挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

カオル編

262/300

大晦日と狐の影と

 大晦日は身内だけで、楽しく、心穏やかに過ごすもの。

 戦乱絶えないジパングも、この日ばかりは平和に凪いでいた。

「ととさま、いつまでいられるの?」

「正月明けまでずっといるぞお」

「ほんと!? じゃあ、たこあげしよう!」

「あれあれ」

 兵農分離を是としている播磨国はりまのくにでは、かえって親に会えない子が多い。

 国境警備に魔物の討伐。国内各地を飛び回る武士は、盆や正月でなければ家に帰ることもままならない。

 その分、家族に会える喜びは一入ひとしおで、城下町のそこかしこからは楽しげな声が上がっていた。

「おおおお……! よく似合っております。よく似合っておりますぞおぉぉ……!」

 海に面した城下町、姫路の町を見下ろす城からも、歓喜の声が聞こえてくる。

「弥彦様、二人のカオル様、アカツキ様、スバル様、毛糸ケイト様、守雅モルガ様、雛罌粟ヒナゲシ様……ハレの着物が、よくお似合いでございます!」

 貴賓をもてなす白鳳の間。広々とした畳敷きの部屋では、和服を着た岩庭ロックヤード一家がずらりと並んでいた。

「くぅーっ!! 一時はお家断絶かと思われた岩庭家に、これほどの直系、親縁の方がいらっしゃったとは……! そして、揃って正月を迎えられるとは……! この佐平、感無量でございます!」

「うん、そうだな、佐平。私もそうだよ」

「おおおー……!」

 古くから岩庭家に仕えていた老臣が、涙を滂沱のごとく流しながら弥彦を見上げる。

 彼の感激、感動を受け止めて、弥彦は今までの苦労をねぎらうように大きくうなずいた。

 それでますます泣き崩れる佐平を見て、弥彦、薫の兄妹は優しげに彼の肩をさすった。

 大晦日に相応しい、温かな光景である。

 ――だが、弥彦の親類は、割と容赦がなかった。

「姉ちゃん、姉ちゃん。あのジジイ、目が逝っててこええよ」

「こらっ、ヒナゲシ!」

 思ったことを素直に口にする幼女は、いつだって自分の気持ちに正直だ。

 混沌龍に乗せられたことは『楽しかった』。

 はるか異郷、祖父の生まれ故郷は『潮臭い』。

 色鮮やかな振袖も、彼女にとっては『動きにくい』。

 脳と口とが直結しているヒナゲシは、播磨国のお偉いさんに、この上なく無礼なことを言い放った。

 しかし、感動に震える佐平は、その生意気な態度こそ嬉しいものだというように、小さなヒナゲシに手を伸ばす。

「おお、おお、雛罌粟ヒナゲシ様は先々代の奥方様に似ておりますな。この気丈そうな眉、清楚な鼻筋など、まさしくそのもので……」

「ぎゃーっ!? 放せ、ジジイー!」

 ひょいと抱き上げられたヒナゲシが、じたばたと短い手足を振り回した。

 その元気のよさに、老臣はしわだらけの顔をほころばせ、ほっほと笑い声を上げていた。






 さて、昼間はどこもにぎやかな大晦日ではあるが、日が暮れるにつれて町は静かになっていく。

 降り始めたぼた雪に吸い込まれるかのように、ざわめきは密やかに、歓声はいずこかへと遠ざかる。

 それでも、いくつもの灯りの元には、確かに多くの人がいる。親しい者で寄り集まって、行く年来る年を想っている。

 先ほどまで騒がしかった姫路の城も、今はすっかり落ち着いて、一家団欒で新年を迎えようと――。

「わははははははーっ!! 酒だーっ! もっと酒をもってこーい!!」

「がはははははーっ!!」

 ――例年通りなら、そうなるはずだった。

 一年を通じてにぎやかな姫路の城も、この日ばかりは静まり返る。

 城主とわずかな奉公人は、心静かにそばをすすって、新年の訪れをじっと待つ。

 この数十年はそうだったのだが――何と今年は、その城主が音頭を取って、やいのやいのと盛大な宴を開いていた。

「ささ、佐山殿もお飲みになって」

「おっとっとっと……いやあ、なんかすみません」

弓恵琉ユミエルさん、もうすぐお蕎麦が出来上がりますからね」

「……ありがとうございます」

 早くも新酒の樽をパカンと開けて、家族と国賓に酒を振る舞う老城主。

 岩庭薫は、新年よりも家族が揃ったことこそめでたいというように、手ずから酒を注いで回った。

「毛糸さんも、守雅さんも、遠慮はなさらないでくださいね」

「あははっ! らいじょうぶですよ、叔母さま! 飲んでまふ。飲んでまふよ!」

「す、すみません。ケイトちゃん、かぱかぱ飲んではすぐ酔っぱらっちゃうんです」

「うふふ、いいのですよ」

 ケイトはぐでんぐでんに酔っ払い、モルガに介抱されていた。

「うおお、美味え! マンモス美味え!!」

「……はふはふ、つるつる」

 ヒナゲシは握りばしでそばをかき込み、海老天の味に驚愕の声を上げた。

 その隣では、姿勢正しいユミエルが一心にそばをすすっている。

「飲め! ほらほら、もっと飲め!」

「おおう! 言われずとも!」

「俺ももうちょっと飲むかな」

 酒樽のそばに陣取ったルートゥーは升を振り上げ、巨漢のアカツキは負けじと杯をあおっている。

 その隙間を縫うように、貴大はちょこちょこと小走りに駆けては、自分が飲む分を確保していた。

 宴もたけなわ、白鳳の間は大いに盛り上がり、どんちゃん騒ぎはまだまだ終わりそうにない。

 主催者からして、上機嫌に呑兵衛どもを煽っているのだ。朝まで続くか、それとも酔い潰れるのが先か。混沌とする白鳳の間のすみへと逃げて、カオルと叔父のスバルは羽目を外した者たちを見つめていた。

「あーあー、もう。あんなにはしゃいじゃって」

「ははは……兄さんは相変わらず豪気だね。すっかり順応している」

「ルートゥーちゃんに運ばれている間は、悲鳴を上げて青ざめていたのに……」

「それは私も同じだよ。父さんからジパングの話は聞いていたし、正月にジパングに行くという話も聞いていたのだけれど……いざその時が来ても、まるで実感がない。夢でも見ているような気持ちだ」

「ですねえ」

 アカツキの弟、スバルは、兄と違って父親似だった。

 とうの昔に三十路を迎えたというのに、未だ美男で通じる若々しさは、弥彦に通じるものがある。

 ただ、大胆さ、豪胆さは兄に取られてしまったのか、スバルは少し弱々しいところがあった。

 カオルと並んで茶をすすっているスバルの姿は、季節外れのカゲロウのようにも見えた。

「スバル。カオル。もう茶だけでいいのかい?」

「ええ、父さん。十分にいただきました」

「私も。っていうか、見ているだけで胸焼けしそう」

 微笑みながら宴を見守っていた弥彦が、スバルとカオルに声をかけた。

 彼らに合わせて湯呑を持った弥彦は、わいわいと騒ぐ家族と恩人たちに目を向けて、すぐにスバルたちに視線を合わせた。

「にぎやかなのはいいことだ。アカツキたちが王都に行ってからは、静かな日が多かったからね」

「ええ、そうでしたね」

「へえ……」

 祖父や叔父のしみじみとした呟きに、カオルはそういえば、と思った。

 喧しいアカツキとケイトが出て行けば、ジパニア村のロックヤード家は火が消えたようになるはずだ。

 ヒナゲシはどこでも騒がしいが、夜は早々に眠ってしまうような子どもだ。きっと自分が考えた以上に、祖父たちは静かな夜を過ごしたのだとカオルは思った。

「まあ、今のうちに慣れておきなさい。明日は家臣がどっと押し寄せる。盛大な正月になること間違いなしだ」

「うわあ……ははは、それは覚悟をしなければなりませんね」

 今以上に盛大だということは、今年の秋、弥彦が帰ってきた時よりも多くの人でにぎわうということだ。

 押し寄せる人々、広間にずらりと並び、一斉に頭を下げる家臣たち。

 そういったものを前にして目を回した経験のあるカオルは、スバル以上に言葉をなくし、ほんの少しだけ苦々しい表情を見せた。

「ん? どうした?」

「ちょっとトイレ」

「ああ。分かった」

 話に一段落がついたところで、カオルはそっと立ち上がった。

 問いかける祖父に短い言葉を返し、隣の叔父に軽く会釈をして、カオルはふすまを開いて廊下に出た。

「ええっと、トイレは……」

 壁にかけられた蝋燭が、ぼうっと光って板張りの廊下を淡く照らしている。

 蝋燭の柔らかな光はふすまに描かれた古木や山河を微かに揺らし、まるで実物であるかのような錯覚をカオルに与えた。

「わ……」

 人気が失せた大晦日。

 背中に伝わる喧騒と、遠くの廊下を下男や下女が歩く音。

 それらをどこか遠くの世界の出来事のように聞きながら、カオルは夢見心地に廊下を歩く。

「綺麗……」

 薄暗い廊下を抜け、庭園に出たカオルは、思わず縁側に腰を下ろし、感嘆の吐息を漏らした。

 月明かりに照らされた枯山水。三方を白壁に囲まれた日本庭園は、カオルを幻想的な世界へと引き込んでいった。

「ふ……」

 言葉もなく、時おり、思い出したかのように息を吐き、カオルは呆けたように和風な光景に見入っていた。

 壁が白く、砂が白く、降り積もった雪が白い。

 どこまでも白い景色は、カオルの心さえ真っ白に染めていくようで、カオルの頭からは他の何もかもが消えていた。

(こんなところが、この世界にはあったんだなあ)

 極東の島国、ジパング。

 自分の生まれ故郷とは地続きでさえなく、しかし、血だけは繋がりのあるはるか異郷。

 祖父の出身地。そして、想い人の生まれた場所。

 様々な想いが入り混じって、カオルは日本庭園をいつまでも、いつまでも、飽きることなく見つめていた。

 ――と。

「このようなお庭は珍しいですか?」

「ふえっ!?」

 一体、いつからそこにいたのだろうか。

 カオルの隣には、目も眩まんばかりの美女が座っていた。

 色とりどりの生地を重ねた着物。薄い金色の髪の毛と、ルビーのように紅い瞳。

 ぴょんと尖った獣の耳と、何本ものぞくふさふさとした尻尾は、狐のそれと同じものだ。

 狐獣人のお姫様だろうか? ――でも、そんな人がどうして私の隣に? カオルは大いに戸惑っていた。

「あ、あれ? ええ?」

 目元に紅を塗った妖しの美女は、慌てふためくカオルの様子に、袖で口元を押さえてくすくすと笑った。

「播磨の姫様は親しみやすい方ですね。貴方の大叔母、薫様とは大違い」

「え、っと? 大叔母さんの知り合い、ですか?」

「ええ。薫様のことも、弥彦様のことも――よく存じておりますとも」

 楚々と微笑むたおやかな女性は、カオルの目を真っ直ぐに見つめていた。

 瞳の中へと吸い込まれそうな魅力は、カオルの知らないものだった。綺麗なだけではない。上品なだけではない。背筋をぞくりと震わせる妖しげな美貌は、カオルにはほんの少しもないものだった。

(綺麗な人だなあ……これぐらい綺麗だったら、私もモテてたのかな……)

「いえいえ。カオル様もお美しゅうございますよ」

「えっ!?」

 ぽうっと美女に見惚れていたカオルは、思わぬ言葉に飛び上がらんほどに驚いた。

「わ、私、声に出していました!?」

「いいえ。でも、あれほど熱の籠った視線を受ければ、心は読まずとも分かりますとも」 

「あ、あうぅ……」

 カオルは恥ずかしさで顔から火が出そうだった。

 見ず知らずの人に魅了され、我を忘れるほど見つめるなんて、生まれて初めての出来事だ。

 自分はさぞかし間抜けな顔をしていただろうなと考えて、カオルはますます顔を真っ赤にして、恥ずかしそうにうつむいた。

「でも、貴女みたな綺麗な人を見たのは、生まれて初めてだったので……ついつい、見ちゃいました! ごめんなさい……」

「いいのですよ。私もカオル様のことを見ていましたから」

「ええ?」

 今度は怪訝そうな顔をして、カオルは狐耳の美女を目を合わせる。

 ころころと変わるカオルの表情が面白いのか、それとも別の何かがあるのか、美女はまたくすくすと笑いながら、そっとカオルの手を取った。

「弥彦様の孫。岩庭の直系のお姫様。見目も悪くなく、磨けば光る美しさがあります」

「え、いや、そんな」

「申し分ありません。申し分ありませんとも」

 思ってもなかった賛美の言葉に、照れて頬を染めるカオル。

「……つっ!」

 彼女は手の甲に走った痛みに顔をしかめ、美女につかまれた手を振り解こうとする。

「えっ!?」

 しかし、動かない。

 万力で固定されたかのように、カオルの右手はぴくりとも動かず、美女の左手も動かない。

 月が雲に隠れ、辺りに闇が訪れる。それでも、狐耳の美女はぼうっと光り、彼女の美しさは陰ることがない。

「だ、れ……かぁ……!?」

 異常な事態に、カオルは大声を上げようとする。

 大声を上げて、祖父を、大叔母を、そして、貴大を呼ぼうとする。

「か……ぁ……」

 最早、声さえ出せなかった。

 紅い瞳に魅入られたカオルは、全身を硬直させて、ただ、美女が近づいてくるのを見ているしかなかった。

「申し分ありません。ふふふ……これなら……うふふ」

 眼球と眼球とで接吻をするかのように、ゆっくりと顔を近づける美女。

 カオルの視界いっぱいに、この世のものとは思えない美貌が広がっていき、

 そして――。







「ほんほほんほほーん」

 カオルが縁側に座ってしばらく。

 同じように尿意を催した貴大が、厠へ続く廊下を歩いていた。

「ああ、飲んだ、飲んだ……」

 それほど酒に強くない貴大は、すっかり酔いが体に回って、ふらつきながら廊下を進む。

「ああー、風が気持ちいいー……ん?」

 やがて庭園に面する廊下に出た時、貴大はカオルが縁側に座っていることに気がついた。

「あれ? カオル、何してんだ?」

 赤いメッシュの入った黒い髪。

 振袖姿ではあるが、特徴的なその髪の毛は、貴大がよく知る少女のものだった。

「ちょっと、ね。お庭が綺麗だったから、見ていたの」

「へー。まあ、確かに立派な庭だよな」

 振り返ったカオルが、柔らかく微笑んで、また庭園に目を向ける。

 彼女の視線を追うように、貴大も雪化粧の日本庭園を見つめていたが、

「んじゃ、俺、行くわ。トイレ、トイレ……」

「うん、行ってらっしゃい」

 ひゅうと吹いた寒風に、途端に尿意を思い出し、貴大は廊下の先へと歩いて行った。

 その後ろ姿に手を振りながら、カオルは楚々と微笑んだままで――。

「うふふ……」

 彼女の瞳が、一瞬、紅く染まっていた。

 同時に、カオルの顔に妖艶な微笑が浮かぶ。

 しかし、それを見た者は誰もおらず、誰も彼女の異変には気がつけなかった。



まさかのヒロイン乗っ取り!

カオルとキツネの力が合わさって無敵に見える(棒)

カオル編後半もお楽しみに!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ