挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

????編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

291/300

平凡な少年

「ほら、もう起きないと遅刻するよ!」

 乱暴にドアを開ける音。耳に障るやかましい声。

 寝不足の人間にはつらい騒音に、どうしようもなく苛立ってくる。

「っせーな、部屋に入ってくんな!」

「あんたが一人で起きられたらそうするけど?」

「チッ……」

 ああ言えばこう言うとはこのことだ。いつもいつも似たようなことを言いやがって……人ができないと分かっていて言うから、なお悪質だ。余計な世話を焼くし、部屋に入るなと言っても聞かないし、母親ほど鬱陶しいヤツはいない。

「じゃあ、母さん行くからね? 朝ごはん、ちゃんと食べなさいよ?」

「分かってるって!」

 苛立ちから、つい怒鳴り声を上げてしまう。それに合わせて眠気が去り、それを確認した母さんは、にやりと笑って去って行った。

 何から何まで思惑通りってのが気に食わないが――起きないと遅刻するってのは本当だ。スマホを見ると、もうすぐ八時になろうとしている。このまま二度寝したい気分だが、そろそろ動かなくちゃいけない。

 でも、やっぱりだるい……。

「また野菜炒めかよ……」

 制服に着替えて居間に行くと、テーブルの上には父さんと母さんの『お残し』があった。大皿に盛られた野菜炒め、その残りに手をつけながら、俺は切実に思う。

「たまにはいいもん食わせろっての」

 米と野菜炒め、米と野菜炒め、米と野菜炒め。ローテーションでさえない我が家の食卓は、実に貧相である。あるのは肉が豚肉かソーセージかの違いだけだ。

「あーあ」

 たまらず、冷蔵庫から漬物や鮭フレークを取り出してご飯に乗せる。それでも満たされないフラストレーションは、自分では当然のものだと思っている。

「途中でパンでも買うかな……」

 ため息といっしょに漏れる独り言。代わり映えのしない朝飯に文句を言いながら、時計を見てはあわてて立ち上がる毎日。

 これが俺の――佐山貴大の日常だ。

 事件はない。イベントもない。穏やかな日々と言えば聞こえはいいが、代わりに刺激や驚きもない。毎日毎日、決まった時間に学校に行って、つまらない授業を受けて、部活もせずに帰ってくる。

 多分、これがずっと続くんだ。大学に入っても変わらない。大人になったら学校が会社に代わるだけで、死ぬまでずっとこの生活が続く。

 優介は人生をクソゲーだと言っていたけれど、本当にその通りだと思う。せめて夢中になれる何かが見つかればよかったが、自分から探すだけの積極性が俺にはなかった。

「はあ……」

 玄関で靴を履いていると、自然とため息が漏れる。

 伸ばした手にはブレザーの黒。足元にはズボンの黒。鬱々とする色は、まだまだ付き合わなくちゃいけないものだ。

「本当に、何なんだろうな」

 授業の意味のなさには、本当に嫌気がする。漢文だの物理だの、俺の人生には何の役にも立たないと思う。それでも学ばなくちゃいけない不条理に、ため息が増えるのも仕方のないことだ。

「あんなの覚えなくても働けるだろ……」

 本当にそう思う。だって、現に俺の知り合いは学校なんて通っちゃいない。それでも立派に働いているのだから偉いもんだ。

「なあ、ユミィ?」

 振り返って、そこに立つ少女に――。

 ――少女に――そこに、いるはずの――。

 ――――――――――――――――――。

 ――――――――――――――――誰に?

「……ん?」

 今、何を考えていたんだろう? それともボーっとしてたのか。

 よく分からないが、きっと寝不足のせいだと思う。どうせ一時間目は古文だ。そこで少し眠っておこう。

「んじゃ、行ってきます」

 いつもの癖で誰もいない家に声をかける。

 それから玄関のカギをかけて、学校に向かって出発して――。

 その間、ずっと、俺は誰かに見送られているような気がしていた。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ