挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

M.C編

287/292

訪問者

 異変が始まる少し前。表面上は平和だった、二月のある夜のこと。

 何でも屋〈フリーライフ〉の店主、佐山貴大は、『非常識な』訪問客を迎え入れていた。

「はいはい、っと。今、明けますよー」

 時刻は21時。通りに並ぶ店舗は施錠して、固く扉を閉ざしている。もちろん、営業している訳がない。繁華街ならいざ知らず、住宅街で遅くまで開いている店などない。

 それを客の方も承知しているはずなのだが――フリーライフは何でも屋である。『何でも』の言葉に拠るものか、危急時の駆け込み寺に使われることもたまにある。夜分に叩き起こされた経験も、ないことはない。

 だから、貴大は「そういった手合いか」と考えて、素直にドアを開けたのだが――。

「ああ! 会いたかった!」

「……は?」

 わずかな隙間をこじ開けるように、一人の女が事務所に滑り込んできた。

「私、この時をずっとずっと、待っていました!」

「は、はあ」

 年のころは26歳、27歳ほどか。目をうるませた長身の女性は、長い黒髪を揺らしながら、興奮気味に貴大の手を取った。そのまま、勢いよく手を上下に振られて――貴大は、目を白黒させる。

「あの~……」

「はい」

「ど、どちらさまで?」

 やけに親しげな態度を取られたが、貴大の方は女に見覚えがない。柳を想わせる、すらりとした美しい女性。病的なまでに白い肌と、妖しく輝く紫色の瞳は、一度見たら忘れられそうにない。

 また、胸元を強調したナイトドレス――男を誘う蠱惑的な衣装は、娼婦のもののように見えるが、使われている生地は貴族顔負けの上物だ。

 見知らぬ、そして、出自、身分の想像がつかない女性。トラブルの予感を覚えながら、貴大はおずおずと問いかけた。お前は何者なのかと。一体、どこの誰なのだと。

 すると、女は心外そうな顔をして、

「……あっ、そ、そうでしたね」

 照れたように笑い、固く握っていた手を離した。

「すみません、私、嬉しくって。つい、一人で舞い上がってしまいました」

「いや、それはいいんですけど……俺たち、会ったことありましたっけ?」

「はい。お久しぶりです」

「ぅえっ!?」

 てっきり人違いか、女が一方的に知っているだけかと思っていた貴大は、彼女の言葉に声を上げて驚いた。会ったことはない――はずだ。なのに、女は妙に親しげな態度を取る。

 それに、お久しぶりだという言葉。これはもう、人違いや勘違いではないのだと判断し、貴大は早くも白旗を上げた。

「すみません、俺、全然分からなくて……どこで会いましたっけ?」

 着ている服や上品な所作から、やんごとなき身分であることは分かる。それを覚えていないなど、もしかすると無礼打ちにされるかもしれない。それでも記憶にないのだからしょうがないと、貴大は上目がちに女を見た。

 すると、彼の予想に反して、女は大らかに微笑み――。

「直接言葉を交わしたのは二回目ですね。でも、私、ずっと貴方を見ていました。ずっと、ずっと昔から」

「……昔?」

 となると、冒険者時代の知り合いか。いや、しかし、微塵も見覚えがないのはいくら何でもおかしい。これほどの美女、言葉を交わしたのならば印象に残るはずだ。

 ――それに、見ていた、とはどういうことか。

 深夜の訪問者の異常さに、ようやく警戒を始めた貴大に、女は顔をほころばせて甘い声で語る。

「私は知っています。貴方がもっとずっと幼かったころのことを。無軌道に、自由気ままに世界を駆けていたころのことを。まだ青くて、未熟で、子どもだったころの貴方を」

「お前……」

「ずっとずっと、見ていました。少しずつ、少しずつ、ゆっくりと成長していった貴方のことを。長い時と試練に磨かれ、大人になっていった貴方のすべてを」

「…………お前は」

「異世界からの来訪者。未来の萌芽。私の希望にして、世界を変え得る一人の異邦人。私は貴方の幸せと成長を、いつも祈り、願っていました」

「………………誰だ?」

 語られるごとに増していく違和感。

 この女とは、一体、どこで出会ったのか。彼女が言う『ずっと』とは、どこから始まる期間なのか。それに、異世界という決定的な単語を――どうしてこの女が知っているのか。

 誰にも話したことがない秘密。ずっと胸に秘めていたこと。それを共有するのは、貴大と親友たち、それと――。

「――言え。誰だ、お前?」

 暗がりから染み出すように現れたのは、ナイフを握った貴大の手だ。動いたことさえ知覚させない神速の暗技に、しかし、女は動じない。

「お前が……そうなのか? お前が……お前が……!」

 敵意と疑惑、そして警戒心に満ちた貴大を、女は親しげに見つめていた。まるで子の成長を喜ぶ親のように、優しく微笑み、生白い手を伸ばしてくる。

「っ!」

 素早くその場を飛び退いた貴大は、ナイフの刃先を女に向け、言外に警告を発する。凍てつくような殺気は、熟練の武芸者さえ竦ませたものだったが――それでも女は止まらない。

「私は嬉しい。その強靭な意志が嬉しい。ああ、もう一歩、更に一歩。踏み出せば、首筋を斬られそう。もしも私が敵だと知れば、貴方はすぐにも覚悟を決める。その真っ直ぐな心が嬉しいのです」

 聖母のように微笑みながら、両手を広げ、抱きしめるように近づく女。彼女の正体を確信しながらも、その目的が分からず、貴大はなおも問い質そうとしたが、

「……ご主人さま。お茶をお持ちしました」

 ガチャリと、背後からドアを開く音がした。

 貴大の後ろには、ティーセットをお盆に載せたユミエルが無表情に立っている。事情を知らず、危険地帯に迷い込んだ少女が――。

「――あら」

 微笑の女がユミエルを見とめる。

「そういえば、いましたね。この家には」

 彼女が笑みをそちらに向ける。穏やかなようで――虫にも似た、無機質な目をユミエルに向ける。そして、

「このような生物・・が」

 ぞっとするほど平坦な声が、ユミエルの耳に届くより先に、貴大は女を蹴り飛ばした。

「お前ぇぇぇぇぇぇぇえええええっ!!」

 事務所の壁を突き破り、女諸共、通りに転がり出た貴大は、握ったままのナイフを横薙ぎに振った。龍さえ倒すその一撃は、石畳をバターのように切り裂いたが、肝心の女にはかするだけで終わった。

 貴大は激昂していたが、致命傷を与えるつもりはなかった。彼女からは、まだ聞き出さねばならないことが山ほどある。声帯は傷つけず――代わりに、手足の一本や二本は奪おうとしたが、

「やはり、貴方は素晴らしい。よくぞここまで……」

 感極まった様子の女は、するりと貴大の手から逃れていた。

 それだけで、彼女が相当な実力者であることが分かる。人類としては極限の強さを誇る貴大の攻撃をいなせるのは、同じ高みにいる者だけだ。つまりはレベル250の――化け物。

 彼女は街灯の下、うっとりと目を細めながら、頬に出来た薄い切り傷に指を這わせている。とろりと流れる鮮血を指ですくい、それをぺろりと舐め、陶然と体を震わせている。

『なんだなんだ、喧嘩かぁ!?』

『ちょっとあんた! 見てきておくれよ!』

『ママー! すごい音がしたよー!』

 どこか超然とした女に怖気を震わせながらも、貴大は間髪入れずに斬りかかろうとしたが、通りに面した民家から聞こえてくる声に動きを止めた。

 見られたらまずい。能力を使う際、人目を気にするのは彼の習慣だった。しかし、それよりも、巻き込んではいけないという想いが勝った。

 化け物同士の戦いの場として、中級区の住宅街は脆すぎる。頑強な魔導レンガを積み上げていようとも、彼らにとっては砂の城のようなものだ。もしも二人が全力で戦えば、辺り一帯は崩壊するはず。

 ならば――!

「タカヒロッ! そいつだ! そいつが――!」

「分かってる!」

 貴大が決意を固めた瞬間、屋敷の窓を突き破ってルートゥーが飛び降りてくる。燃え盛る彼女の覇気を背中に感じながら、貴大はナイフを女に向けた。

「ルートゥー! ここじゃまずい! こいつを街の外まで連れ出すぞ!」

「ああっ!!」

 瞬時に貴大の意を汲み、ルートゥーは龍の翼を大きく広げる。被害が出るその前に、女を連れてグランフェリアを飛び出そうというのだ。貴大もすぐさま走り出そうと、足に力を込めた。

 しかし――。

「【ソウル・バインド】」

 次の瞬間、空間が静止した。

 住宅街からは一切の動きと音が無くなり、静寂がその場を支配する。呻き声さえ聞こえない住宅街の中で、黒髪の女がそっと開いた右手を突き出した。

「誤解しないで下さい」

 柔らかな声。包み込むような女の声は、貴大たちを諭すように発せられる。

「私は戦いに来たのではありません。告げに来たのです」

「な、にを……!?」

 よくもそんな口が聞けたものだと――貴大は叫ぼうとしたが、それは叶わぬことだった。やっとの思いで絞り出せたのは、短く、小さな疑問の声。それをすくい取るように受け止めた女は、真摯な態度でこう告げた。

「長きに渡る試練も、次で最後です」

「試練、だと……!?」

「そうです。試練。成長のための糧。降りかかる苦難。進化への道しるべにして、越えるべき壁。それらは貴方が通過してきたもの」

 何が、どれが、何のための試練なのか――戸惑う貴大を置いて、女は朗々と語る。

「これから最後の試練がこの国に振りかかります。耐えがたき絶望に、人々は嘆き、苦しみ、身をよじるでしょう」

 不吉な予言だった。理不尽な通告だった。しかし、女は愉悦を浮かべるでも、沈痛な顔をするでもなく、ただ、貴大を真っ直ぐに見つめている。

「それら全てを乗り越えて、あの地へ来なさい。全てが始まったあの地へと……私はそこで待っています」

 彼女の目に宿っていたのは、貴大への信頼。揺らぐことのない、一人の青年への想い。それを表明するかのように、女は、貴大へと語りかけ――。

「待っています。信じています。きっと貴方は高みに至るのだと。艱難辛苦に抗える存在なのだと。信じてずっと、待ち続けます。彼らと共に……」

 やがてふわりと浮き上がり、夜空に溶けて消えるまで、女は貴大に信頼を向けていた。それがどうにも解せず――貴大は街灯の下に立ち尽くしたまま、女が消えた場所をずっと見上げていた。

「……ご主人さま」

 どれくらい時間が経ったのか、気がつくと体は自由に動くようになっていた。周囲の民家からは困惑する人々の声が聞こえ、貴大の手は一人の少女に握られていた。

「……彼女は、一体」

 怯えを宿した目。不安そうに見上げてくるユミエルの手に、そっと手を重ねながら、貴大は――。

「ああ、あいつは……」

 疑問は増すばかりであったが、これだけは確信をもって言えた。

「そうだ。あれが悪神だ」

 うなずくルートゥー。彼女の言葉こそ真実だった。


cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ