挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

ユミエル編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

282/310

思わぬ再会

 よこしまなる神は数いれど、悪神ほど性質たちの悪い神はいない。

 彼らが司るのは状態異常。【怒り】、【混乱】、【毒】、【麻痺】、【魅了】。その他、様々な状態異常に合わせて、それぞれ一柱の神がいる。

 灼熱の悪神カーリーは、燃える【怒り】を【憤怒】に変えて、人々を闘争の渦へ引き込んでいく。

 汚泥の悪神オールド・ワンは、無限の【呪い】を【呪怨】に堕とし、人間の心も魂も汚染する。

 つい先日、勇者に討伐されたゲンドゥースなど、地上のあらゆる【毒】を含んだ【猛毒】を撒き散らし、大草原を荒野に変えた。

 歴史の陰に現れては、そのたびに悲劇を起こすと言われる悪神たち。彼らに共通するのは、強化された状態異常を操ること、そして、それは通常の手段では治す術がないということだ。

 その毒牙にかかったら、自決を選んだ方がいいとまで言われる恐怖の神々。悪神という存在に、いつの時代の人々も悩まされていた。

「悪神は厄介な輩じゃよ。隙を見せるべきではない」

「うん、そうだね。もしも【憤怒】や【狂乱】にかかったら、私でも治すのは難しいよ」

「混沌龍たる我にはそのようなもの、通じはせんが……人間には手に余る害毒だ。気を抜くではないぞ」

「そうだね。気をつけようね、タカヒロくん」

「あ、ああ」

 フリーライフの住居部分、そのリビングで、有力者による悪神対策会議が開かれていた。貴大、ルートゥー、メリッサ、老龍。いずれもレベル250という猛者たちは、炬燵を囲んで真剣な表情で話し合っている。

 ピリピリと張りつめた空気の中では、さしもの貴大も緊張した様子だ。額に汗を浮かべ、ゴクリと唾を呑み込んでいる。

「一対一でやり合ったら、ドラゴンと悪神、どちらが強いんですか?」

「我だな!」

「状況にもよるが、十中八九、勝てると思うよ」

「頼もしい! ね、タカヒロくん!」

「あ、ああ」

 強力な状態異常に頼る分、悪神は純粋な戦闘能力では龍に劣る。

 決して油断や増長ではなく、ルートゥーや老龍はやり合って勝てると確信していた。なにせ、長い人生の中で、悪神とは何度か戦ったことがあるのだ。そのすべてに勝利してきた経験者たちの言葉は重い。

 だというのに、貴大の表情は硬いままだ。一体、どうしたというのだろうか。心配になったメリッサとルートゥーが、彼の顔をのぞき込むと、

「……だー! べたべたくっつくなーっ!」

「「わーっ!?」」

 貴大は両腕を振り上げて、そこに抱きついていた少女たちを振り解いた。

 勢いに押されたメリッサとルートゥーは、ころころと畳の上を転がって、ぽすっと音を立てて壁にぶつかった。

「何をするのだ、酷いではないか」

「そうだよ、タカヒロくん。ちょっと痛かったよ」

 唇を尖らせた少女たちは、はいはいをしながら元の位置へと戻ってくる。

 すなわち、貴大の両隣へと――。

「なんでここなんだよ。両サイドが空いてるだろ」

「都会の寒さが骨身に凍みてな……人肌が恋しいのだ」

「ちゃんと暖房は効いていますぅーっ!」

 暖炉にくべられた薪を指差し、貴大はルートゥーを斜向かいへと押しやった。

「仲良きことは美しきかな、って言うよね?」

「過ぎたるは及ばざるがごとしとも言うぞ」

 すすす、とすり寄ってくるメリッサをくるりと回転させ、貴大はそっと彼女を遠ざけた。

「むー! けち臭いぞ、タカヒロ!」

「そうだよ。みんなで仲良くしようよ」

「あー、もー!」

 少女たちに抱きつかれ、もみくちゃにされる貴大。彼は真剣に悪神について話そうと思ったのに、一体、どうしてこうなるのか。ルートゥーはともかくとして、メリッサはここまで積極的だったか。

 いくつもの疑問を浮かべながら、貴大が何とか少女たちを引きはがそうとしていると、老龍が下世話な笑顔で――。

「『ハウトゥー48』が早速役立ちそうじゃの?」

「うるせえジジイ!!」

 鋭く放たれた丸い煎餅。それはチャクラムのように飛翔して、カッと高い音を立てて老龍の額に突き刺さった。





 貴大たちが悪神について話し合っている一方で、ユミエルはフリーライフの仕事を淡々とこなしていた。

 着るごとにくたびれる衣服。毎日、口にする食べ物。月々、持ち家にかかる資産税。そうしたものを賄うためには、労働に勤しみ、対価を得なければならない。

 しかし、店主である貴大は別件で忙しそうだ。彼がのっぴきならない事情を抱えているのであれば、自分がその分、頑張るべきだろう。

 恩返し、というわけではないが、ユミエルはいつにも増してやる気を見せていた。

「……お届け物です」

「ん? メイドさん? まあ、いいや。サイン、ここでいい?」

「……はい」

 郵便屋から回された荷物を、中級区でも入り組んだ地域へと運ぶ。

 高低差があり、路地が多い道を行き、とある一軒家に木箱を届けたユミエルは、受け取りのサインを確認した後、次の仕事場へと向かった。

(あと三件。期限に余裕はありますが……早めに済ませた方がいいですね)

 メモ帳をエプロンのポケットにしまったユミエルは、ちらりと空を見やり、歩調を早めた。

 急げば今日中に二件、いや、全部片付けられるかもしれない。なるべく手を空けておいた方が、明日の依頼も受けやすくなる。ユミエルは効率的なルートを頭に思い描き、ごみごみとした住宅街を抜け、

「きゃっ!?」

 そこで、出会い頭に誰かとぶつかってしまった。

「……申し訳ありません」

 先を急いだばかりに事故を起こすなど、まさに失態だ。

 ユミエルは無表情ながらも焦りを感じ、尻餅をついた少女に心配そうに手を差し伸べた。

「あんたねえ、どこに目ぇついてんの……って、あれ? ユミエル?」

「……?」

 年のころは十六、十七歳ほどだろうか。

 髪の毛にウェーブがかかった、やや吊り目の少女は、ぶつかった相手がユミエルだということに気がついて、気安げに笑いかけてきた。

「奇遇ね。なに、仕事中? あんたも大変よね」

 親しげな態度をされるも――ユミエルは、少女に見覚えがなかった。

 ユミエルは自分の容姿が特徴的だということを知っている。水色の髪、少し尖った耳、白い肌と小さな体。幻想的とも、気持ちが悪いとも言われる外見は、見間違われることがないと思っていたのだが、

「ねえ、せっかくだからさ。ちょっとお茶しない? ねえ、いいでしょ?」

 軽そうな少女は、明らかにユミエルをユミエルだと認識している。

(取引先のお嬢さまでしょうか?)

 いや、彼女もユミエルに負けず劣らず個性的な少女だ。

 特にミルクティーのような色の髪など、一度見たら忘れられそうにないものであり――。

「……もしかして、フェアさんですか?」

 まさか、そのようなはずがないと思いながらも、ユミエルには他に心当たりがなかった。

 気の強そうな顔。どこか幻想的な愛らしさ。そして、特徴的な髪の毛の色。体のサイズや細部こそ違うが、彼女は妖精三姉妹の長女、フェアなのではあるまいか。

「あんた、もしかして気づいてなかったの?」

 呆れたような少女の顔。どうやら、間違いなかったようだ。

「……申し訳ありません」

「まあ、この姿で会うのは初めてだからね。仕方ないって言えば、そうなのかも」

 素直な謝罪を受けて、少女は――人間に化けているフェアは、誤魔化すようにツンとそっぽを向いた。

「姉さんー! 姉さん、逸れないでください!」

「そうだよ~。せかせか歩かないで~」

 思わぬところでの、思わぬ人との再会。

 ユミエルが内心驚いていると、やはりというべきか、妖精三姉妹の次女と三女もやってきた。

「まったくもう、お菓子は逃げませんよ……って、あら?」

「ユミィちゃん~? あ、ユミィちゃんだ~」

 眼鏡をかけた理知的な少女と、幼さが残る柔らかな雰囲気の少女。

 フェアと同じく人間の大きさになってはいるが、彼女らは間違いなく、次女ピークと三女ニースだった。

「どうしてユミエルさんがここに?」

「フェアねえが呼んだの~?」

「違うわよ。今、ここでばったり出会ってね。あたしも驚いてたところなの」

 人間大になっても、三姉妹の姦しさは変わらない。いや、むしろ、増したというべきか、彼女らは合流した途端にわいわいと騒ぎ出す。

「久しぶり~。元気だった~?」

「その節はお世話になりました」

「ちょっと! 押さないでよ!」

 ユミエルの前で、騒々しくじゃれ合う妖精三姉妹。それを無表情に見つめながら、ユミエルは懐かしさを感じていた。

 思えば彼女らには世話になったものだ。貴大との関係に悩んでいた時はアドバイスをもらい、その他の悩みも聞いてもらった。あれはもう、一年も前の話だろうか。

(少し不義理でしたね)

 忙しさにかまけてフェアリーズ・ガーデンからは足が遠ざかっていたが、ここで会ったのも何かの縁だ。フェアが言うように、お茶を飲みに行き、そこで旧交を温めるのも悪くはない。

「……みなさん、これからどちらに?」

「ああ、それそれ! これからさぁ、お菓子が美味しい喫茶店に行くところだったのよ。もちろん、あんたも来るわよね?」

「ちょっと、姉さん! ユミエルさんにも都合があるのですよ!」

「でも~、美味しいものはいっしょに食べたいな~」

 やいのやいのと話し合う妖精三姉妹の勢いに、ユミエルは少しだけ目を見開いた。そして、こういう人たちだったなと、やはり懐かしく思いながら、

「……大丈夫です。是非、ご一緒させてください」

 と、こくりとうなずいた。




(貴大が段々、ヒモみたいに思えてきたぞ……)

彼の名誉のためにも、悪神討伐は急務である。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ