挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

エルゥ編

260/300

エルゥ編登場人物

エルゥ編 主要登場人物紹介


○佐山貴大(21歳)

護衛の仕事でエルフの村を訪れた主人公。

泣き喚くエルフたちを見て、一人、申し訳なさを感じていた。

エルゥについては、よき友人――というより、腐れ縁のようなものだと思っている。

何だかんだで気安い関係を築いているが……そこに恋愛感情があるかどうかは定かではない。

ただ、家でエルゥがごろごろしていても「まあ、いいか」で済ます辺り、馴染んでいるとは言える。



○エルゥ・ミル・ウルル(28歳)

十年ぶりに里帰りした黒髪眼鏡エルフ。

エルフの常識から逸脱した存在は、両親からも突然変異種、取り替えっ子などと、散々な言われようだった。

恋愛感情を持ち合わせていないように見えるが、それは情緒面の発達が遅れているだけのようで、貴大のそばにいることで居心地のよさは感じているようだ。

ただ、そこに別の理由や理屈をつけて考える辺り、まだまだ春は遠いようである。

里帰り後、貴大との赤ちゃんのことを考えるようになる。

黒騎士の力とエルフの知恵が合わされば、勇者をも越える存在が作り出せるやも……。

テ●ーのワンダーランドじゃあないんですから、せめて相手の合意は得ましょう。でなけりゃ性犯罪ですよ、エルゥさん!



○ゼオルゥ・ミル・ウルル(59歳)

エルゥの父親。

エルフの男性らしく、美貌と若々しさを兼ね備えている。

人間で言えば初老といってもおかしくはない歳だが、エルフではまだまだひよっこもいいところ。

外見も21歳の貴大とそう変わりはなく、娘であるエルゥと比べても同年代に見える。

そうは見えてもきちんと一児の父であり、娘の結婚については誰よりも心配している。

貴大を最初で最後のチャンスだと思って、最大限のアピールをすることとなった。



○アルゥ・ミル・ウルル(51歳)

エルゥの母親。

エルフの女性らしく、美貌と若々しさを兼ね備えている。

51歳という歳ではあるが、エルフの中では『少女』に分類されており、エルゥが大きくなっても『幼な妻』、『若奥様』の域を出ない。

300歳、400歳のママさんがいる里では、アルゥなどまだまだ駆け出しママなわけである。

そうは言っても、娘の結婚のことがまず気になるアルゥは、夫と結託して貴大を洗脳――もとい、教育――もとい、布教――もとい……。

とにかく、エルゥの魅力をアピールすることになった。



○クルルゥ・ミル・マール(28歳)

エルゥにくっついて王都に出ていた女エルフ。

都会も飽きたし、好きな幼馴染もいたので、エルゥを残してさっさと森へと帰ってきていた。

総じて大人しいエルフには珍しく、明るく元気で活動的。心身ともにボーイッシュな女性であり、子どもが生まれてからも、子どもを背負って毎日狩りに出かけている。

エルゥの親友であり、エルゥの魔の手を笑って跳ね除け続けた稀有な人物でもある。



○長老(539歳)

ハイエルフに分類される、長く生きた老エルフ。

500歳を超えればハイエルフ。1000歳を超えればエルダーエルフと呼ばれる。

ハイエルフの名に恥じず、叡智に富み、森のすべてを知っていると讃えられるが――突然変異種であるエルゥについては、完全に彼の理解の範疇を超えていた。

彼女がおぞましいスキルを開発するたびに、長老はビクビク震え、そこかしこで失禁していたとか。

王立図書館に「うちの里に天才がいるよ! 1000年に一度の大天才だよ!!」と教えたのは、何を隠そう長老である。



●【バイオ・グローイング】

エルゥが開発したスキルその1。

魔物の体内に植物の種を打ち込み、それを急速に発育させ、体の内側から魔物の骨肉を突き破る魔法。

できたその日に禁呪指定を受けた。



●【ソイレイト】

エルゥが開発したスキルその2。

食肉植物を操り、魔物を丸ごと呑み込む魔法。得物を仕留めた食肉植物を畑に植え替えれば、豊富な養分を土地に供給してくれる。ただ、不思議と野菜や果物がどどめ色になってしまう。

できたその日に禁呪指定を受けた。



●【テリブル・ウッド】

エルゥが開発したスキルその3。

エルゥがエルフらしいスキルだと自画自賛する魔法。大木を操り、森を荒らす者たちを退治する。

ただ、怒り狂ったように蠢く大樹は、敵を絶命させても止まらない。血と肉が一片残さず粉々になり、魔素の粒子まで分解されたところで、ようやく大樹は動きを留める。

できたその日に禁呪指定を受けた。



○上記のスキルを見ていたエルフの子どもたち

ママ「悪いことするとエルゥが来るよ!」

子ども「ごめんなさい! ごめんなさい!! いい子にするから! 真面目になるから! だからボクを守って、ママァ!!」

ナマハゲ扱いなエルゥであった。
挿絵(By みてみん)


これにてエルゥ編は一件落着。貴大は無事、生き延びることができました。

さて、次章はカオ……カオリ? カオルーンだったかな……ともかく、感想欄でやたら名前が間違えられるあのヒロイン編です。

お楽しみに!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ