが食い止めてくれたのよ。『今の子は、今の子らしい名前付けるんだから。あなたが出しゃばることじゃないのよ』って」
「でも、結局、夢桜ミオってつけたから、普通にはなかなか読めない名前だろ。お父さんに怒られるかと思ってたんだけど……なんとか大丈夫だったからほっとしたよ」
「大丈夫どころか、最初にこの子の顔見た時から、みおちゃん、みおちゃん、ってベタベタだったでしょ。そういうものなのよ、親って」
「まあ、一人娘が初めて産んだ子供だからな、なんとなくわかるよ、その気持ち」
「あなたも将来そんなふうになるの?」
「そ、そんなのわからないさ。大体、ミオが結婚して子供産むのなんて何十年先の話だよ」
「何十年っていうほど先じゃないと思うけど」
 ちょっと意地悪そうな口調で私がそう言うと、
「そんな先のこと、わかんないよねー、ミオちゃん」
 とか、言いながら、夢桜の頭を撫でているパパが、すねている子供のように見えて、また顔がにやけてしまう。

 ――『子供を産むと女は変わる』なんてよく言うけれど、男の人だって子供が出来るとずいぶんと変わるよね。パパを見てると、ほんとにそう思う。夢桜のことになると、だんだん子供っぽくなってる気がするんだけどなぁ。
 そうだ、これからは、パパの変わりっぷりの記録も残しておくことにしよう!

 ――パシャ!


********************


 このカメラも、もう三年かぁ。最近では慣れて大分使いこなせている気がする。
 今の最新機種だと、重さも軽くなっていたり、スマホと連携できたりするらしい……そういうのにも、ちょっと惹かれるところはあるけれど……やっぱり、このカメラは手放せない。
 それでも、いずれ壊れて買い換えする時も訪れるのだろうけど、たぶん、使えなくなってもこのカメラは捨てられないんだろうなぁ、きっと。
 手元のカメラを見ながら、ふとそんなことを考えていた。

 明日は、夢桜の幼稚園の入園式。
 また、たくさん写真を撮ることになるだろうと、メモリーカードの空き容量を増やすために、中に溜まったデータを、パソコンに移しているところだった。
 データを一通りパソコンに移し終わって、整理をしようとしていたのだが、ついつい以前に撮った写真にも目が行ってしまう。

 ――初めて撮った夢桜の寝顔。ピンボケがひどい写真。
 ――夢桜がやっとハイハイできるようになった頃の写真。パパとじゃれ合っている様子がなんだか嬉しかった。
 ――一歳の誕生日の写真。大泣きして大変だった。
 ――近くの公園に夢桜とパパと三人でお散歩に行った時の写真。桜の花がとても綺麗だった。

 どの写真を見ても、その時のことが鮮やかに思い浮かぶ。
 その時感じていた想いまでもが、胸の内に蘇る。
 たった一枚の写真。その中に切り取られた風景。止まった時間。
 だけど、私にとってはどれもかけがえのない大切なもの。
 どこの家庭にもあるような、代わり映えのしない、毎日繰り返されるその一瞬。
 おそらく、何もなければ、日常の中で忘れ去られていくものなのだろう。
 しかし、ここにある写真一枚、一枚には、その時の、その時だけのかけがえのない一瞬が、記録されめ置かれている。
 見れば、それだけで、その時の一瞬が思い起こされてくる。
 夢桜と、パパと、過ごしてきた時間の欠片がすべてここにある。
 パズルのピースを合わせるようにつなげれば、今日この日までの記憶が鮮明に紡ぎ出される。

 過去の写真を見ながら、そんな想いに耽っていたら、開いていたドアから夢桜が顔をのぞかせた。

「ママ、何してるの?」
「写真の整理をね……」

 夢桜も今では、よく喋る女の子に育ってくれた。
 私の話し相手にも十分なってくれる。
 というか、おしゃべりさんすぎて、私の方が疲れるぐらいなんだけど……
 こんなに、ちっちゃいのに、女の子はほんとにおませさんだなぁ、と思う。

「ママ、明日の入園式の準備出来てるのか?」
 今度は、パパが、夢桜の後ろから顔をのぞかせた。

 ――もう、親子そろって、一人でおとなしくしていられないのだろうか?

 などと思いながらも、ドアから重なって顔をのぞかせている二人に向かってカメラを構えた。
 私がのぞくファインダー。その中にはいつも、夢桜とパパの二人が居てくれる。
 これからも、こうして撮り続けていくのだろう。
 私の大切なものを。
 私の愛する者たちを。
 そして今日もシャッターを押す。

 ――パシャ!
本作をお読みくださり、ありがとうございます。

本作は、あらかじめ決められた「家族を思う気持ち」というテーマで書いた小説です。

他から与えられたテーマに沿って物語を考えて書くというのは、本当に難しいものですね。
テーマ在りきで書いたのは今回が初めてでしたが、かなり苦戦しました。

本作を書くにあたり、「家族を思う気持ち」って、何だろう?
ということをあらためて考えてみたのですが……
それって、特別に意識するようなものではなくて、何でもない日常のふとしたところに見え隠れしてるようなものではないかなと……

そんな風な考えに基づいて書いてみたのですが、特別な物語の無い、どこの家庭にもありそうな、ありふれたエピソードだけの小説になってしまいました。
正直、面白みのある作品ではないと思います。(^^;)

それでも、小説として何かしら感じ取って頂けた部分があれば良いのですが……。

このような愚作にお付き合い頂きました皆さまには、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。m(__)m

評価、感想、ご意見などいただけると、とても嬉しく思います。
また、今後の創作の参考にもさせていただきます。
これからも、よろしくお願いいたします。
◆↓ よろしければ、クリックで応援をお願いします。↓◆
小説家になろう 勝手にランキング
ツギクルバナー cont_access.php?citi_cont_id=539133119&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ