挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

M.C編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

289/315

意思と決意

「こ、このぉー! 近寄ると酷いんだからね!」

「がうううううっ!」

 大衆食堂〈まんぷく亭〉。その裏手から少し離れたゴミ捨て場で、二人の少女が男を威嚇していた。

「そういうなよ……つれないぜ……へ、へへ」

 胡乱な目をした男は、少女たちを袋小路に追い込むように、のたのたと歩いている。尋常ではないその様子に、クルミアは歯をむき出しにして唸り、カオルは箒を剣のように構えている。

 男の足元には、止めに入った常連客が倒れていた。恰幅のいい老人は、折れた足を押さえ、苦渋に顔を歪ませている。彼は元冒険者であり、酔漢、悪漢の類に後れを取るはずはないのだが――。

 腕利きの戦士には、決して見えない赤毛のチンピラ。冬空の下、シャツ一枚で寒がりもしない彼は、力も、様子も、常軌を逸していた。

「クルちゃん、ほ、ほら、逃げて! ほら、ピョンって跳んで!」

「で、でも……!」

 慌てるあまり、カオルには状況が見えていなかった。

 背の高い民家を、どうやって跳び越えるというのか。身体能力に優れた獣人であっても、無理なものは無理だ。それ以上に、カオル一人を置いて逃げられないと、幼いクルミアはその場でオロオロとしていた。

「いい『粉』があるんだ……分けてやるから、さぁ」

 そう言って男が差し出したのは、粒の荒さと、色の汚さが目立つ粉だった。いつか『アンダー・ザ・ローズ』が撒いた麻痺薬によく似たそれは、しかし、混ぜ物の方が多いのか、黄色くくすんで見える。

 小瓶から取り出し、震える手でそれを吸い込んだ男は、どろりと瞳を濁らせて――更に覚束ない足取りで少女たちに迫る。

「こ、来ないでってば! ……きゃっ!?」

 カオルが突き出した箒は、あっけなく握り潰された。

 箒の先端近くをつかみ、そのままボキリと折った男の手は、木片が食い込んで血が垂れている。だというのに、男はむしろ気持ちよさそうに目を細め、血まみれの手をカオルに向ける。

『どこだ、カオル! 裏手かーっ!?』

 悲鳴を聞きつけたのか、あるいは近所の住人が知らせたのか、まんぷく亭の中からはアカツキの声が聞こえる。

 頼れる父は、すぐに駆けつけてくれるだろう。だが、それよりも早く、男の手はカオルに届き――。

「ぎっ!」

 その肌に触れることなく、地面に落ちた。

「……ふー」

「タカヒロッ!」

 悪漢に代わって現れたのは、カオルとクルミアがよく知る青年。何でも屋の佐山貴大だった。

 突風のように駆けつけて、男の襟首をつかんで投げ飛ばした貴大は、額に浮かんだ汗をぬぐってカオルたちに目を向ける。

「大丈夫だったか?」

「タカヒロ~!」

 体は大きいけれど、本当は気弱なクルミアが、よたよたと近づいて貴大に抱きついた。クルミアを守るために武張っていたカオルも、折れた箒を落として、その場にぺたんと尻餅をついた。

「た、た、助かったよ~……ありがと、タカヒロ」

「ありがと、じゃねえよ。人目も警備も足りてねえんだから、外をうろちょろするなって」

「ごめん~」

 腰を抜かしたカオルと、貴大に抱きついてぐずっているクルミア。そして、白目をむいて伸びている男を見て、貴大は心をざわめかせた。

(騎士も冒険者も前線に出てる……でも)

 これは、おかしい。

 緊急時とはいえ、グランフェリアは腐ってもイースィンドの王都だ。街の治安は他の都市とは比較にならず、闇に潜んだ裏社会の者も、いくらか物分かりがいい。

 だというのに、ここ数日の騒動はどういうことなのか。魔物討伐に人手が割かれた瞬間に、無軌道に暴れる男たち。彼らに明確な目的はなく、本能をむき出しにした男たちは、街の各所でトラブルを起こしていた。

「ねえ、タカヒロ。これって『クーデター』ってやつなの?」

「ちげーよ。んなわけあるか」

 そうだ。グランフェリアの陰に根を張る者たちは、言うなれば『賢い寄生虫』だ。富に吸い付くことはあれ、宿主を殺すほど愚かではない。大国を乗っ取るのではなく、寄生する方が美味しい汁が吸える。そのことは重々分かっているはずなのだ。

 だというのに、境界線を軽々と飛び越えてくるのはなぜか。何が彼らを狩り立てて、タガを外させるのか。

(……また『これ』か)

 気絶した男のそばに転がる小瓶を目に留め、貴大は苦々しげに舌打ちした。粗雑な麻薬に混ぜられた、純白の粉。この世ならぬ品と言われた薬品からは、悪神の匂いがすると老龍は言う。

 この混合薬が、人々の頭も心も痺れさせる一因となっている。この四日、貴大は薬品の回収に奔走していた。

「カオルー! 無事かっ!? 悪いやつぁどこだっ!?」

「わーっ!? お父さん、踏んでる踏んでる! 痴漢踏んでる!」

「わうーん!?」

 やがてアカツキが駆けつけて、路地裏は一気に騒がしくなる。後は彼に任せておけば、警邏隊を呼び、男を突き出してくれるだろう。

「ふぅ……」

 貴大は騒動に巻き込まれる前に、こっそりその場から離れていった。

 表通りに出たところで肩を落とし、小さくため息を吐き、そして――。

(……根元から断たなきゃ、ダメか)

 何かを決意して、東南の空を見つめていた。










 悪神の訪問から四日。イースィンドを、そして佐山貴大を取り巻く環境は、瞬く間に変わっていった。

「東部で冒険者たちが戦っていますね」

「南西では軍が魔物の迎撃に当たっています」

「北の海は静かなものです。でも、王家は警戒を怠っていないようですよ」

「そうか……」

 ルートゥーの屋敷の応接間には、壁際にシャドウ・ドラゴンたちがズラリと並んでいる。彼女らの報告を受けているのは、貴大を中心としたレベル250の猛者たちだ。

「人間たちだけで対処は可能か?」

「はい。包囲網のような形ですが、規模としては繁殖期の群れと変わりません。イースィンドほどの軍備とノウハウがあれば、問題ないかと」

「それなら任せておけばいい。我らの敵は悪神だ。雑魚ではない」

 そう言って鼻を鳴らすのは、腕を組んだルートゥーだ。縄張りを荒らされ、更には先手を打たれたのが気にくわないのか、顔をしかめて報告を聞いている。

 調査など必要ない。居場所が分かっているのなら、すぐに行こう、行って倒そう。そう気炎を上げる彼女を、薄桃色の聖女がたしなめる。

「ダメだよ。相手は一柱の神だよ? 侮っちゃいけないし、それに……」

 ちらりと、貴大の顔をうかがうメリッサ。彼女は言葉を選びながら、ルートゥーを何とかなだめようとする。

「タカヒロくんと同じくらい強い人が、二人もいるんだよ? だから……」

「むうう」

 逸る気持ちをどうにか押さえ、代わりにルートゥーはポッ、ポッ、と小さな炎を吐いた。

 それが燃え盛る業火に変わる前に、早く方針を決めなければならない。偵察に出たシャドウ・ドラゴンたちが帰ってきた今が、決断の時だった。

「……あそこにいるんだな?」

「はい。タカヒロ様に教えていただいた荒野に、地図にない地下迷宮ダンジョンが出来上がっていました」

「門番のように、入り口に二人の男性が立っていましたよ。戦士風の子と、魔法使い風の子。特徴も例の二人と合致します」

 悪神が言った『あの地』。全てが始まった寂寥の荒野に、三度みたび、地下迷宮が現れた。

 四年前、VRゲーム内で出現し、貴大たちを異世界へと引き込んだ。二年前、元の世界へ戻ろうと死力を尽くした〈フリーライフ〉のメンバーを引き裂いた。そして今、あの迷宮で悪神が待ち構えている。かつて別れた仲間たちと共に――。

「分かった。行こう」

「おおっ!」

 意を決し、立ち上がった貴大に飛びついたのは、鬱憤が溜まっていたルートゥーだ。こそこそ動く薄汚い悪神を、渾身の力で叩き潰してやろう! 目で訴えかける混沌龍を抱え、貴大はメリッサに声をかけた。

「俺とルートゥーとメリッサ。悪神討伐はこの三人でやる」

「――うん、分かった」

 穏やかな表情。しかし、強い意志を宿した顔で、メリッサはゆっくりとうなずいた。

「悪神など鎧袖一触! 与する者は性根を叩き直してやろうぞ!」

 翼を広げたルートゥーは、待ってましたとばかりに破顔一笑し、強く貴大の手を引いた。

「王都はわしらが預かるよ」

「「「お任せください!」」」

 老龍はゆったりと構え、ずらりと並んだシャドウ・ドラゴンたちは胸を張る。留守は任せろと貴大たちを送り出す。そして、先ほどから部屋のすみに、うつむきがちに控えていた少女は、

「……お戻りになるのですよね?」

 どこか縋るような目を、貴大に向けた。

「ユミィ……」

 大丈夫だとは言えない。無事に戻れるとは自分でも思えない。

 長きに渡り暗躍していた相手だ。一重にも二重にも罠をしかけ、策にはめようとしてくるだろう。

 それでも自分のため、仲間のため、グランフェリアのため――何より、ユミエルのために、貴大は死力を尽くすつもりでいた。

「さっさと倒してくるからさ。飯でも用意しててくれ」

 あえて笑顔を見せたのは、強がりではなく、必ずそうするという決意表明だ。

 悪神という非日常を倒し、日常へと帰ってくる。その意思を込めて、貴大はユミエルの頭を優しく撫でた。

「……ご武運を」

「ああ!」

 袖を引くようなことはせず、ユミエルは貴大を送り出した。

 主人を見上げる目にあったのは、彼に対する信頼だ。貴大ならば、悪神ぐらい一蹴できる。それを信じての短い言葉だった。

「それじゃ、行くぞ!」

「おうっ!」

「うんっ!」

 ユミエルや老龍、シャドウ・ドラゴンたちに見送られ、貴大たちは王都を出た。

 三人が三人とも激戦の予感を覚えていたが、負ける気など更々なかった。この面子であれば、魔王だって倒してみせる。青年と混沌龍、人口聖女というちぐはぐなパーティーだったが、それが悪神に劣るとは、誰も考えていなかった。

 万難を排し、悪神を討伐してみせる。意気込む貴大たちの士気は高い。王都を離れてからはルートゥーの背に乗り、彼らは一路、荒野を目指した。

 いつか目指したその地へと。今なお禍根を残す迷宮へと。

 風を切って上空を進み、山や川を横切って、そして――。

 ついに、諸悪の根源と対峙した。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ