挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

ユミエル編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

285/310

ユミエル編登場人物

ユミエル編 主要登場人物紹介

○佐山貴大(21歳)
 家庭をないがしろにする駄目亭主――もとい、事件の予感に動き回っている青年。 

 未だ姿を見せない(?)悪神に嫌な予感を覚え、いつでも即応出来るようにルートゥーやメリッサと打ち合わせをしていた。ただ、ここ半年ほど忙しくしていたため、なかなかユミエルとの時間が取れなかった。

 そのことを思い返すことで、家庭はユミエルに任せっぱなしだなと思い至り、肩代わりすることにしたのだが――結果はご覧の通りであった。


○ユミエル(15歳)
 亭主は元気で留守がいい、とご近所さんは言うけれど、放っておかれて少しだけ寂しかった妖精種の少女。

 妖精三姉妹から促されたこともあり、たまには積極的に貴大と交流を持とうとしたのだが――無言で迫るのはコミュニケーションとは言えませんよ! ユミエルさん!

 貴大もそうだが、まだまだ未熟なユミエルであった。


○妖精三姉妹
 以前、妖精王に「ヤバい。その国、きな臭い」と忠告されていたものの、まあ大丈夫でしょ! と能天気に遊んでいた妖精たち。

 妖精という特殊な立場から、あまり人の世界に関与することを禁じられているが、やはり「そんなの知ったことかー!」とユミエルに助言を送った。ただ、その後、妖精王からのおしおきに怯え、こそこそ逃げ回っていたとか。


○ヴィタメール・ウォルナット(44歳)
 中級区の住宅街で喫茶〈ノワゼット〉を営んでいる男性。

 貴大とユミエル、混沌龍に人工聖女、果ては隣国の王女ドロテアまで常連となっており、見る人が見れば〈ノワゼット〉は火薬庫のようにも見える。ただ、それを知ってか知らずか、ヴィタメールはいつも穏やかに微笑んでいる。


○エルゥ
 もはや日常風景の一部と化したエルフ変異体。

 王立図書館の地下は冷えるからって、フリーライフの炬燵を巣にするのは止めてください!



これにてヒロイン編は終了。

次からとうとう、最終章(前・後)が始まります。名残惜しい気もしますが、どうぞ最後までお楽しみくださいm(_ _)m
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ