挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

プロローグ(第三部)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

240/300

プロローグ(第三部)登場人物

プロローグ(第三部) 主要登場人物紹介


○佐山貴大(21歳)

 ひょんなことから記憶をなくしていた主人公。まるで一切の穢れもなくしてしまったかのように、純真無垢な青年へと大変身していた。

 髪も切って、ひげもそって、身なりもちゃんと整えて……爽やかなイケメンになったはずなのだが、いつもの貴大に慣れてしまっているヒロインたちからは、「何だか胡散臭い」と不評だった。

 ちなみに、記憶喪失中の出来事は全て覚えている。わんこに唆されたことも、ヒロインたちをちゃん付けで呼んだことも、そして、尻からセロリを生やしたことも……!



○ユミエル(15歳)

 ヒロイン・ザ・ヒロイン。正妻力は誰よりも高く、並のヒロインではまるで歯が立たない。

 貴大の記憶喪失に責任を感じ、八日目にしてとうとう動き出したのだが、なぜか思い出の権化と化してしまった。無表情な顔で、「……ご主人さま。貴方のユミエルですにゃん」と迫る、よく分からない物体は、貴大に大いなるトラウマを植え付けた。

 しかし、禍福はあざなえる縄のごとしという故事の通り、ユミエルの行動がショック療法となり、貴大は見事、記憶を取り戻すことができた。



○ヒロインズ

 好機っ! ここぞとばかりに迫り来る最強女子軍団。

 関係を持ってしまえば、さしもの貴大もゲームオーバーだった。


○ルートゥー

 セロリが……! セロリがびょんびょんと……!


○ゴルディ

 レモンは嫌いです。

さて、ここから第三部に突入するわけですが……。

明日からアルファポリスのファンタジー大賞が始まるので、ちょっとそちらに参加してみますね!

『今日もどこかの街角で』は、舞台設定が急過ぎるという指摘がありましたので、主人公の学生時代を描いた物語でエントリーしてみようと思います。

主人公最強(?)ものの、王道といえば王道の現代学園ファンタジー、どうぞお楽しみください。

もちろん、フリーライフの更新もしますので、どちらもチェックしてみてくださいm(_ _)m

ではでは(・ω・)ノシ
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ