挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

図書館の魔女編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/315

図書館の魔女編登場人物

図書館の魔女編 主要登場人物

佐山貴大さやまたかひろ(20歳)
 ある休日に図書館に行き、フランソワの目を逃れるために地下階の「立ち入り禁止区画」へ侵入する。そこで、お化け……もとい、エルゥとばったり出くわす。

 貴大の持つ「アートウィキ」を読ませてくれるのなら、助手という形で雇って楽させてくれるという甘い話にほいほい釣られて、図書館通いをすることに。

 今にも死にそうなエルゥの容姿に、ついついあれこれお節介をしてしまう


○エルゥ・ミル・ウルル(27歳)
 グランフェリア王立図書館の地下階の深部に潜む図書館の主。伸ばし切りでバサバサの真っ黒な髪の間から、黒いフレームの眼鏡が覗くホラーチックな外見。エルフ種らしくすらりと伸びた体躯(173cm)で美形なのだが、お手入れをしていないためにとても残念な外見に。

 本の虫であり、いずれは「アートウィキ」と呼ばれるこの世の全てが書かれた本を読むのが夢。王立図書館では主に、古代語で書かれた書物の整理、復元、模写を行っている。

 ダメ人間なのだが、まさかの本章ヒロイン。

 地下室に籠っていた頃と、教師になった後では容姿が大きく異なる。イラストで具体的に示すと……。

 Before
挿絵(By みてみん)



 After
挿絵(By みてみん)


 なんということでしょう。

 劇的! ビフォアーアフター!!


○セリエ・ポルト(13歳)
 上級区の、王城に勤める役人の娘。小柄な体と、ふわふわした栗色の髪が相まって、栗鼠のような印象。女性司書たちのマスコット。

 大切に、大切に育てられ、「これ以上激しい戦闘なんてもっての外!」と、グランフェリア王立学園の初等部を卒業すると共に王立図書館に司書見習いとして奉公に出される。

 本人も、切った張ったの生活よりも、静かに本を読む方が性にあっているので、今の境遇には満足している。ただ、臆病なので、地下階での仕事は怖くて苦手。

 エルゥの元に通う貴大と何度か顔を合わせているうちに、段々と憧れを抱いていく。おそらく吊り橋効果……ではなく、貴大はまだ若いのに「立入禁止区画」の研究員の助手にまで抜擢されているため。

 ここまで要素が揃っていて、まさかの非ヒロイン。




本章をもって、物語を構成するキャラクターが出そろいました。

次章は、サブキャラ視点によるサイドストーリーです。

お楽しみに!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ