挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

M.C編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

290/313

歪む世界

 かつて貴大はこの場所で、大切なものを失った。

 大切な仲間。世界と世界を繋げる門。共に帰ろうという約束。それを果たすための手段。

 その何もかもを失って、絶望に身をよじったのだ。泣き叫び、孤独に怯え、心を無くした日々のことは、今でも鮮明に思い出せる。

 だというのに――みんな消えてしまったと思ったのに――。

 無くしたすべてが目の前にあった。陰鬱とした曇り空の下、荒野の中心にはあの迷宮も、仲間たちの姿もあった。

 違いがあるとすれば、自分たちが向かい合っていることと――。

 かつて貴大がいた位置に、あの女がいることだった。

「いらっしゃい」

 にらみつける貴大に対し、女は優しく微笑みかけた。

「待っていたわ。ええ、ずっと長い間、貴方を待っていたの」

 あくまで友好的に、貴大たちを出迎える女。そこに敵意や害意はなく、彼女は心底嬉しそうに両手を広げている。その両脇に控える蓮次、優介も笑みをたたえ――。

「やあ、貴大」

「待ちくたびれたぞ?」

 歯が砕けそうだった。

 この状況下、よりにもよってこの場所で、あの二人があんな顔をするはずがない。

 蓮次とはここで殺し合った。支離滅裂な優介とも戦った。そのうえ、こんな茶番を演じさせるなんて――怒りで頭がどうにかなりそうだった。

「……お前のせいなんだな?」

「何がでしょう?」

「悪神。全部、全部、お前の仕業なんだな?」

 無理やり怒りを押し殺し、低い声でそう問いかける。

 そんな貴大に対し、女は――。

「ええ、そうです。四年前から今へと続く出来事は、すべて、私の手によるものです」

 あっけらかんと、そう答えた。

「自己紹介が遅れましたね? 私の名前はM.C。ご存知の通り、悪神です」

 声も出ない貴大に対し、悪神は朗々と語る。

「属性は水。司る状態異常は【衰弱】。【憤怒】のカーリーや【狂乱】のパラディスと違って、直接的な戦闘は不得手です」

 悪神はくすくすと笑い、

「もしも貴方たちがその気になったら、私、殺されてしまうかもしれませんね?」

 流し目で貴大、ルートゥー、メリッサを順に見る。

 その言葉の割には余裕のある彼女の態度に、貴大はますます苛立ちをつのらせる。

「なんでだよ」

「はい?」

「なんでその悪神が、俺たちにちょっかいをかけてんだ……!」

「ああ! それを聞きたかったのですね!」

 憎しみを込めてにらみつける貴大に対し、悪神の顔は晴れやかなものだった。

 パン! と両手を胸の前で合わせると、彼女は大事な秘密を打ち明けるように、嬉しそうな顔で言葉を紡ぐ。

「実はですね……私、ある時、気がついたのです」

「え?」

「こことは違う世界があることを。そして、そこに通じる穴があることを」

「……!」

 戸惑うルートゥーやメリッサとは違い、貴大はそれだけで多くを察した。

 こことは違う世界。そこに通じる穴。それはすなわち、貴大が元いた世界のことで、穴とはつまり、かつて挑んだ迷宮の――。

「ええ、そうです。あの門のことですよ」

 微笑む悪神。彼女の背後には、迷宮に続く扉があった。

「素晴らしいですね、貴方がたの世界は。魔素もないのに高度に発展し、科学の力で栄華を極めていました。初めてそれを見た時は、本当に驚いたものです」

「お前……」

「ああ! でも、誤解しないでくださいね? 世界間の穴はとても小さくて、不安定で、私が行き来出来るものではなかったのです。私に出来たことと言えば、ただずっと、貴方の世界を見ていることだけ――」

 少し寂しげにうつむく悪神。しかし、

「でも、ある日、変化がありました。偶然に偶然が重なって、あちらの世界からお客様が来てくれたんです」

「それって……!」

「いえ、違いますよ? もっとずっと前の話です。貴方の世界で言うところのVR技術……仮想現実に没入する術が確立し、それから少し経ってからのことですね」

 思い出すように頬に手を当て、少しうなずく悪神。

「あの時は驚きましたね。生き物や物質は通れないと思っていた穴が、まさか、精神だけなら通り抜けられるなんて!」

「精神だけ……?」

「ええ。仮想現実に没入する際、貴方がたはアバターに意識を移すでしょう? その意識、つまりは心が、ふとした弾みに穴を通って来るのです」

 そういうことかと貴大は思った。

 彼はVRゲームをプレイ中にこの世界に来た。悪神のいう心だけの状態で、異世界〈アース〉へとやってきたのだ。

 その心に、なぜアバターと同じ体が備わっていたのかは分からないが――おそらく、本当の体は、向こうの世界に残されているのだろう。

「心だけ、あるいは情報だけなら、穴を通れるみたいですね。それを知った私は、それはもう喜びました。あちらの世界の方々に、もっとこちらに来ていただけないかと研究に励みましたよ」

「え?」

「他に方法はないか。穴を広げられないか。こちらから働きかけは出来ないか。様々な手法を試してみました〈Another World Online〉もその成果なんですよ? 啓示という形で情報を伝え、こちらの世界に似た仮想現実を作らせました。すると、そこには穴が繋がりやすくなって――」

「ど、どういうことだ?」

「はい?」

「なんでそんなこと……?」

 途中から意味が分からなくなった。

 なぜ、悪神はそのようなことをするのか。なぜ、世界と世界を繋げようとするのか。

 そこにはどんな意図があるのだろう? まさか、向こうの世界を侵略しようとでも――。

「ああ、ええ、それはですね」

 疑問を浮かべる貴大。

 戸惑う彼に向かって悪神は、



「美味しかったからですよ」



「………………え?」



「美味しかったんです。異世界人の心、魂というものは、極上の美味でした」

「あ……え……?」

「とろけるような味でした! 最初にこの世界に迷い込んだのは、東条春歌ちゃんという女の子でした! 彼女の心は蜂蜜にも似て、もっとずっと上等な味でした」

「…………え」

「次にやってきたのは、赤井英次という男性でした。こちらは野趣あふれる味で、私の心を昂らせてくれました!」

「…………」

「みんな、みんな、美味しかった! 食べるほどに幸せを感じ、その味は私にもっと頑張ろう、もっと研究に励もうという力を与えてくれました」

「…………」

「この二人だって、とっても美味しかったんですよ? 若々しくて、元気いっぱいな味がして、食べ切ってしまうのが惜しいくらいで……」

「もういい」

「え?」

「もういいっつってんだ」

「ですが……」

「黙れよ!!!!」

 叩きつけるような声。

 それを発した貴大は、全身に怒気をみなぎらせ、腰の鞘からナイフを抜いた。

「事情が知りたくて聞いた俺が馬鹿だった。そんなことに興味を持ったのが間違いだった」

 ゆらりと腕を持ち上げて、刃先を悪神に向ける貴大。彼はわずかに腰を沈め、足に力を込めると、

「行くぞ。悪神討伐戦だ」

「うんっ!」

「ああっ!!」

 瞬間、貴大は放たれた矢のように、一直線に悪神に向かった。

 元々、それほど離れてはいないのだ。瞬く間に距離は詰められ、ナイフの刃は悪神の首元へと迫り――蓮次の剣によって弾かれた。

「駄目じゃないか、貴大。そんなことをしたら」

 いつの間に剣を抜いたのか、細身の〈ブレイブ・フェンサー〉は、貴大と悪神の間に立った。

「悪神なんてどうでもいいよ。俺と戦おう。刃を交わそう」

 そう言って繰り出す剣技、【ストロング・ブレイド】が地を割き、空を斬り、貴大を襲う。

 その威力、鋭さ、正確さ、どれを取っても人外の領域だ。並みの相手なら容易く両断され、貴大でさえも当たれば手足が飛ぶだろう。

 しかし、貴大の側も負けてはいない。人外という意味では、この場にいる誰もが、この少女には敵わなかった。

「愚か者がっ! 悪神に誑かされおって!!」

「ぐううっ!?」

 貴大の後ろから飛び出した少女。混沌龍の化身たるルートゥーは、その細い腕を横に振った。

 すると少女の腕は巨大な竜の尾へと変じ、彼女の前方を大きくなぎ払う。剣を立てて防御するも御しきれず、蓮次はたまらず荒野へと投げ出される。

「たかが悪神風情が、よくも調子に乗ってくれたものだっ! この蛮行、高くつくぞ!!」

 同レベルの剣士を払い除け、空中で仁王立ちになるルートゥー。牙を見せ、翼を生やし、尾を揺らす彼女こそ人外だ。

 龍の中の龍とも呼ばれる、強大無比なカオスドラゴン。今は竜人少女の姿を取ってはいるが、内包する力は悪神の比ではなく、積み重ねた経験もまさに人外の領域にあった。

「【毒】や【麻痺】を操るしか能のない偽神め……この世界から消え失せろっ!!」

 ルートゥーは大きく息を吸い込み、ブレスとして吐き出した。

 かつてイースィンド防衛隊に放った「手加減」とは比べ物にならない。吹きかけられた混沌龍の吐息は、大地を染め、悪神たちを呑み込んで、ごうごうと黒く燃え盛った。

 これこそが【混沌の炎】。魔王にも恐れられた灼熱のブレスは、かつて何柱もの悪神を滅ぼし、あるいは退けてきたものだ。

 そう、ルートゥーは経験則・・・として知っていた。神という名がついてはいるが、悪神とはただの魔物だということを。傷つきもすれば死にもする、脆弱な生き物だということを。

 だからこそ、探るような真似はせず、いきなりブレスを吐きかけたのだが――。

 しかし。

「……なに?」

 風に巻かれて炎が流れ、やがて視界も晴れる頃。

 ルートゥーの正面、迷宮の入り口付近には、依然として悪神が立っていた。

 変わらぬ微笑で、構えるようなこともせず、ただじっとルートゥーを見上げている。

「これは……」

 あり得ないことだ。あの悪神には、ブレスを防ぐ力はない。

 強力な魔導具も確認出来ない。そのような力の流れは感じない。

 だとすれば――。

「あいつの仕業か」

 視線を悪神から横に移す。

 そこではくせ毛の少年が杖を構え、何やらへらへらと笑っていた。

「どぉぉうだ?」

 優介。〈マジック・シューター〉の優介。

 彼はずれた眼鏡を直しつつ、得意げな顔でわめき散らした。

「通じるもんか! お前のことは研究したんだ! 【オーラコート】! 【サンクチュアリ】! お前のブレスは通じない!」

 飛び跳ね、拳を握り締め、あるいは杖を振り回し、優介は喜びを全身で表現する。

 かと思えば杖を肩に担ぎ、【スパイラル・レーザー】をデタラメに射出し始める。

「くっ! 狂人がっ!」

 さしものカオスドラゴンも、あれほどの魔法を受けて無傷とはいかない。

 渦巻く光線を飛んで避け、あるいは翼で軌道を逸らし、どうにか距離を詰めようとする。

 しかし、あの魔法使いの狙いは正確無比で、やがてルートゥーは真正面に捉えられ――。

「【ミラーコート】!」

 混沌龍を狙った光線は、鏡の膜によって弾かれ、消えた。

「アアアアッ!?」

 目を見開き、怒りを露わにして、杖を振り回す優介。

 彼の攻撃を防いだのは、人工聖女、メリッサだった。

「ダメ。傷つけさせない。みんなはわたしが守るから」

 淡い光を体に帯びて、それを守護の力として操るメリッサ。

 人工とはいえ聖女は聖女。その癒しの力、そして守護の力は、混沌龍に勝るとも劣らなかった。

「おまえーッ!!!! このチート野郎が!!!!」

 怒りに任せて、続けざまに魔法を放つ優介。

【フレイム・スフィア】。【アイシクル・フォール】。【サンダー・ブリッツ】。【アース・ブレイカー】。

 そのすべてが障壁に阻まれ、あるいは見えない手でかき消され、その効力を失っていく。

 人工聖女メリッサには、あらゆる魔法が通じない。少なくとも彼女が十全の状態では、優介の魔法はまるで意味をなさなかった。

「【レーザーレイン】!!!!」

「無駄だよ」

 優介のとっておき、光線を雨のように降らせる極大魔法も、傘を差すように防いでみせる。

 そしてそれは、彼女のみならず、仲間を守る盾にもなっていた。

「……くっ」

 不利を悟り、じりじりと後退する優介。

 そこに腕を押さえた蓮次が合流し、二人は悪神の両脇へと戻っていった。

 ――第一陣、三対三の攻防は、一方的な展開を見せた。

 前衛は龍の尾に吹き飛ばされ、後衛は力量差を思い知らされた。二人を従える悪神は一歩も動けず、戦いに介入することも出来ず、ただその場に立ち尽くしている。

 悪神? 状態異常を司る神?

 人間相手ならおよそ敵なし、勇者でなければ抗えない魔物も――。

 状態異常が通じない混沌龍。状態異常を防ぎ、癒しを与える聖女。彼女らが相手では分が悪い。

 加えてここには貴大もいるのだ。かつて蓮次を倒し、ルートゥーとも好勝負を演じた青年が、気力をみなぎらせて立っている。

 悪神側に、万に一つも勝ち目はなかった。何かを企んでいそうなそぶりを見せたが、小細工など通じない、圧倒的な力がここにはあった。

「覚悟しろよ」

 貴大は静かに告げた。

「お前の悪だくみも、ここで終わりだ」

 再びナイフを構える貴大。

 それを逃れる術は、悪神ごときにあるはずが――。



「ああ」

「なんて」

「なんて素敵なんでしょう!」



「っ!!」

 悪神の体から湧き上がるオーラ。

 それは霧のように広がって、周囲一帯を包み込んでいく。

 黒く霞む視界はどんどん不鮮明なものとなっていき、体からはゆっくりと力が抜けていき――。

「馬鹿な!」

 最初に、ルートゥーが声を上げた。

 あり得るはずのないことが起きた。かつて起り得なかったことが起きた。

 彼女を蝕む力の正体。それは状態異常【衰弱】。心身共に弱り果て、やがて立つこともままならなくなるこの症状は、【衰弱】の仕業に違いない。

 だが、それはあり得ない。【猛毒】も【狂乱】も、どんな状態異常も混沌龍には通じないのだ。【衰弱】も例外ではない。なのに、彼女はゆっくりと弱っていって――。

「【セイクリッド・ライト】!」

 素早く対応したのはメリッサだった。

 彼女はあらゆる状態異常を治し、しばらくの間、再発を防ぐスキルを使った。

 しかし――治らない。癒しの光は意味をなさず、黒い霧に遮られて消失する。

「そんな……!?」

 目の前の出来事が信じられず、再び、【セイクリッド・ライト】を唱えようとするメリッサ。しかし、それより早く【衰弱】は彼女の体を蝕んで、その体を倒れさせた。

「何が……!?」

 メリッサが倒れ、ルートゥーが膝をつき、辺りが薄闇に包まれる状況下で。

 貴大は、何が起きたのかを必死に考えていた。

(俺やルートゥー……老龍のじいさんが知らないスキルが……あったのか……?)

 違う。そんなはずはない。既存のスキルにそのようなものはない。

 千年を生きたルートゥーも、智龍と呼ばれた老龍も、「そんなものはない」と断言したのだ。悪神程度では、何度やっても、どうあがいても、混沌龍に勝つことは出来ない。よしんば力が底上げされたところで、覆せない「能力差」が両者の間にはあった。

 同じレベル、同じユニークモンスターとはいえ、悪神と混沌龍では格が違う。

 だからこそ少数精鋭、他の者たちに街と国との防衛を任せ、たった三人でここまで来たのだが――。

 甘かったのか? 【状態異常無効】を無効化する手段が――【セイクリッド・ライト】を打ち消す力が――あるはずがないと思い込んでいたことが――。

「うふふふふふふふふ……」

 やがて辺りが黒い濃霧に包まれた頃。

 倒れ伏した貴大たちの元に、ゆっくりと悪神が近づいてきた。

「残念でした。せっかく、元凶が目の前にいましたのにね?」

 サプライズパーティーを仕掛けた子どものように。

 秘密を打ち明ける恋人のように。

 悪神は紅い唇を歪め、くすくすと笑い声をもらし続ける。

「気概は見せていただきました。立派でしたよ。滑稽なほど立派でした」

「な、に……」

「素晴らしい迫力でした。昔の私なら、悲鳴を上げていたかもしれません」

「ぐ……」

「でも、もう、貴方は何も出来ない。このまま黙って、私に食べられてしまうのです」

「食べる……俺、を、食うのか……?」

「ええ、もちろんですとも! 美味しくいただかせてもらいます!」

 悪神は愉悦に満ちた顔で、下品に舌なめずりをしてみせた。

 それが本性であるかのように――赤い舌で、べろり、べろりと――。

「ああ、楽しみです。これで私はもっと強くなれる。もっともっと強くなれる」

「ど、うい、う」

「言ったでしょう? 心が力を与えてくれたと。活力がみなぎったと」

 悪神は天を仰ぎ、両手を広げた。

 霧の向こうで輝く太陽を見つめ、眩しそうに目を細めた。

「最初に異邦人の魂を食べた時、私は気がついたのです。異なる世界のものを我が身に取り込めば、『この世ならぬ者』になれると」

「…………それ、は」

「この世界のものであって、この世界のものではない。神の定めたルールから、逸脱することが出来たのです。まず最初に、レベルの上限がなくなりました。その次に、本来、この世界にはなかったスキルを覚えました」

「…………う」

「魂を取り込めば取り込むほどに、私は際限なく強くなれた。強くなるほどに自由になっていく心を感じられた」

「…………」

「今の私はレベル300。貴方よりも、あのドラゴンよりも、ずっとずっと強い。この世界の誰よりも、私は強く、大きく……そして、自由」

 その言葉を証明するように、悪神はその場でくるくると回った。

 踊るように、しかし、視線は貴大から外さず、彼女はステップを刻み――。

 そして、いよいよ貴大に手をかけた。

「貴方を食べれば、きっと、もっと強くなれるわ。もしかすると、この世界の外にも出られるかもしれない」

「や、めろ」

「どうなるのかしら? 考えただけで胸が高鳴るの。貴方の世界にも行ってみたい」

「やめろ……!」

「大丈夫。きっと痛くないわ。分からないけれど、多分、そうだと思うの」

「やめろォォォォォッ!!!!」

「じゃあ」



「いただきます」



 赤く、大きく、広がる口。

 それが貴大の、最後の――。


……………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・………………………………


 どこか遠くで音がする。

 聞き慣れたような、懐かしいような、奇妙な鐘の音が響く。

 同時に、誰かが俺の肩を揺さぶって――。

「おい、起きろよ。いつまで寝てんだ」

「む、あぁ……」

 いつの間に眠っていたのだろう。人気の失せた教室は夕焼けに照らされ、寝起きの目には痛いほど赤く染まっている。

(教室……か?)

 そうだ、ここは教室。明志高等学校の俺のクラスだ。

 目の前には親しい友人の姿がいた。少し天然パーマが入った黒髪の少年が、制服の上にまとった学校指定のコートを揺らし、俺を急かす。

「今日は≪Another World Online≫でカレー作って食おうぜ、って話だったろ? 早く帰ろうぜ」

「そう、だったな」

 そうだ。そうだった。仮想現実で食べるカレーの味はどんなものなのか、ここ一週間はそればかりを話していた。昨日の夜、やっとの思いでスパイス・ドレイクから『カレー粉』を作り出す最後の素材を入手したんだったな。

 うん、思い出してきた。今日は、いよいよそれを使ったカレーをみんなで食おうという話になったんだった。こんな所で寝てる場合じゃねえ! はよ帰らな。

 ――でも、少し引っかかる。

「なぁ、優介」

「ん? なんだ」

 向こうからだと逆光になるのか、少し眉を寄せ、目を細めてこちらを振り返る優介。その姿はいつも通りで、どこにも違和感はない。だとすると、原因はこいつではなく――。

「ゲームしてる場合じゃない……って、気がするんだけど」

「はぁ?」

 そう、そうだ。俺は眠る前、何か大事なことをしていたはずだ。先生の手伝いだったか、クラスメイトの頼まれごとか――いや、どれも違う。どうにも思い出せない。でも、確かに、何かの途中のはずなんだ。

 でも、優介はそれを笑って否定する。

「ははっ、お袋さんに叱られる夢でも見たのか? 期末試験はまだ先だぞ」

「夢……」

 そうかもしれない。夢の話を現実だと勘違いしていただけなんだ。そうだよ、あれは夢だ。

(……あれ?)

 肝心の夢の内容が、全く思い出せない。夢ってそういうもんだけど、今日はどうにも引っかかる。あれは何だったか、どういう夢だったのか――。

「おーい、貴大。帰るぞー!」

 ――そうだな、帰ろう。先に行った優介が呼んでいる。

 たかが夢だ。いつまでもこだわるもんじゃない。家に帰って、飯を食って、VRゲームをして寝よう。いつも通りだ。

 退屈で、たまに楽しくて、変わり映えのしない。

 俺の日常に、事件なんて起こるはずがない。

 いつも通りの帰り道、夕暮れの街を、俺と優介はおしゃべりをしながら帰っていった。









 ここが

    幸せな世界

         ずっと続く

              あなたの現実

mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ