挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

貴大の日常編

60/300

貴大の日常編登場人物紹介

貴大の日常編 主要登場人物紹介

○佐山貴大(20歳)
 案外、何でも屋の仕事をきちんとこなしている主人公。そうでなければ「奮闘記」にはならないので、ユミエルさんの「激励」には街のみんなが感謝するところ。

 誰も知らないところでスゴイことや不思議体験をしているのだが、本人が言わないので(言うとしても、無口なユミエル相手なので)、特に「あの何でも屋は……」といった噂は広まったりはしない。

○アベル・クルトーニ(16歳)
 アベル。どうしようもないほどにアベル。

○謎の少女(10歳)
 最近元気がないというお兄さんのために、なけなしのお小遣いをはたいて、できるだけ効果が高い「ポーション」をフリーマーケットまで探しに来た少女。そのようなことを自発的にするだけあって、お兄さんのことが好きなようだ。

 果たして、お兄さんとは誰なのか。この少女は何者なのか。明かされるのはいつになるやら。

○モーリス・クライム(???)
 グランフェリア下級区のMAPで表示されない奇妙なエリア、「マネージ・ホーム」に一人住む謎の老人。貴大が、覚えのない五十一通目の手紙を届けに訪れた際に出会う。

 意味深な言葉を口にしたり、住んでいるところごと消えてしまったりと、どうにも妖しいお婆さん。

○エリック・フレサンジュ(28歳)
 上級区に住んではいるが、細々としたものは中級区の方が揃えやすいので、ちょくちょく大市場などに赴くことがある。やや癖っ毛な金髪と、子犬のような童顔で、市場のお姉さんやおばさんたちの秘かなアイドルとなっている。

 研究一筋の人生を送ってきたため、女性とはお付き合いしたことが無く、アダルト方面ではシャイで恥ずかしがり屋。貴大が持っていた「媚薬の香水」の材料だけで顔を真っ赤に染めてしまうほど。

○イヴェッタ・カルローニ(26歳)
 貴大とユミエルの恋路(?)を応援する、ご近所に住むお水系のお姉さん。実は淫魔族であり、同族と共同経営のセクシーパブ「黒揚羽」にて、中級区を中心としたおじさま方の人気をかっさらっている。

 ユミエルが突拍子もない誘惑をしているな、と思ったら、十中八九この人のせい。残りの一二は某耳年増妖精のせい。

mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ