挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

カオル編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

263/315

恋の花、咲きました?

 大晦日の夜は明け、晴れて新年を迎えた播磨国。

「あけましておめでとうございます」の言葉が通りに響く。

 城へと続く坂道を、紋付き袴の武士たちが連なるように登っていく。

 そして、城で働く下男下女たちは、日が昇る前から宴の準備に奔走していた。

「鯛は焼けたかーっ!?」

「はいー! 色よう焼けましたー!」

「お節の盛りつけはーっ!」

「できております! いつでも運べますー!」

「じゃあ、お弓ちゃん。これ、菖蒲の間に持ってって!」

「……はい」

 京で修業を積んだ料理人でもいるのか、はんなり言葉が混ざった怒号が轟く台所。

 もち米を入れた蒸籠はもうもうと湯気を立ち昇らせて、姫路城の台所は白くけぶって見えるほどだ。

 その中を多くの男女が行き交っている。つまみ食いに来たヒナゲシがちょこまかと駆け回っている。さり気なく下女に混ざって働いているのは、もしかしなくてもユミエルだ。

 混乱の中では誰も気づく者はなく、ユミエルは当然のような顔をして、お膳や徳利とっくりを運んでいた。

「あれ? ユミィのやつ、どこに行ったんだ?」

 台所が戦場と化した一方で、客間はいたって静かなものだった。

 昼前にようやく起き出した貴大は、布団に潜り込んでいたルートゥーを部屋の外へと蹴り出して、しわのついた寝間着をのそのそと脱ぎ捨てていた。

 寝ぼけながらも戻ってきたルートゥーをあやしながら、ジーパンとセーターというラフな格好に着替えた貴大は、さて、茶でも飲むかという段階でユミエルの姿がないことに気づいた。

「トイレか?」

 中途半端に開けられた襖の向こうには、丁寧に畳まれた布団が二組。

 ユミエルが片づけたであろう寝具からは、ほんの少しも温もりが感じられなかった。

 ――はて、こんな早くにユミエルはどこに消えたのだろうか?

 怪訝そうな顔をした貴大は、高く昇った太陽を見て、自分が寝過ぎていたことにようやく気がついた。

「寝正月だな……平日なら殺されているところだ」

 人の布団で二度寝を決め込んだルートゥーに苦笑しながら、貴大は緑茶を入れてゆっくりとすすった。

「タカヒロー……一人寝は切ないのだー……むにゃむにゃ」

「なんつー寝言だ」

 雅やかな寝間着をこれでもかと着崩したルートゥーは、シルクのパンツを丸出しにして、すかー、すかーと能天気な寝息を立てていた。

 それがどうにもおかしくて、貴大はちらりとのぞいていたルートゥーのお腹を、軽い調子でぽんと叩いた。





 すっかり目が覚めた貴大は、どこへ行くともなく城の廊下を歩いていた。

 朝飯を食べるには遅い時間だよなー、だとか、新年会は昼からだったかな、だとか、とりとめのないことを考えながら、貴大はぶらぶらと城内を散策する。

 今回で二度目の訪問であったが、日本の――いや、ジパングの城は貴大にとっては馴染みのないものであり、ただ見て回るだけでも彼はそれなりに楽しめていた。

「ここの隠し扉とか、忍者屋敷みてーだな」

 柱の一部分を外し、寄木細工のように残りの部分をスライドさせることにより、漆喰の壁が音もなく開いていく。

 現れた小部屋の奥に鎮座する金の仏像を興味深く見つめた後、貴大は慣れた手つきで柱のパーツを戻していった。

「いかんいかん。泥棒っぽかったな、今の俺」

 斥候職を極めた貴大は、意識せずとも罠や仕かけを見抜き、造作もなくこれを解除する。

 迷宮では重宝する能力だが――使い方を変えれば、人様の金庫や宝物庫さえ暴くことができる。

 我ながら手癖の悪いことだと笑いながら、貴大はまたふらふらと歩き始めた。

「ややっ。そこなお方は、もしや佐山殿ではありませぬか?」

「おお、本当だ。佐山殿。おうーい、佐山殿!」

 しばらく進んだところで、貴大は横手から声をかけられた。

 視線を向けると、そこには八人の男たちがいて、彼らは揃いの紋付き袴でめかし込んでいた。

「えっと、確か……播磨八将さん?」

「そうです、そうです」

「覚えていただけていたとは、光栄でございますな!」

 上は五十、六十の老人。下は二十歳そこそこの若者と、年齢だけがバラバラな男たち。

 播磨国で将を務める八人の武士たちは、親しげな笑みを顔に浮かべて貴大へと近づいていく。

「あけましておめでとうございます、佐山殿」

「岩庭家だけではなく、佐山殿まで揃うとは、めでとうございますなあ!」

「は、はあ」

 偉丈夫であるか、さもなくば達人か仙人か、という風貌の男たちは、やたらフレンドリーな態度で貴大を囲んでいく。

 その男臭さ、威圧感が苦手な貴大は、蛇に睨まれた蛙のように首をすくめて、曖昧な返事をするばかり。

「めでたいついでに、佐山殿とカオル様が結ばれれば、望外の喜びでありますなあ……」

「おや、大藤殿もそうお考えで? 奇遇ですなあ……」

「ねえ、お似合いですよねえ。佐山殿とカオル様……ふふふ」

(ひいい……!?)

 播磨八将は円陣を組んで、ゆったりと体を左右に揺らしながら貴大に微笑みかけた。

 気づく間もなく籠の鳥となった貴大は、ますます怯えて顔を青ざめさせていた。

 ――と、そこに。

「あら、皆さま。お揃いで」

「むうっ!?」

 播磨八将が、思わず唸るほどの美姫が現れた。

 椿油で整えられて、結われた黒髪が美しい。白い着物には赤い帯が巻かれ、裾に散らされた金銀紋様が美しい。薄く紅を塗られた唇は、見る者の心をハッとさせ、美姫へと視線を釘づけにした。

「え……? もしかして、カオル、か?」

「そうだよ、貴大」

 立ち尽くす貴大に流し目を送り、妖しく微笑んでみせた美姫の正体は、貴大もよく知る少女だった。

 カオル・ロックヤード。岩庭家の直系の姫でありながら、つい先日まで庶民として暮らしていた少女。

 素性が判明してからも変わりなく過ごしていたカオルが、どうしたことかお姫様と化している。

 その変わり身に、貴大と播磨八将は目を見開いて驚いていた。

「くすっ。どうしたんですか? そんなにぽかんと口を開いて」

「あっ! ああ、いやあ、その」

「カオル様、よく似合って……おりますぞ」

「ありがとうございます」

 百戦錬磨の老将さえも、事態を呑み込めずに言葉を詰まらせている。

 そうなってもおかしくないほどの変化が、カオルの身に起きていた。

「それでは、私は新年会の準備がありますので……また、後ほど」

「は、はい! また後ほど!」

 最後の最後まで、播磨八将は動揺したままだった。

「それじゃ、貴大。また後でね」

「あ、ああ」

 たおやかに手を振られた貴大も、カオルから目を離せずにいた。

 カカシのように立ち尽くす男たちに見送られ、美姫に変じたカオルは、上品な足つきで遠ざかっていく。

 背中に集まる視線を感じながら、カオルは楚々と微笑み、廊下の角をするりと曲がった。

 そして――。

「何と他愛のない。ふふふ……」

 妖艶な微笑を浮かべ、袖で口元を隠し、くすくすと笑いだした。

 その表情、その仕草は、昨晩、カオルが出会った狐耳の美女と同じもの――いや、奇妙なことに、寸分違わぬものだった。

「妖術を使うまでもない。男など、ほんの少しの色香に惑わされる。可愛いものよ、容易いことよ」

 瞳を紅く光らせて、カオルは大人びた表情を見せていた。

 何がそんなにおかしいのか、度々足を止めてはくすくすと笑い、赤い舌をちろりとのぞかせていた。

 そんな彼女を下男下女たちが見惚れては、仕事の手を止めていた。その様子を横目で見ながら、カオルは満足そうにまた笑う。

「みんな貴女に惹かれていますよ。どうです、気分がいいでしょう?」

 やがて、人気のない廊下に立ったカオルは、中空に向かって話しかける。

 そこには誰もいないはずなのだが――不思議と、カオルの耳に響く言葉があった。

(恥ずかしいよ……私の体、返してよー……)

 恨めし気なその声は、カオルと同じ声色だった。

 他の者には聞こえない声。脳内に直接語りかけてくる声に、カオルは――いや、カオルの体を乗っ取った者は、ゆるゆると首を振って答えた。

(嫌です。ふふ、目的を果たしていないのに体を返すなんて。それでは、何のためにとりついたのか分からないではありませんか)

(勝手な理屈だよ、それ……)

 頭の中で語らいあうのは、狐耳の美女と、普段着姿のカオルだ。

 お高くとまった美女――大妖『玉藻前』をじとりと見つめ、カオルは更に取りすがる。

(復讐だなんて、自分の体でやってよー……私を巻き込まないでー……)

(弥彦の孫、貴女の体を使うから面白いのですよ。ふふ、内側から侵食し、人や家を蝕む愉悦ときたら……一度味わえば、貴女もきっと病みつきになりますよ)

(嫌だよー……そんなの、悪趣味だってー……)

(嫌だ嫌だと言ったところで、貴女に抗う術はありません。ふふふ、さあ、いっしょに男たちをたぶらかしましょう。この身に溺れさせ、操り人形にするのです)

(そんな悪女みたいなこと、私の体じゃ無理だってー……)

 抗議することも疲れたのか、カオルは力ない声を出して玉藻前を止めようとする。

 しかし、狐の大妖は自信たっぷりに微笑んで、自分を卑下するカオルを励ました。

(貴女は姫としての素養を備えていますよ。大丈夫、きっとうまくいきます。心配することはありませんよ)

(うまくいっちゃダメでしょ……それに、さっきのタカヒロの顔、見たでしょ? 呆れてたよ……)

(あれは見惚れていた、というのです。貴女と私の美貌に、あの男も夢中でしたよ)

(そうかなあ?)

(そうですよ)

(そうかなあ……)

 自信なく呟くカオルとは裏腹に、彼女の体は鷹揚に構え、微笑んでいた。






「見たか、かつら。カオル様の、あのあでやかな姿を」

「おお、おお、見たとも。何という美しさ……若りし頃の薫様の生き写しよ」

「くっ……主君の筋にあたる姫に見惚れるとは、何たる不忠。この右近、一生の不覚でございます」

「いや、仕方がないことだ。磨けば光る方だと思うてはいたが、まさかこれほどとは。この私も不意を衝かれたぞ」

 さて、カオルと玉藻前が問答をしていた頃。

 廊下に残った播磨八将は、まだ蕩けた顔をして、我らが姫について話し合っていた。

「これはどういうことでしょうか?」

「岩庭の姫としての自覚が出たということか?」

「いや、そうなるまでの道筋が分かりません。それに、そういったこととはまた違う理由があるように思えます」

「では、何だというのか」

「少女から女になったかのようなあのご様子……もしや、カオル様は……」

「カオル様は……?」

「恋の花を、咲かせたのかと……!」

「「「おおお……!」」」

 どよめく播磨八将は、うかがうようにさり気なく廊下の角を見た。

 そこにはカオルの想い人であろう男が、呆けたように突っ立っている。

 彼もまた、あの艶姿に魅了されたのだな。播磨八将はそのように予想を立てたのだが――。

「あいつ……カオル……」

 肝心要、玉藻前に狙われた男は――。

「変なキノコでも食ったのか……?」

 カオルは気が触れたのかと、愛や恋とはほど遠いことを考えていた。




カオルは磨けば光る少女!

なのに、なぜ、こんなに不安な気持ちになるのだろう……。

次回、カオル編最終話! お楽しみに。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ