挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

ユミエル編

283/291

絆とは!

 閑静な住宅街の中にひっそりと佇む、一軒の小ぢんまりとした店。

 ノワゼットという名の喫茶店に、ユミエルと妖精三姉妹の姿があった。

「ここね。わたしの行きつけなの」

 得意げなフェアは、内装の趣味の良さも、マスターの清潔な身なりも、店内に漂う紅茶の香りも、すべて自分の手柄であるかのように語る。

「マスターのお菓子はすっごく美味しいんだよ~」

「お茶もいいものがそろっています」

 続くピークとニースの言葉に、ユミエルはただうなずくだけだった。

 喫茶〈ノワゼット〉がいい店だということは、もちろん彼女も知っていた。何しろ、貴大や知人、友人に連れられて何度も訪れたのだ。お菓子やお茶の美味しさなど、言われるまでもないことだ。

「マスター、いつもの。彼女にも同じものをね」

 気取ったフェアが、ツンとすまして指を鳴らした。

 カウンターの中で食器を洗っていた壮年の男は、それを受けて、ただにこやかにうなずいた。もちろん、彼もユミエルが常連であることは知っているのだが――それを指摘しては、フェアが赤っ恥をかいてしまう。

 だからこそ、沈黙を選んだユミエルとヴィタメール。実に優しい世界であった。

「でさ、最近どうなの?」

 注文を終えたフェアが、突然、こう切り出してきた。

 マイペースな少女である。肝心な単語が抜け落ちている話に、当たり前であるが、ユミエルはついていけなかった。

「あいつとのことよ、あいつ。タカヒロとかいう、あのニンゲンとの話!」

 小首をかしげていたユミエルを、じれったそうにフェアが煽った。甘いものは好きだけど、それ以上におしゃれや『恋バナ』を好む彼女は、先ほどからそのことばかりが気になっていた。

「……ご主人さまとのこと、ですか?」

「そ~そ~」

「同居を始めて、もう三年が経ったのですよね? もちろん、進展があったと思いますが……どうなのでしょうか?」

 それぞれ違う個性を持っているように見えて、やはり似たもの姉妹ということなのだろうか。長姉に追従し、ユミエルをせっつき始めるニースとピーク。

 向かいから、また、隣からも顔を寄せられて、ユミエルは、

「……おかげさまで、平穏に暮らしております」

 感謝を込めて、妖精三姉妹に頭を下げた。

「「「……はああ~……!」」」

 期待に目を輝かせていた妖精たち。彼女らは一瞬、固まったかと思うと、ため息を吐きながらテーブルに突っ伏した。

「ちょっと、どういうことなのよ? なんで何も起きてないの?」

「あたしが聞きたいよ~」

「むう、憎からず想い合う二人だと思っていたのですが」

「あの男、枯れてんじゃないの?」

 額を突き合わせ、ごにょごにょと何かしら話し合う妖精たち。

 彼女らは一体、何が言いたいのだろうか? それがどうにもつかめなくて、ユミエルは黙って彼女らの動向を見守った。

「ねえ、聞きたいんだけどさ。ぶっちゃけ……や、やったの?」

「……やった? 何をですか?」

「だ、だからさあ! その……」

 頬を染めたフェアが、ユミエルの耳に何かしらを吹き込んだ。

 しばらく話を聞いていたかと思うと、ユミエルは合点がいったとばかりにうなずいて、

「……いえ、ご主人さまとはまだ閨を共にしておりません」

「わ~!?」

「ひえっ!?」

「ああああんたねえ、もうちょっと小さな声で……!」

 包み隠さず口にされた言葉に、妖精三姉妹はわたわたと慌て出した。

 ませているように見えて、その実、純情な彼女たちは、顔を真っ赤にしながら辺りを見回し、カウンターにも目を向けた。幸いにして、他に客の姿はなく、マスターも店の奥にいた。

 誰にも聞かれていなかった――はずだ。妖精三姉妹はほっと肩の力を抜いて、ユミエルをじっとりとにらみつけた。

「あんたも相変わらずねえ」

「ユミエルさん、デリケートな話題は、もう少しオブラートに包んでいただければ……」

「……はあ」

 たしなめる言葉に、ユミエルは曖昧に返事をする。

 この辺りの機微が、ユミエルにはよく分からない。ご近所の主婦たちは好んでする話題だし、淫魔のイヴェッタは笑顔で貴大との行為を勧めてくる。今は眉を寄せている妖精三姉妹も、話を振ったのはそもそも彼女らだというのに――。

 何が恥ずかしくて、何が恥ずかしくないのか。ユミエルにはまだ、難しいことだった。

「それにしても、まだだったのですね」

「わたしたち、会ってからもう一年は経ってるわよね? その間、何もなかったとか……もしかして、あいつのこと、嫌いなの?」

「……いえ、そのようなことは」

「だったら~、お兄ちゃんみたいで~、男としては見れないとか~?」

「……そのようなことはありませんよ。ご主人さまは立派な男性です」

 ユミエルの言葉をどう解釈したのか、また頬を染めて黄色い声を上げる妖精たち。彼女らは鼻息を荒くして、貴大とユミエルの生活を想像する。きゃいきゃいとはしゃぐ彼女らを見つめながら、ユミエルはいつも元気なものだと感心していた。

「お待たせしました。チョコナッツケーキと紅茶でございます」

 話に一段落ついたのを見計らって、ヴィタメールが注文された品をそっとテーブルに置いた。この時ばかりは妖精三姉妹も口を閉じ、背筋を伸ばしてお行儀よくしている。

「では、ごゆっくり」

 しかし、それも数分と持たなかった。ヴィタメールがその場を離れると、妖精たちはわっと歓声を上げ、甘いお菓子にフォークを伸ばす。

「やっぱチョコケーキはこの店ね」

「うんうん~。質のいいチョコレートを使ってるよ~」

「キャラメルコーティングされたナッツも憎いですね」

 口いっぱいにチョコナッツケーキを頬張りながら、妖精たちはなおもしゃべり続ける。色気も食い気も人一倍――というよりは、年相応なのだろう。ましてや彼女らは自由気ままな妖精、本能には忠実であった。

「それでさ、話は戻るんだけどさ、仲良くしなきゃダメよ、あんたたち」

 紅茶をぐいと飲み干して、フェアはユミエルを指差した。

「……なぜでしょうか?」

「なぜって、そりゃあ」

 不仲なつもりはなかったが、殊更仲良くするというのもおかしな話だ。

 強引に迫れば貴大が嫌がるということは、これまでの経験からユミエルは知っていた。そのようなことは、なるべく主人にはしたくない。一人の少女としても、また、メイドとしても、ユミエルは首を横に振ろうとしたが、

「ニンゲンのキズナってやつが大事なのよ。特に、今みたいな状況だとね」

「姉さん!」

 ピークの鋭い声に、ピタリと動きを止めた。

「その話、部外者には……!」

 ピークは険しい顔をして、フェアの肩に手をかけている。ピークも困ったように眉を落とし、ちらちらとユミエルをうかがっていた。そして、肝心のフェアは、迂闊だったとばかりに手で口を押さえていたが、

「いーじゃないの。これぐらいならヘーキよ、ヘーキ。教えてあげない方がどうかしてるわ」

 コバエを払うように手を振って、ユミエルに向き合った。

「いい? これからこの街を災厄が襲うわ。それはとっても恐ろしくて、常軌を逸した力なの。きっと嵐みたいに、何もかもをめちゃくちゃにするわ」

 フェアのこれほど真剣な表情を、ユミエルは今まで見たことがなかった。彼女の言わんとしていることは分からなかったが、きっと大事な話なのだと一言一句、聞き逃さないようにした。

「その時が来たら、手を離しちゃダメよ。縁やキズナを確かめて、決してそれを疑わないで。そうすればきっと、大丈夫」

 心からの忠告であった。今のユミエルには、それが分かった。ただ、あえてぼかして伝えられた話は、やはり理解が出来なかったが――。

「上が傍観者気取りの堅物だから、積極的に助けてあげることはできないけどさ。あんた、頑張りなさいよね」

 それきり、フェアは疲れたように後ろに倒れてしまった。背もたれに体重を預ける姉を見ながら、妹たちは「やれやれ」「あ~あ」と呆れた声を漏らしている。

 一体、何が問題だったのだろうか。今の話は、聞いてはいけないことだったのだろうか。ユミエルは反芻するように、フェアの話を何度も思い返す。

(街を襲う災厄。嵐のような災い)

 まさか。グランフェリアには極限の強さを持つ者が何人もいるのだ。

 彼らが対処出来ないことはない。ユミエルはそう信じているが――胸の奥から湧き上がる不安は何だろう。

(絆。ご主人さまとの絆)

 妖精は確かにそう言った。絆こそが肝要なのだと。それさえあれば、大丈夫なのだと。

 ならば、やはり何の心配もないではないか。この三年、培った絆は本物だとユミエルは思っている。今からどうこうするものではないと、そう思ったのだが、

(……そういえば、最近、二人でいる時間が減っていますね)

 そこまで考えて、はたと彼女は気がついた。

 貴大が忙しそうに飛び回っているせいもあるが、近ごろ、ゆっくりと話が出来ていないと。そうした時間があったとしても、ルートゥーを始めとする少女たちが間に入っていたのだと。

(……ふむ)

 焦燥感ではない。寂寥感でもない。

 ただ、自分は貴大の役に立っているのか、必要とされているのか。フェアの話を聞いたユミエルは、そのことがどうにも気になった。

cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ