挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

メリッサ編

280/300

メリッサ編登場人物

メリッサ編 主要登場人物紹介

○佐山貴大(21歳)

 何だか最近きな臭くなってきて、悪神という単語をよく聞くようになって、どうにも落ち着かない主人公。事態の解決に向け、一つ一つ、疑問や違和感を解消していくことになる。

 手始めに、人工聖女様を捜して聖都までやってきた彼は、どう見ても人間止めちゃっている大司祭と対峙する。

 この時の心境は、

「モ●ボルみたいなジジイが何か言ってる……」

 という、葛藤もへったくれもない、身も蓋もないものだった。



○メリッサ・コルテーゼ(15歳)

 物語の裏で教会の暗部をぷちぷち潰していた人工聖女様。

 潰しても潰しても湧いて出てくる悪と腐敗に、人間と教会に対して失望しかけていた。それでも神を信じ、人を信じ、教会の浄化に努めていたが――最後の最後に救いの手が差し伸べられて、本当によかったと思っている。

 理解者がいる、助けてくれる人がいるということで、これ以後、徐々に精神的なゆとりを取り戻していく。やんちゃだった子どものころのように、貴大にちょっかいをかけるようになる。


○大司祭ゼルゼノン(94歳)

 教会暗部の大物。老衰し、とっくの昔にくたばっていたかと思いきや、魔物と合体して生き長らえていた。

 若いころから、世のため人のためではなく、教会の権威を保つために、やれることは何でもしてきた。人身売買、人体実験、人工聖女計画も彼の主導によるものである。

 自分こそが絶対正義、真実の神の徒であると確信している。ただ、自分に力を与えた神が教会の神とは違うということを、最後まで気づけなかった辺り、救いようがない。

 最期は貴大のナイフを受け、魔物として死んでいった。


○G・G・ユンバース(38歳)

 ゲオルグ・ガブリエル・ユンバース。

 聖都の北に位置する宿場町の憲兵隊長。怪しい者はネズミ一匹見逃さず、それでいて慈悲深い憲兵の鑑(自称)。

 大きな体に反して小心者であり、何か起きたら自分の責任になってしまうと考え、気絶していたこと、貴大のことを報告会で言わなかった。それが聖都やメリッサを救う一因になったのだから、すごいぞ! ユンバース!

 ……憲兵としてはどうかと思うが。


次回、満を持してのメインヒロイン章! お楽しみに!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ