挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

フランソワ編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

255/310

フランソワ編登場人物

フランソワ編 主要登場人物紹介


○佐山貴大(21歳)

 お嬢様に恋慕されたり、犯罪集団に命を狙われたり、望む安寧とはほど遠い生活を送っている主人公。

 黒騎士に扮して、見かけた犯罪を摘発してはいるものの、『見える範囲で!』ということは徹底している。

 街全体の治安は、個人が解決するような問題ではなく、また、してはならないと考えている貴大は、大人といえば大人であった。



○フランソワ=ド=フェルディナン(17歳)

 言わずと知れた大貴族のお嬢様。金色のバラとも讃えられ、数多くの男性から求婚を受けている少女は、しかし、心に決めた人がいた。

 不思議な青年、佐山貴大。他の人とは違う何かを彼から感じ取り、それに気にしているうちに、すっかりぞっこんとなったお嬢様は、他のヒロインに先んじて、彼に思いのたけを打ち明けていた。

 そのように、ヒロインらしい行動をしていたにも関わらず、本章ではなんと、別の男性に惹かれてしまう! すわ、ヒロイン脱落か!? と、思われたが、何のことはなく、黒騎士の正体は想い人でしたとさ。ちゃんちゃん。

 なお、黒騎士の正体を知っているのは、自分一人だけだと勘違いしている模様。相変わらずのフランソワであった。



○マチス(28歳)

 グランフェリア下級区、スラム街に潜む犯罪組織、『アンダー・ザ・ローズ』の現頭目。

 見た目は細身の青年で、身なりを整えれば、一般市民のようになる。しかし、へらへらと笑う顔、どんよりとした瞳は、明らかに常人のそれではなく、見る者に異様な感覚を覚えさせる。

 レベルやジョブが飛び抜けて高いわけではない。なのに、アンダーグラウンドの一つの頂点に位置しているのは、予言めいた直観力と、引き際の良さによるもの。

 危機的な状況からもへらへら笑って生還する彼に、『アンダー・ザ・ローズ』の構成員たちは、敬意よりも恐怖を抱いている。



○セバス・S・サーバス(62歳)

 古くからフェルディナン家に仕えている老執事。

 フランソワはおろか、オデュロンのおしめすら取り換えたことのある、長いキャリアを持つ人物。

 魔法剣士〈マジック・フェンサー〉であり、彼のレイピアさばきは、並の騎士では視認することすら不可能だとか。

 夢はフランソワの子どものおしめを取り換えること。気が早い話である。



○オデュロン=ド=フェルディナン(38歳)

(聞こえ……ますか……聞こえますか……読者のみなさん……オデュロンです……フェルディナン家の……現当主です……今、貴方の脳内に……直接、話しかけています……)

 というコミュニケーションではなく、仕事の時など、しゃべる時はちゃんとしゃべるようだ。

 しかし、基本的に無口なのは事実である。
『アンダー・ザ・ローズ』のマチスさんは、今後もちょっかいをかけてきそうな予感!

ですが、しばらくは影も形もないと思います。

次回のヒロイン編は、駄エルフことエルゥがメインを務めます。

お楽しみに! ……お楽しみに?
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ